海外で働くために、知っておきたい薬剤師事情と必要なこと

薬剤師として、キャリアアップやさらなるやりがいを目指して、海外で働きたいと考える人も多いのではないでしょうか。
薬剤師の地位は、日本よりも海外のほうが高く評価されています。
なぜ、このような違いがあるのでしょうか。また、海外ではどのような経験が積めるのでしょうか。
将来、海外で働きたいと考えている薬剤師の方に向けて、日本と海外の薬剤師事情の違いや、どうすれば海外で薬剤師として働くことができるのかについて、お話したいと思います。
日本と欧米諸国では、薬剤師事情が異なりますが、今回はアメリカを例にご紹介していきます。

 

薬剤師 アメリカで働く 

 

アメリカでの薬剤師の位置付け

まず、アメリカでは、薬剤師は「最も信頼される職業」という位置づけです。
社会的地位が高いだけでなく、彼らの平均年収は1000万円を超えており、名実ともに重要な職業だと言えるでしょう。
一方で、日本では、薬剤師が国家試験をパスした専門職であるという認識はあるものの、「薬を調剤して服薬指導を行う職業」というイメージが一番強いでしょう。

 

アメリカの保険事情

では、なぜこのような違いが起きるのでしょうか。
それには、いくつかの理由がありますが、最も大きな違いは医療制度です。
日本では、全国民が医療保険に加入することが定められていますが、アメリカは任意加入であり、保険に加入していない場合、全額自己負担で治療を受けなければなりません。

 

また、保険に加入していたとしても、日本よりも医療費が高額であることが一般的です。
高額な医療現場では、より高度な技術が求められることになり、必然的に薬剤師の立場や給与も上がると言われています。
また、国民皆保険制度のない環境では、「できれば病院のお世話になりたくない」というのが本音でしょう。

 

アメリカでの薬剤師の地位と報酬

そのため、アメリカでは国民のセルフメディケーション意識も高くなり、ドラッグストアの薬剤師を頼る場面がたくさんあります。
こうした現状に対応するため、アメリカのファーマシースクールでは、即戦力を養う学習カリキュラムとなっており、大学在学中から、病院や薬局など第一線で働く薬剤師から直接学ぶことができます。
実地研修を通して、薬剤師という仕事を肌で身体で感じていくことで、大学を卒業後、薬剤師資格試験に合格すれば、すぐに薬剤師として活躍できる力を身に付けることを目的としており、履修科目の約半数が臨床薬学となっています。
また、社会的に頼られる存在であるということを自覚しているからこそ、専門性やコミュニケーション力を高めようと努力もします。
こうしたことが相乗効果となって、薬剤師の地位やレベルも上がり、それが報酬に反映されていると言えるでしょう。

 

 

このように、日本とアメリカでは薬剤師事情が大きく異なりますが、海外で薬剤師の経験を積むことは、とても貴重な経験です。
日本よりも、より専門的なことが学べる環境になるので、あなたの成長にもつながるでしょう。

 

 

 

では、海外で薬剤師として働くには、どのようなことが必要なのでしょうか。

 

 

 

アメリカ 薬剤師 香里 

 

essential-1

ひとつは、働きたい国での薬剤師の資格です。
ほとんどの場合は、新たに薬剤師資格を取得する必要があり、現地大学で学び、卒業後に薬剤師資格を取得するのが一般的です。

 

essential-2

もうひとつ欠かせないのは、語学力です。
基本的には英語になるでしょうが、実務に対応できる語学力は不可欠で、十分なコミュニケーションをはかるために、現地の方言や医薬品名などもわかるようになっておくのが望ましいでしょう。
また、海外で働くには、労働ビザも必要です。

 

 

 

 

このように、海外で薬剤師として働くには、時間や努力、煩雑な手続きなどが必要ですが、アメリカなど海外で働くことで、より先進的でプロフェッショナルな経験を積めることは大きな財産になります。
また、その経験を日本にも伝えることができます。

 

