臨床薬剤師−そのやりがいや重要性、そしてどんな役割を果たすのか

 

臨床薬剤師を解説 女性薬剤師 香里

「臨床薬剤師」という存在をご存知でしょうか。

 

アメリカで生まれた新しい薬剤師で、医療現場でダイレクトに患者さんの治療をサポートする存在です。
日本ではまだ認知度が低いのですが、その役割は非常に重要であり、今後ますます求められていく存在となるでしょう。

 

そんな臨床薬剤師について、ご説明していきます。

 

 

 

臨床薬剤師の役割

 

日本でいう薬剤師と言えば、調剤薬局にて「処方箋に従って調剤をする」、ドラッグストアにて「症状に合った医薬品のアドバイスをする」「薬の飲み合わせをチェックする」といった仕事をイメージする人が多いでしょう。

 

薬剤師は、医療現場に深くかかわるというよりも、人々のセルフメディケーションをサポートする役割も大きいのです。
こうした従来の薬剤師のイメージと異なるのが、臨床薬剤師です。

 

臨床薬剤師は、医療現場や患者さんと深くかかわりながら、薬剤治療をリードしていく存在です。
臨床薬剤師が誕生したアメリカでは、患者さんに投与する薬の量や服薬のタイミングを計画・提案したり、それによってどのような効果が期待できるかを推測したりと、医療現場に即した仕事内容となっています。

 

医師から委任を受けて処方箋を作成することもあり、医療チームになくてはならない存在となっています。

 

 

日本での臨床薬剤師の現状

 

日本でも、このような業務を行うことのできる臨床薬剤師が求められていますが、アメリカほど進んでいないのが現状です。
というのも、日本ではまだ臨床薬剤師の歴史が浅いため、取得しなければならない資格もなく、その資格の創設にまで至っていません。

 

日本における臨床薬剤師は、薬剤管理指導業務を行う薬剤師という位置づけになっており、医薬分業が進んだ現在では、薬剤師の仕事は、調剤から患者さんの薬剤管理や指導へと移行しています。

 

中には、処方された薬剤が患者さんに与える影響や副作用の有無、適切な投与量の推測などの業務へと広がっているケースもあり、少しずつですが、日本でも臨床薬剤師の存在やその重要性が認知されつつあると言えるでしょう。

 

患者さんへの薬剤の投与設計や服薬指導を行う臨床薬剤師は、医薬品に対する高度な専門知識が不可欠です。

 

また、様々なデータを収集・解析することによって、薬剤の投与設計やその効果予測を行いますが、一見同じに見える条件の患者さんに対して、同量の薬剤を投与しても、効果や副作用の有無が異なることもあります。

 

人の体は機械ではなく、それぞれに特徴があるので、データだけに頼ることができないのです。
こうした事態に備えて、臨床薬剤師には、客観的かつ論理的な視点が求められます。

 

また、データだけが情報源ではありません。
患者さん自身や家族、担当医師などとのコミュニケーションも非常に重要です。

 

患者さんや家族から必要な情報を的確に収集したり、医師の処方箋をチェックして疑義照会も行えるほどの信頼関係を築いたりすることで、適切な薬剤治療を計画できるからです。
そのためには、高いコミュニケーションスキルも必要だと言えるでしょう。

 

 

今がチャンス!誰よりも先駆けて臨床薬剤師という仕事をゲット

 

医療現場に密着して患者さんの治療に深く携わると臨床薬剤師に興味がある方は、キャリアアップを目指して転職してみてはいかがでしょうか。

 

セルフメディケーションのサポートという仕事内容に少しもどかしい思いをしている方には、臨床薬剤師という働き方は、とても魅力的でしょう。

 

より高度な知識だけでなく、人としての信頼も求められる臨床薬剤師ですが、そのやりがいはとても大きく、今後ますます必要とされる存在であることは間違いありません。
ただ、求人自体が少ないので、転職には転職エージェントを利用することをおすすめします。

 

 

臨床薬剤師 転職説明 薬剤師 香里

 

 

臨床薬剤師になりたいという希望を伝えておけば、求人が発生したタイミングで、情報を得ることができます。

 

臨床薬剤師として、ますます充実したキャリアを築いてみませんか。

 

臨床薬剤師の求人を逃さない!

