専門知識や語学力も活かせる!空港薬剤師という仕事の魅力!

薬剤師の職場は、薬局や病院に限りません。
実は空港も、薬剤師の職場だということをご存じですか?
「知らなかった!」という方にも、以前から興味があったという方にも、知っておいて損はない、薬剤師が空港で活躍できる情報をお届けします。

 

空港における薬剤師の職場は、主にドラッグストアや調剤薬局になります。
すべての空港に薬剤師がいるわけではありませんが、空港にクリニックが開設されている場合には調剤薬局も併設されており、薬剤師が必要となります。

 

また、ドラッグストアはいろんな空港で見かけると思いますが、症状やお悩みに対して的確なアドバイスや情報を提供できる薬剤師の存在は、これから旅行や出張に出かける人にとって大きいと言えるでしょう。

 

ただ、その営業時間からもわかるように、空港勤務の場合、通常のドラッグストアや調剤薬局に比べて、勤務時間が不規則になりがちだということをあらかじめ理解しておきましょう。

 

空港薬剤師 

 

こうした職務だけでなく、薬剤師には他にも活躍できる場があります。
それは、検疫や入国管理官における検査業務です。
空港には、食べ物の持ち込みなど様々な制限があり、抜き打ち検査などが行われます。

 

 

麻薬や覚せい剤、毒薬などに関しては特に厳しく取り締まっており、疑わしい場合には、空港内で検査やテストが行われますが、その際に役立つのが、薬剤師の持つ専門知識です。
空港は、専門知識を活かして正義の役に立ちたい薬剤師の方にも、おすすめの職場といえるのではないでしょうか。

 

クリックしてください 空港薬剤師求人も探せる薬剤師転職サイト

 

空港薬剤師に必須のスキル

空港において、薬剤師のニーズはますます高まっていますが、薬剤師の資格のほかに、必ず持ちあわせておかなければならないものがあります。
それは、「語学力」です。

 

日本人のみならず、多くの外国人が利用する空港で働くには、語学力が必須となります。
外国の方が、慣れない日本の地で、慣れない薬を飲むことには不安を覚えるでしょう。
そんな不安を取り除き、症状を正確にヒアリングした上で、適切な薬やアドバイスを提供できるコミュニケーション力が必要です。

 

外国人 コミュニケーション 薬剤師 

 

外国の方とスムーズなコミュニケーションをとることは、最初は難しく感じるかもしれませんが、体調不良で困惑した外国の方から感謝されることも多く、やりがいを感じられるでしょう。

 

特に、国際線が発着する大きな空港では、英語のみならず、中国語や韓国語のニーズも高まっているので、話せるととても役立つでしょう。

 

また、空港には、赤ちゃんから高齢者までいろんな年齢層の方がおり、急に体調を崩して相談に訪れることも少なくありません。
その際に、臨機応変な対応ができることも大切です。
そこで、医師だけでなく薬剤師の力が必要となるわけです。

 

一人の薬剤師に対して大きな責任がかかるともいえるので、薬剤師としてある程度の経験を積んでいる人が望ましいといえるでしょう。

 

 

空港薬剤師の求人の見つけ方

空港でも活躍の場がある薬剤師ですが、どのように求人を見つけたらいいのでしょうか?
実は、空港の数や空港で働く薬剤師の人数は限られているため、求人の数自体が少ないのが現状です。
一度就業すると、離職率が低い仕事でもあり、求人が出ても人気のため高倍率をくぐり抜けなければなりません。

 

そんな時に役立つのが、薬剤師に特化した転職サイトです。
薬剤師転職サイトに登録し、空港で働きたい意志を伝えておけば、求人が発生した際に連絡がもらえるので、貴重なチャンスを取りこぼすことがありません。
さらに貴重なチャンスを取りこぼさないためにおすすめなのが、転職サイトの複数登録です。
貴重な求人はどの転職サイトも求人を欲しがっている薬剤師にお伝えしたいのですが、1社だけの登録だとご自身が後回しにされてしまう可能性も
あります。
そこで複数の転職サイトに登録しておくことで、後回しにされるリスクを減らして求人を獲得できるチャンスが増えることになります。

