疾患でなく人を見る!広い視野を持つ漢方薬・生薬認定薬剤師

漢方薬剤師 生薬認定薬剤師

薬剤師として働く人の中には、西洋医学には強いのだけど中医学はなんとなくよくわからないという人が、実は多いのではないでしょうか?

 

それはきっと、中医学が長い年月をかけて経験的に培われた知識を元に構築された学問で、処方される漢方薬にも特有の理論や概念があるからだと思います。

 

 

しかし、経験則からの理論・概念が伝承される一方で、現在では生薬に関する研究も進み、中医学と西洋医学は少しずつ融合し進化を遂げようとしています。

 

風邪、内臓疾患から癌まで、今では様々な病気に西洋薬と漢方薬を併用して治療するようになりました。

 

漢方薬

これからの医療には、西洋医学のみでなく、中医学も必要不可欠です。
また、中医学を学ぶことは疾患だけではなく「人」全体を学ぶことです。

 

 

中医学や漢方薬を学ぶことで、いっそう幅広い知識で、視野で、患者さんに関わることができるようになるはずです。

 

 

漢方薬に強い薬剤師になるには?

 

漢方薬を取り扱う病院や薬局で勉強するのもいいのですが、もっと早く簡単に漢方薬の専門家になる方法があります。

 

それは、公益財団日本薬剤師研修センターと日本生薬学会によって認定される、「漢方薬・生薬認定薬剤師」になること。

 

漢方薬・生薬認定薬剤師の研修では、中医学や漢方薬の勉強はもちろんのこと、生薬に関するケミカルな話から世界の薬物療法変遷の歴史、サプリメントやハーブに関することまで幅広く勉強していきます。

 

中医学の考え方の基本となる八綱弁証(陰/陽・虚/実・表/裏・寒/熱などの8つの証)についても勉強することで、病気をただの疾患としてではなく患者の体全体として捕らえることもできるようになります。

 

例えば「熱があるから解熱剤」と言うような安易な考え方ではなく、熱の根本的な原因は何か、それに対してどのようにアプローチしていくかという総合的な考え方も身につきます。

 

漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を得ることは、ただ単に漢方薬に強い薬剤師になることではなく、患者や病気を総合的に見て、根拠を持ったアドバイスができる薬剤師になれるということなのです。

 

例えば病院の院内薬局で、例えば調剤薬局で、OTCやサプリメントを扱うドラッグストアでも、その幅広い知識を元に自信を持って服薬指導ができるようになることでしょう。

 

>漢方薬・生薬認定薬剤師の求人に強い転職サイト<

 

 

「漢方薬・生薬認定薬剤師」になるには

 

日本薬剤師研修センターと日本生薬学会が実施する「漢方薬・生薬研修会」を受講し、その後課される試験に合格する必要があります。

 

「漢方薬・生薬研修会」自体は、9回(全45コマ、1コマ70分講義)の講義研修会と、1回の薬用植物園実習により成り立っています。
講義研修は座学研修の他にビデオ集合研修やインターネット研修もあり、それぞれの日程や会場は生薬学会日本薬剤師研修センターのホームページで確認することができます。

 

薬用植物園実習は全国各地約50ヶ所の薬用植物園で受けることができ、その開催施設や開催時期も同様にホームページで確認できます。

 

これらの「漢方薬・生薬研修会」を受講後、試験に合格し晴れて「漢方薬・生薬認定薬剤師」として認定されるのです。

 

また、認定後は3年ごとに更新があり、所定の研修の中から30単位を所得し更新手続きを行う必要があります。

 

 

漢方薬・生薬研修会って、どんなことを学ぶの?

 

それでは、その一部をご紹介しましょう。

八綱弁証 中医学

 

・生薬学、薬用植物学
・漢方の理論
・生薬の化学成分:アルカロイドや配糖体など
・漢方薬の薬局製剤
・疾患と漢方処方
・植物ゲノムとバイオテクノロジー
・世界の薬用植物と治療薬の開発
・漢方薬とセルフメディケーション

 

などなど。

 

このように、漢方薬での治療の基礎になる中医学の理論や生薬自体の勉強から、疾患ごとの処方薬について、薬局製剤について、またセルフメディケーションになんと現代の先端技術であるゲノムやバイオテクノロジーまで幅広く研修を受けることができるのです。

 

普段働いているだけでは得られない知識がたくさん詰まった研修会になっています。
漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を取るという目的以外にも、自信のスキルアップに大きく役立つはずです。

 

 

漢方薬・生薬認定薬剤師になって働こう!

