何が目的で転職?調剤薬局で得られるやりがい

調剤薬局では、病院のように無菌製剤を行っている薬局はわずかですし、処方される医薬品にしか触れる機会がありません。
薬剤師としてキャリアアップしたいと考えて転職する職場としては、物足りなく感じる人も多いでしょう。
よっぽど接客が好きな人でなければ、まずは病院の求人を見て、条件の合うものがなければ、調剤薬局やドラッグストアへの転職を考えるという人のほうが多いのが現状です。
確かに病院でしか経験できない調剤、症例は多々あります。しかし、同様に調剤薬局でしか経験できない薬剤師としての仕事もあります。

病院

 

 

 

 

 

患者さんとの対話で判断する

直接患者さんとの会話の中から情報を引き出し、薬剤に関しての適切なアドバイスをしている病院での薬剤師の地位は、医師や看護師に比べるとまだまだ低いなか、病棟の患者さんの直接指導に行く薬剤師はまだまだ限られています。
それに、すべての患者さんに担当薬剤師がいるということはめったにありません。免疫抑制剤など、特殊な薬剤を服用している患者さんの様子をうかがうといった状況です。
また、病院に勤めていると、カルテで客観的データや医師の診察内容などを見ることができるので、それで患者さんのすべての情報を得たと思いがちです。
しかし、患者さんは数値や医師との会話には表れない情報も持っています。薬局で毎回会って表情を見ていれば、副作用の兆候と考えられるものが、医師には見逃されている可能性もあります。
薬剤師は身近な医療相談家として、患者さんの真意を聞き出し、それは次回医師にも相談すべき事項だといったことをアドバイスする、重要な役割を担っています。

 

 

市販薬を売るときに、病気の重症度を判断する

診療報酬の引き下げなど、薬局も門前のクリニックや総合病院など好立地にあれば調剤だけで十分な利益が出るとは言えなくなってきました。

薬

市販薬、特に薬剤師がいないと買えない第1類医薬品などを取り扱う薬局も増えています。

 

患者さんも痛み止めや風邪薬程度は市販薬を利用される方が多くいます。
頭痛持ちだからいつもの頭痛薬を、とか、寒気がするから早めに風邪薬を、とか本当に軽い症状で求められるものを売ればいい場合がほとんどです。
しかし中には、間違った自己判断で薬を買おうとしている場合があります。たとえば、細菌性の下痢の可能性が高く、むやみに下痢止めを使うと危険なのに、ただ下痢しているからという理由で下痢止めを買おうとしている場合などが挙げられます。
この場合は下痢止めを売るより、きちんと病院を受診して抗菌剤などを処方してもらうべきと諭すのも薬剤師の役割です。
欲しいものを売ってくれないと悪態をつかれても、ただの販売業でなく、医療従事者としてふるまう強さが必要です。

 

 

 

調剤薬局での薬剤師の調剤業務は、慣れれば素人でもできそうな単純作業が多く、病院からの転職を考えたときには院内製剤で鍛えた薬理学的知識が無駄になると思うかもしれません。
しかし、薬局の薬剤師が本領を発揮するのは、調剤を終えた後の患者さんとのコミュニケーションでいかに情報を引き出し、適切なアドバイスをして、患者さんの信用を得るかです。
病院とは別の能力を磨くステップアップ転職というのが正しい認識といえます。
病院に勤めている場合、今と同じ方向でさらにスキルアップしたいのか、それとも別方面の薬剤師としての能力を伸ばすことで、総合力をアップさせたいのかをよく考えて次の職場を選びましょう。

 

 

薬キャリ

薬キャリキャプチャ

他には、薬キャリというサイトです。
ここは、他サイトと比較すると女性や主婦に優しい転職サイトです。なぜなら「ママ薬剤師」向け求人の検索条件を採用しているからです。育休や産休を積極採用している職場にまとを絞れる検索も可能なんですよ!

