管理薬剤師になって年収アップ、キャリアアップを目指そう!

管理薬剤師になって年収アップ、キャリアアップを目指そう!

管理薬剤師が必要とされる場所は一言で言うと、薬に関わる全での場所です。医薬品の取扱いや製造・販売を行う場所には、必ず1人管理薬剤師を置かなくてはならない、と薬事法で決められているからです。

病院での医薬品を取り扱う仕事

管理薬剤師として働く

薬剤師の求人情報を見ていると、突出して年収や待遇がいいのが「管理薬剤師募集」の求人です。

「高待遇なのは魅力だけれど、求められる能力も高いのでは?」
「大変そう。」
「自分には経験不足で無理かも…。」
そう尻込みしてしまっている人も少なくないでしょう。

では、実際に管理薬剤師はどのような仕事をしているのか。
どのようなスキルが求められているのか。大変なのか、やりがいがあるのか?

管理薬剤師という仕事についてご紹介しましょう。

管理薬剤師が働く場所

まず、管理薬剤師が必要とされる場所にはどのような所があるでしょうか。
一言で言うと、薬に関わる全での場所です。医薬品の取扱いや製造・販売を行う場所には、必ず1人管理薬剤師を置かなくてはならない、と薬事法で決められているからです。

ポピュラーなのは病院、調剤薬局、ドラッグストアなどですね。
また、医薬品を取扱う一部の一般企業の工場や製薬会社や卸問屋の営業所などでも、管理薬剤師は働いています。

職種によって多少異なりますが、管理薬剤師がいつもどのような仕事をしているのかを覗いてみましょう。

管理薬剤師の仕事

管理薬剤師の仕事は、その名の通り「管理すること」が一番の仕事となり、その内容は多岐にわたります。
その中でも主な仕事は次の通りです。

薬剤の管理業務

薬剤の在庫、期限、デットストックなど

情報の管理業務

帳簿類の管理、医薬品の安全使用の為の情報収集など

人的な管理業務

職員への教育・指導、シフトの調整など

法律遵守の管理業務

保健所や薬務課への提出物、指導監査時の対応など

経営の管理業務

金銭の管理、指導料などの検討、経営者との協議など

外部への活動業務

他医療機関・他薬局との連携、製薬会社・卸への対応など

病院や調剤薬局、ドラッグストアでの仕事は主に上記のものがメインになりますね。
例えば卸会社の支店における管理薬剤師や、製薬会社における管理薬剤師の場合は、更に営業マンへの教育・指導、医師や薬剤師からの問合せへの対応などの仕事が加わります。

いかがですか?少し難しそうな仕事に聞こえるでしょうか。

管理薬剤師のやりがい

管理薬剤師の担う責任はとても大きいです。
しかし、それはただ単に仕事が大変であるということではありません。
責任があるゆえに多大な影響力も持ち、大きなやりがいがある仕事でもあります!

在職する職員の教育・指導を行ったり、シフト管理を工夫したりすることで、職場の雰囲気を良いものに変えることができます。
経営陣との協議を通して経営状態の改善にも一役買ったり、コスト削減や店舗の収益をあげるための方法、業務の改善や店舗のオリジナル化のための提案もできるでしょう。
その他にも、職員間の人間関係の調整、スタッフの能力を高めるための教育、患者さんとコミニュケーションを取り信頼される薬局作り…などなど、管理薬剤師が関与できるところはたくさんあるのです!

いかがですか?挑戦してみたくはありませんか?
もし、「自分はそんなに知識も経験もないし、なんでもできるスーパーマンじゃないから管理薬剤師にはなれない。」と思った方。

最初から完璧な管理薬剤師でなくていいんです。
まずは一歩踏み出してみてください。

人の上に立つことで見える物があります。
責任を負うことで成長できる事があります。
管理薬剤師としての経験を通して、薬剤師としても人間としても大きく成長できるでしょう。
自身のキャリアアップのためにも、ぜび管理薬剤師と言う選択肢を考えてみることをお勧めします。

管理薬剤師の年収

気になる年収についてですが、管理薬剤師になると役職が付く(手当が付く)かわりに残業代が出ないという所がほとんどだと思います。
しかしそれでも、勤務地や企業の規模にもよりますが、最低でも500万から多いところでは800万以上にもなるので、十分な年収アップになるでしょう。

