テクニシャン制度の導入で、薬剤師はもっと力を発揮できる!

 

欧米では、一般的に取り入れられている「テクニシャン制度」。
「調剤技師」とも呼ばれるテクニシャンが、薬剤師の周辺業務を一手に担うことで、薬剤師が本来の業務に集中できるというメリットがあります。

 

欧米 

 

日本ではまだ取り入れられていない制度ですが、その導入について積極的な議論が交わされています。
というのも、欧米に比べて、日本における薬剤師の社会的地位は低く、国家資格を有した専門職でありながら「医師からの処方箋に基づいて調剤を行い、患者に薬を渡す仕事」という、本来業務よりも軽んじた認識があることは否めません。

 

そのため、患者さんへの服薬指導や、医療業界への貢献など、本来業務により集中できるように、テクニシャンや調剤技師を配置することの必要性が高まっています。

 

テクニシャン制度とは、どのような制度なのでしょうか。
また、日本にテクニシャン制度を取り入れると、どのような変化が起きるのでしょうか。
薬剤師業界のみならず、医療業界全体への影響なども交えて解説していきます。

 

 

テクニシャンの業務

 

テクニシャンとは、薬局や病院内で薬剤師による処方の補助業務を専門に行うスタッフのことです。
日本語で「調剤技師」とも訳されるテクニシャンは、薬剤師の下で働くことが前提であるため、テクニシャンが薬を処方するということはありません。
あくまでも薬剤師の「補助業務」を行うスタッフです。
では、その補助業務とは、どのような内容なのでしょうか。

 

具体的な例としては、薬剤師の指示に従って処方薬を計量したり、パッケージに詰めたりといった作業や、処方薬の在庫管理、患者さんからの支払い管理やデータ入力などの業務、電話応対といったことがテクニシャンの業務になります。
現状では、これらの仕事を薬剤師がすべて行っていますが、テクニシャン制度を導入することで、薬剤師の負担が減り、本来の業務に集中できるというメリットがあります。

 

テクニシャンの業務は、薬剤師の指示をもとに行うことが多くなりますが、その内容理解についていけるだけの専門知識は必要となるため、日本でテクニシャン制度が導入されるとしても、テクニシャンにも何らかの資格が必要になるでしょう。
しかし、薬剤師の周辺業務を専門に引き受けてくれる存在がいるということは、薬剤師にとっても心のゆとりができ、人材不足と言われる大手薬局チェーンなどでは、余裕をもった仕事ができるようになるでしょう。

 

 

 

テクニシャンは薬剤師の仕事を奪う?

 

テクニシャン制度の導入を議論した際に、薬剤師が余剰供給になっていまい、仕事がなくなるのではないかと懸念されますが、そのようなことはありえないでしょう。

 

テクニシャンは、あくまでも薬剤師の下で業務を行う存在であり、薬剤師の業務を奪う存在ではありません。

 

テクニシャンは、現在薬剤師の抱える大半の業務である周辺業務を担うことで、薬剤師を本来業務へ集中しやすくする存在だからです。
薬剤師の本来業務とは、機械でも行える調剤や分包などではなく、患者さんへの丁寧な服薬指導や、様々な経験や結果から、医療の質を上げる提案など薬剤師だからこそできる業務であるはずです。

 

実際に、人材不足の解消や合理化を進めるために、機械による自動調剤や自動分包は行われており、薬剤師がすべての業務を行うことが不可能であることを物語っています。

 

 

薬剤師 多忙 

 

 

しかし、本来薬剤師に求められる業務よりも、周辺業務の忙しさに時間や労力を費やしてしまっているのが現状です。
こうしたバランスを、適切な方向へと導くのが、テクニシャン制度の役割と言えるでしょう。

 

最も大切なことは、薬剤治療が進歩し、人々の健康に貢献することではないでしょうか。
そのためには、薬剤師の負荷を軽減し、本来業務へと集中できる環境を整えることは不可欠でしょう。