 

 

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師キャプチャ

まず、マイナビ薬剤師というサイトもあります。
ここは、転職担当で親身に相談にのってくれるのが人気ポイントです。
転職したいけど、転職が初めての方や、どこが良いのか分からない方におすすめの転職エージェントです。

 

 

リクナビ薬剤師



求人・転職業界の最大手リクルートが手がける薬剤師専門の転職サイトで、実績・掲載数・満足度と、評価の高い内容です。
「リクナビ」という最大手の一般企業転職サイトも運営している大きい会社ですから、大手有名企業とのパイプの太さは業界No,1です。

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

病院薬剤師
医薬品の管理や事故防止、院内感染対策などを行うほか、医師へのサポートとして、薬物療法に関するアドバイスを行うこともあります。
製薬会社の仕事
製薬会社には「医薬品を研究開発し申請し承認を得て製造販売し適正使用に役立つ情報を医薬関係者に提供する」という流れにそったさまざまな仕事があります。
MR 医薬情報担当者
MRは、自社の取り扱う医薬品を医師や薬剤師などの医療従事者に選んでもらうことで、企業の売上に貢献する営業職であるだけでなく、医薬品の情報提供を通じて患者さんの健康に貢献することもできます。
MRは高収入?
高年収のイメージがある製薬業界ですが、その中でも一番高いお給料を得られるのがMRです。 その年収は、30歳独身で500万円以上と言われており、全業界においてもトップクラスの高給となっています。
小児薬物療法認定薬剤師
小児医療を安全に確実に提供するために小児科医をサポートし、子供達やお母さん達が安心して薬を飲めるようアドバイザーとしても活躍する、小児薬物療法認定薬剤師のお仕事を紹介します。
管理薬剤師
管理薬剤師が必要とされる場所は一言で言うと、薬に関わる全での場所です。医薬品の取扱いや製造・販売を行う場所には、必ず1人管理薬剤師を置かなくてはならない、と薬事法で決められているからです。
新薬を開発する仕事
自分が開発した医薬品を世の中に送り出せ、その薬でたくさんの人を救うことができる。これが臨床開発職で働く人のやりがいとなっています。
臨床薬剤師
臨床薬剤師は、医療現場や患者さんと深くかかわりながら、薬剤治療をリードしていく存在です。医師から委任を受けて処方箋を作成することもあり、医療チームになくてはならない存在となっています。
学校薬剤師とは?
あなたは学校薬剤師というのをご存じですか?薬剤師の活躍できる職場は病院やドラッグストア、製薬会社だけではないのです。
在宅起業・フリーランス
薬剤師の資格を使用し、他の職業ではなかなかできない形の在宅起業、在宅ワークが可能です。
空港薬剤師とは?
薬剤師の職場は、薬局や病院に限りません。実は空港も、薬剤師の職場だということをご存じですか?そんなことは知らなかったという方にも、以前から興味があったという方にも、知っておいて損はない、薬剤師が空港で活躍できる情報をお届けします。
アメリカで薬剤師ワーク
薬剤師の地位は、日本よりも海外のほうが高く評価されています。日本と欧米諸国では、薬剤師事情が異なりますが、今回はアメリカを例にご紹介していきます。
テクニシャン制度
「調剤技師」とも呼ばれるテクニシャンが、薬剤師の周辺業務を一手に担うことで、薬剤師が本来の業務に集中できるというメリットがあります。
化粧品メーカー
最近は女性はもちろん、男性の薬剤師にも最近特に人気の転職先が化粧品メーカーでのお仕事です。しかし果たして薬剤師の知識やスキルは化粧品というものに活かすことができるのか、解説していきます。
サプリメントと薬剤師
サプリメントを購入するときにお客様は疑問に答えてくれる存在を探します。薬剤師として医薬品と健康食品の両方のアドバイザーとなったあなたの存在はとても貴重な人材です。
漢方薬・生薬認定薬剤師
漢方薬・生薬認定薬剤師の研修では、中医学や漢方薬の勉強はもちろんのこと、生薬に関するケミカルな話から世界の薬物療法変遷の歴史、サプリメントやハーブに関することまで幅広く勉強していきます。