 

「どうしても空港で働きたいの!」という薬剤師さんへのおすすめは3社以上の登録をおすすめします!
クリックしてください 空港薬剤師求人も探せる薬剤師転職サイト

 

薬剤師アシスタント トシ君

 

 

専任のコンサルタントが、あなたの薬剤師としての強みを洗い出してくれたり、条件交渉を行ってくれたりと、様々なサポートを受けられるので、高倍率でも有利に転職活動を進めることができるでしょう。
薬剤師転職サイトを上手に活用して、空港で活躍するという夢を実現させてみませんか。


 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

病院薬剤師
医薬品の管理や事故防止、院内感染対策などを行うほか、医師へのサポートとして、薬物療法に関するアドバイスを行うこともあります。
調剤薬局への転職
調剤薬局の薬剤師は身近な医療相談家として患者さんから生の情報を聞き出すことで、医師とタッグを組んで最善の治療を行う重要な役割を担っています。
製薬会社の仕事
製薬会社には「医薬品を研究開発し申請し承認を得て製造販売し適正使用に役立つ情報を医薬関係者に提供する」という流れにそったさまざまな仕事があります。
MR 医薬情報担当者
MRは、自社の取り扱う医薬品を医師や薬剤師などの医療従事者に選んでもらうことで、企業の売上に貢献する営業職であるだけでなく、医薬品の情報提供を通じて患者さんの健康に貢献することもできます。
MRは高収入?
高年収のイメージがある製薬業界ですが、その中でも一番高いお給料を得られるのがMRです。 その年収は、30歳独身で500万円以上と言われており、全業界においてもトップクラスの高給となっています。
小児薬物療法認定薬剤師
小児医療を安全に確実に提供するために小児科医をサポートし、子供達やお母さん達が安心して薬を飲めるようアドバイザーとしても活躍する、小児薬物療法認定薬剤師のお仕事を紹介します。
管理薬剤師
管理薬剤師が必要とされる場所は一言で言うと、薬に関わる全での場所です。医薬品の取扱いや製造・販売を行う場所には、必ず1人管理薬剤師を置かなくてはならない、と薬事法で決められているからです。
新薬を開発する仕事
自分が開発した医薬品を世の中に送り出せ、その薬でたくさんの人を救うことができる。これが臨床開発職で働く人のやりがいとなっています。
臨床薬剤師
臨床薬剤師は、医療現場や患者さんと深くかかわりながら、薬剤治療をリードしていく存在です。医師から委任を受けて処方箋を作成することもあり、医療チームになくてはならない存在となっています。
学校薬剤師とは?
あなたは学校薬剤師というのをご存じですか?薬剤師の活躍できる職場は病院やドラッグストア、製薬会社だけではないのです。
在宅起業・フリーランス
薬剤師の資格を使用し、他の職業ではなかなかできない形の在宅起業、在宅ワークが可能です。
アメリカで薬剤師ワーク
薬剤師の地位は、日本よりも海外のほうが高く評価されています。日本と欧米諸国では、薬剤師事情が異なりますが、今回はアメリカを例にご紹介していきます。
テクニシャン制度
「調剤技師」とも呼ばれるテクニシャンが、薬剤師の周辺業務を一手に担うことで、薬剤師が本来の業務に集中できるというメリットがあります。
化粧品メーカー
最近は女性はもちろん、男性の薬剤師にも最近特に人気の転職先が化粧品メーカーでのお仕事です。しかし果たして薬剤師の知識やスキルは化粧品というものに活かすことができるのか、解説していきます。
サプリメントと薬剤師
サプリメントを購入するときにお客様は疑問に答えてくれる存在を探します。薬剤師として医薬品と健康食品の両方のアドバイザーとなったあなたの存在はとても貴重な人材です。
漢方薬・生薬認定薬剤師
漢方薬・生薬認定薬剤師の研修では、中医学や漢方薬の勉強はもちろんのこと、生薬に関するケミカルな話から世界の薬物療法変遷の歴史、サプリメントやハーブに関することまで幅広く勉強していきます。