 

テクニシャン制度は、それを実現できる可能性を大いに秘めています。
業務内容や立場にとらわれず、薬剤師の在り方を見つけてみることが必要と言えるでしょう。

 

 

薬剤師転職サイトランキング バナー 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

病院薬剤師
医薬品の管理や事故防止、院内感染対策などを行うほか、医師へのサポートとして、薬物療法に関するアドバイスを行うこともあります。
調剤薬局への転職
調剤薬局の薬剤師は身近な医療相談家として患者さんから生の情報を聞き出すことで、医師とタッグを組んで最善の治療を行う重要な役割を担っています。
製薬会社の仕事
製薬会社には「医薬品を研究開発し申請し承認を得て製造販売し適正使用に役立つ情報を医薬関係者に提供する」という流れにそったさまざまな仕事があります。
MR 医薬情報担当者
MRは、自社の取り扱う医薬品を医師や薬剤師などの医療従事者に選んでもらうことで、企業の売上に貢献する営業職であるだけでなく、医薬品の情報提供を通じて患者さんの健康に貢献することもできます。
MRは高収入?
高年収のイメージがある製薬業界ですが、その中でも一番高いお給料を得られるのがMRです。 その年収は、30歳独身で500万円以上と言われており、全業界においてもトップクラスの高給となっています。
小児薬物療法認定薬剤師
小児医療を安全に確実に提供するために小児科医をサポートし、子供達やお母さん達が安心して薬を飲めるようアドバイザーとしても活躍する、小児薬物療法認定薬剤師のお仕事を紹介します。
管理薬剤師
管理薬剤師が必要とされる場所は一言で言うと、薬に関わる全での場所です。医薬品の取扱いや製造・販売を行う場所には、必ず1人管理薬剤師を置かなくてはならない、と薬事法で決められているからです。
新薬を開発する仕事
自分が開発した医薬品を世の中に送り出せ、その薬でたくさんの人を救うことができる。これが臨床開発職で働く人のやりがいとなっています。
臨床薬剤師
臨床薬剤師は、医療現場や患者さんと深くかかわりながら、薬剤治療をリードしていく存在です。医師から委任を受けて処方箋を作成することもあり、医療チームになくてはならない存在となっています。
学校薬剤師とは?
あなたは学校薬剤師というのをご存じですか?薬剤師の活躍できる職場は病院やドラッグストア、製薬会社だけではないのです。
在宅起業・フリーランス
薬剤師の資格を使用し、他の職業ではなかなかできない形の在宅起業、在宅ワークが可能です。
空港薬剤師とは?
薬剤師の職場は、薬局や病院に限りません。実は空港も、薬剤師の職場だということをご存じですか?そんなことは知らなかったという方にも、以前から興味があったという方にも、知っておいて損はない、薬剤師が空港で活躍できる情報をお届けします。
アメリカで薬剤師ワーク
薬剤師の地位は、日本よりも海外のほうが高く評価されています。日本と欧米諸国では、薬剤師事情が異なりますが、今回はアメリカを例にご紹介していきます。
化粧品メーカー
最近は女性はもちろん、男性の薬剤師にも最近特に人気の転職先が化粧品メーカーでのお仕事です。しかし果たして薬剤師の知識やスキルは化粧品というものに活かすことができるのか、解説していきます。
サプリメントと薬剤師
サプリメントを購入するときにお客様は疑問に答えてくれる存在を探します。薬剤師として医薬品と健康食品の両方のアドバイザーとなったあなたの存在はとても貴重な人材です。
漢方薬・生薬認定薬剤師
漢方薬・生薬認定薬剤師の研修では、中医学や漢方薬の勉強はもちろんのこと、生薬に関するケミカルな話から世界の薬物療法変遷の歴史、サプリメントやハーブに関することまで幅広く勉強していきます。