管理薬剤師になるには

管理薬剤師になるには、実は特別な資格は必要ありません。
薬剤師としての知識と経験があれば、誰でもチャレンジできる仕事なのです。

ただし、誰でもとは言っても、医薬品に関する知識はもちろんのこと、薬事法、健康保健法、医療法に関する知識などが必要になります。
やはり「管理」する人間として経験が必要な仕事ですので、雇用者側からは「実務経験が最低3年以上」を求められることが多いようです。

管理薬剤師は、管理する能力と職責が求められる重大な仕事ではありますが、ただ大変なだけではありません。
お給料アップはもちろん、管理薬剤師の力で職場の雰囲気や経営状態までも変えられる可能性がある、やりがいのある仕事です。

実務経験3年以上で転職を考えている方は、自身のスキルアップのためにも管理薬剤師を一つの選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

関連ページ

病院薬剤師

医薬品の管理や事故防止、院内感染対策などを行うほか、医師へのサポートとして、薬物療法に関するアドバイスを行うこともあります。

調剤薬局への転職

調剤薬局の薬剤師は身近な医療相談家として患者さんから生の情報を聞き出すことで、医師とタッグを組んで最善の治療を行う重要な役割を担っています。

製薬会社の仕事

製薬会社には「医薬品を研究開発し申請し承認を得て製造販売し適正使用に役立つ情報を医薬関係者に提供する」という流れにそったさまざまな仕事があります。

MR 医薬情報担当者

MRは、自社の取り扱う医薬品を医師や薬剤師などの医療従事者に選んでもらうことで、企業の売上に貢献する営業職であるだけでなく、医薬品の情報提供を通じて患者さんの健康に貢献することもできます。

MRは高収入?

高年収のイメージがある製薬業界ですが、その中でも一番高いお給料を得られるのがMRです。
その年収は、30歳独身で500万円以上と言われており、全業界においてもトップクラスの高給となっています。

小児薬物療法認定薬剤師

小児医療を安全に確実に提供するために小児科医をサポートし、子供達やお母さん達が安心して薬を飲めるようアドバイザーとしても活躍する、小児薬物療法認定薬剤師のお仕事を紹介します。

新薬を開発する仕事

自分が開発した医薬品を世の中に送り出せ、その薬でたくさんの人を救うことができる。これが臨床開発職で働く人のやりがいとなっています。

臨床薬剤師

臨床薬剤師は、医療現場や患者さんと深くかかわりながら、薬剤治療をリードしていく存在です。医師から委任を受けて処方箋を作成することもあり、医療チームになくてはならない存在となっています。

学校薬剤師とは?

あなたは学校薬剤師というのをご存じですか?薬剤師の活躍できる職場は病院やドラッグストア、製薬会社だけではないのです。

在宅起業・フリーランス

薬剤師の資格を使用し、他の職業ではなかなかできない形の在宅起業、在宅ワークが可能です。

空港薬剤師とは?

薬剤師の職場は、薬局や病院に限りません。実は空港も、薬剤師の職場だということをご存じですか?そんなことは知らなかったという方にも、以前から興味があったという方にも、知っておいて損はない、薬剤師が空港で活躍できる情報をお届けします。

アメリカで薬剤師ワーク

薬剤師の地位は、日本よりも海外のほうが高く評価されています。日本と欧米諸国では、薬剤師事情が異なりますが、今回はアメリカを例にご紹介していきます。

テクニシャン制度

「調剤技師」とも呼ばれるテクニシャンが、薬剤師の周辺業務を一手に担うことで、薬剤師が本来の業務に集中できるというメリットがあります。

化粧品メーカー

最近は女性はもちろん、男性の薬剤師にも最近特に人気の転職先が化粧品メーカーでのお仕事です。しかし果たして薬剤師の知識やスキルは化粧品というものに活かすことができるのか、解説していきます。

サプリメントと薬剤師

サプリメントを購入するときにお客様は疑問に答えてくれる存在を探します。薬剤師として医薬品と健康食品の両方のアドバイザーとなったあなたの存在はとても貴重な人材です。

漢方薬・生薬認定薬剤師

漢方薬・生薬認定薬剤師の研修では、中医学や漢方薬の勉強はもちろんのこと、生薬に関するケミカルな話から世界の薬物療法変遷の歴史、サプリメントやハーブに関することまで幅広く勉強していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2018薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.