あなたが海外で薬剤師として働くことが、日本の薬剤師業界のさらなる向上に繋がると言っても過言ではないかもしれません。
超えなければならないハードルは多いですが、志高く薬剤師の仕事に取り組んで行くのであれば、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

今まで紹介した他に、もっと手軽に国内外問わず自由に働く方法もあります。
その働き方の詳細はこちらのページで紹介していますよ。
フリーランス薬剤師

 

 

 

 

薬剤師転職サイトランキング バナー 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

病院薬剤師
医薬品の管理や事故防止、院内感染対策などを行うほか、医師へのサポートとして、薬物療法に関するアドバイスを行うこともあります。
調剤薬局への転職
調剤薬局の薬剤師は身近な医療相談家として患者さんから生の情報を聞き出すことで、医師とタッグを組んで最善の治療を行う重要な役割を担っています。
製薬会社の仕事
製薬会社には「医薬品を研究開発し申請し承認を得て製造販売し適正使用に役立つ情報を医薬関係者に提供する」という流れにそったさまざまな仕事があります。
MR 医薬情報担当者
MRは、自社の取り扱う医薬品を医師や薬剤師などの医療従事者に選んでもらうことで、企業の売上に貢献する営業職であるだけでなく、医薬品の情報提供を通じて患者さんの健康に貢献することもできます。
MRは高収入?
高年収のイメージがある製薬業界ですが、その中でも一番高いお給料を得られるのがMRです。 その年収は、30歳独身で500万円以上と言われており、全業界においてもトップクラスの高給となっています。
小児薬物療法認定薬剤師
小児医療を安全に確実に提供するために小児科医をサポートし、子供達やお母さん達が安心して薬を飲めるようアドバイザーとしても活躍する、小児薬物療法認定薬剤師のお仕事を紹介します。
管理薬剤師
管理薬剤師が必要とされる場所は一言で言うと、薬に関わる全での場所です。医薬品の取扱いや製造・販売を行う場所には、必ず1人管理薬剤師を置かなくてはならない、と薬事法で決められているからです。
新薬を開発する仕事
自分が開発した医薬品を世の中に送り出せ、その薬でたくさんの人を救うことができる。これが臨床開発職で働く人のやりがいとなっています。
臨床薬剤師
臨床薬剤師は、医療現場や患者さんと深くかかわりながら、薬剤治療をリードしていく存在です。医師から委任を受けて処方箋を作成することもあり、医療チームになくてはならない存在となっています。
学校薬剤師とは?
あなたは学校薬剤師というのをご存じですか?薬剤師の活躍できる職場は病院やドラッグストア、製薬会社だけではないのです。
在宅起業・フリーランス
薬剤師の資格を使用し、他の職業ではなかなかできない形の在宅起業、在宅ワークが可能です。
空港薬剤師とは?
薬剤師の職場は、薬局や病院に限りません。実は空港も、薬剤師の職場だということをご存じですか?そんなことは知らなかったという方にも、以前から興味があったという方にも、知っておいて損はない、薬剤師が空港で活躍できる情報をお届けします。
テクニシャン制度
「調剤技師」とも呼ばれるテクニシャンが、薬剤師の周辺業務を一手に担うことで、薬剤師が本来の業務に集中できるというメリットがあります。
化粧品メーカー
最近は女性はもちろん、男性の薬剤師にも最近特に人気の転職先が化粧品メーカーでのお仕事です。しかし果たして薬剤師の知識やスキルは化粧品というものに活かすことができるのか、解説していきます。
サプリメントと薬剤師
サプリメントを購入するときにお客様は疑問に答えてくれる存在を探します。薬剤師として医薬品と健康食品の両方のアドバイザーとなったあなたの存在はとても貴重な人材です。
漢方薬・生薬認定薬剤師
漢方薬・生薬認定薬剤師の研修では、中医学や漢方薬の勉強はもちろんのこと、生薬に関するケミカルな話から世界の薬物療法変遷の歴史、サプリメントやハーブに関することまで幅広く勉強していきます。