>>プロ転職エージェント探しはこちら!

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

病院薬剤師
医薬品の管理や事故防止、院内感染対策などを行うほか、医師へのサポートとして、薬物療法に関するアドバイスを行うこともあります。
調剤薬局への転職
調剤薬局の薬剤師は身近な医療相談家として患者さんから生の情報を聞き出すことで、医師とタッグを組んで最善の治療を行う重要な役割を担っています。
製薬会社の仕事
製薬会社には「医薬品を研究開発し申請し承認を得て製造販売し適正使用に役立つ情報を医薬関係者に提供する」という流れにそったさまざまな仕事があります。
MR 医薬情報担当者
MRは、自社の取り扱う医薬品を医師や薬剤師などの医療従事者に選んでもらうことで、企業の売上に貢献する営業職であるだけでなく、医薬品の情報提供を通じて患者さんの健康に貢献することもできます。
MRは高収入?
高年収のイメージがある製薬業界ですが、その中でも一番高いお給料を得られるのがMRです。 その年収は、30歳独身で500万円以上と言われており、全業界においてもトップクラスの高給となっています。
小児薬物療法認定薬剤師
小児医療を安全に確実に提供するために小児科医をサポートし、子供達やお母さん達が安心して薬を飲めるようアドバイザーとしても活躍する、小児薬物療法認定薬剤師のお仕事を紹介します。
管理薬剤師
管理薬剤師が必要とされる場所は一言で言うと、薬に関わる全での場所です。医薬品の取扱いや製造・販売を行う場所には、必ず1人管理薬剤師を置かなくてはならない、と薬事法で決められているからです。
新薬を開発する仕事
自分が開発した医薬品を世の中に送り出せ、その薬でたくさんの人を救うことができる。これが臨床開発職で働く人のやりがいとなっています。
学校薬剤師とは?
あなたは学校薬剤師というのをご存じですか?薬剤師の活躍できる職場は病院やドラッグストア、製薬会社だけではないのです。
在宅起業・フリーランス
薬剤師の資格を使用し、他の職業ではなかなかできない形の在宅起業、在宅ワークが可能です。
空港薬剤師とは?
薬剤師の職場は、薬局や病院に限りません。実は空港も、薬剤師の職場だということをご存じですか?そんなことは知らなかったという方にも、以前から興味があったという方にも、知っておいて損はない、薬剤師が空港で活躍できる情報をお届けします。
アメリカで薬剤師ワーク
薬剤師の地位は、日本よりも海外のほうが高く評価されています。日本と欧米諸国では、薬剤師事情が異なりますが、今回はアメリカを例にご紹介していきます。
テクニシャン制度
「調剤技師」とも呼ばれるテクニシャンが、薬剤師の周辺業務を一手に担うことで、薬剤師が本来の業務に集中できるというメリットがあります。
化粧品メーカー
最近は女性はもちろん、男性の薬剤師にも最近特に人気の転職先が化粧品メーカーでのお仕事です。しかし果たして薬剤師の知識やスキルは化粧品というものに活かすことができるのか、解説していきます。
サプリメントと薬剤師
サプリメントを購入するときにお客様は疑問に答えてくれる存在を探します。薬剤師として医薬品と健康食品の両方のアドバイザーとなったあなたの存在はとても貴重な人材です。
漢方薬・生薬認定薬剤師
漢方薬・生薬認定薬剤師の研修では、中医学や漢方薬の勉強はもちろんのこと、生薬に関するケミカルな話から世界の薬物療法変遷の歴史、サプリメントやハーブに関することまで幅広く勉強していきます。