 

平成12年から開始されたこの認定制度ですが、平成26年現在すでに2791名の漢方薬・生薬認定薬剤師が誕生しています。

 

普段の服薬指導の場でも、漢方薬や疾患に関するアドバイスはもちろんのこと、併用しているサプリメントは、体調改善のためのハーブは、患者の体質ごとのアドバイスなど、薬剤師として貢献できることは大きく広がります。

 

漢方薬・生薬認定薬剤師の活躍する場は様々です。病院、調剤薬局、ドラッグストアを始め、漢方薬を取り扱う卸や製薬メーカー、バイオテクノロジーを研究する研究所などでも。

 

その資格を生かして、ぜひ医療に貢献しましょう!

 

漢方薬・生薬認定薬剤師の求人に強い転職サイトへGO!

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

病院薬剤師
医薬品の管理や事故防止、院内感染対策などを行うほか、医師へのサポートとして、薬物療法に関するアドバイスを行うこともあります。
調剤薬局への転職
調剤薬局の薬剤師は身近な医療相談家として患者さんから生の情報を聞き出すことで、医師とタッグを組んで最善の治療を行う重要な役割を担っています。
製薬会社の仕事
製薬会社には「医薬品を研究開発し申請し承認を得て製造販売し適正使用に役立つ情報を医薬関係者に提供する」という流れにそったさまざまな仕事があります。
MR 医薬情報担当者
MRは、自社の取り扱う医薬品を医師や薬剤師などの医療従事者に選んでもらうことで、企業の売上に貢献する営業職であるだけでなく、医薬品の情報提供を通じて患者さんの健康に貢献することもできます。
MRは高収入?
高年収のイメージがある製薬業界ですが、その中でも一番高いお給料を得られるのがMRです。 その年収は、30歳独身で500万円以上と言われており、全業界においてもトップクラスの高給となっています。
小児薬物療法認定薬剤師
小児医療を安全に確実に提供するために小児科医をサポートし、子供達やお母さん達が安心して薬を飲めるようアドバイザーとしても活躍する、小児薬物療法認定薬剤師のお仕事を紹介します。
管理薬剤師
管理薬剤師が必要とされる場所は一言で言うと、薬に関わる全での場所です。医薬品の取扱いや製造・販売を行う場所には、必ず1人管理薬剤師を置かなくてはならない、と薬事法で決められているからです。
新薬を開発する仕事
自分が開発した医薬品を世の中に送り出せ、その薬でたくさんの人を救うことができる。これが臨床開発職で働く人のやりがいとなっています。
臨床薬剤師
臨床薬剤師は、医療現場や患者さんと深くかかわりながら、薬剤治療をリードしていく存在です。医師から委任を受けて処方箋を作成することもあり、医療チームになくてはならない存在となっています。
学校薬剤師とは?
あなたは学校薬剤師というのをご存じですか?薬剤師の活躍できる職場は病院やドラッグストア、製薬会社だけではないのです。
在宅起業・フリーランス
薬剤師の資格を使用し、他の職業ではなかなかできない形の在宅起業、在宅ワークが可能です。
空港薬剤師とは?
薬剤師の職場は、薬局や病院に限りません。実は空港も、薬剤師の職場だということをご存じですか?そんなことは知らなかったという方にも、以前から興味があったという方にも、知っておいて損はない、薬剤師が空港で活躍できる情報をお届けします。
アメリカで薬剤師ワーク
薬剤師の地位は、日本よりも海外のほうが高く評価されています。日本と欧米諸国では、薬剤師事情が異なりますが、今回はアメリカを例にご紹介していきます。
テクニシャン制度
「調剤技師」とも呼ばれるテクニシャンが、薬剤師の周辺業務を一手に担うことで、薬剤師が本来の業務に集中できるというメリットがあります。
化粧品メーカー
最近は女性はもちろん、男性の薬剤師にも最近特に人気の転職先が化粧品メーカーでのお仕事です。しかし果たして薬剤師の知識やスキルは化粧品というものに活かすことができるのか、解説していきます。
サプリメントと薬剤師
サプリメントを購入するときにお客様は疑問に答えてくれる存在を探します。薬剤師として医薬品と健康食品の両方のアドバイザーとなったあなたの存在はとても貴重な人材です。