MRはなぜ年収が高いのか?その秘密とやりがいに迫る!

MRはなぜ年収が高いのか?その秘密とやりがいに迫る!

高年収のイメージがある製薬業界ですが、その中でも一番高いお給料を得られるのがMRです。 その年収は、30歳独身で500万円以上と言われており、全業界においてもトップクラスの高給となっています。

文系で高収入を稼ぐならMRに転職!

MRは高年収?

転職をお考えの皆さん、MRについて検討されたことはありますか?
仕事のやりがいはもちろん、お給料も高水準で、製薬業界の花型とも言える「MR」という職業。

全くの異業種だから…、文系の出身だから…と、敬遠しているのはもったいないですよ。
MRは、誰もが活躍できる職業です。
次の転職は、仕事の内容ややりがいについてはもちろん、お給料にもこだわりたい、という人にもおすすめです。
あなたの可能性をもっと花開かせる転職として、MRを検討してみてはいかがでしょうか?
今回は、MRの年収について詳しくお話していきます。

高年収のイメージがある製薬業界ですが、その中でも一番高いお給料を得られるのがMRです。
その年収は、30歳独身で500万円以上と言われており、全業界においてもトップクラスの高給となっています。
武田薬品工業やエーザイなど、大手上場企業であれば、年収1,000万円も決して夢ではありません。

なぜ、MRはこのように高水準のお給料なのでしょうか。
その理由は、MRが医薬品の営業職であるというところにあります。

営業職であるMRのお給料は、事務職などのように一律の給料体制ではありません。
各会社によって、営業成績に応じたインセンティブ制度などが設けられており、ボーナスやインセンティブという形で個人に還元されるため、高給につながっています。

また、毎日いくつもの病院を回っているMRには、営業手当や外勤手当などがつくのも大きいでしょう。
こうした給与体系が、MRのモチベーションを上げる一因にもなっています。

では、MRになれば、誰でも簡単に高い年収になれるのでしょうか?
未経験者や文系出身者にも広く門戸を開き、誰もが活躍できる可能性のあるMRですが、MRになりさえすれば、必ず高い年収が得られる、とは限らないのが現実です。
というのも、MRは営業職であり、その成績に応じて給与がプラスされていくことで高年収へと結びついているからです。
つまり、成績を思うように伸ばすことができなければ、期待するような高い年収を得ることは難しくなってしまいます。

次に、年収の高いMRの仕事の実情を見てみましょう。

ガッツポーズの薬剤師女性

人々の健康に貢献できている充実感を得られるMRですが、医療業界は、常に進歩しています。
そのおかげで、私たちは簡単に病気を治すことができたり、今まで完治が難しかった病にも希望をもって治療に取り組むことができたりと恩恵を受けているのですが、その最先端の情報についていかなければMRの仕事は務まりません。

日々進歩する医療技術に常にアンテナを張り、報告される症例を把握したり理解したりするだけでなく、競合の新薬についても理解を深めて対策を立てなければなりません。
そのためには、医学書や英語の論文にも目を通したり、勉強会があれば積極的に参加するといった取り組みが大切です。
こうした積み重ねがあって初めて、医師への説明や提案が成り立つのです。

MRの仕事は、表に見える仕事の他にも、事前の準備が必要であり、その大切さを理解し、何事にも能動的に取り組んでいく積極性が必要だと言えるでしょう。
また、医療従事者と会うのがMRの仕事ですが、彼らはとても忙しいので、事前にアポイントを取っていても、スケジュールは流動的になりがちです。

他のアポイントとの調整をしたり、空いた時間に勉強したり報告書を作成したりと、忙しい上に不規則な生活になることも多々あります。
そのため、きちんと自己管理ができる必要があります。
医師の中には気難しく、プライドが高い人もいるので、そのような人にも失礼のないように完璧なビジネスマナーで接することも求められます。
MRは、専門知識だけでなく人間力も問われる仕事だと言えるでしょう。

このように、高い専門性や自己管理能力を使いこなした上で、良い成績を収めたMRが高い年収となるのは、必然的な結果ではないでしょうか。
求められることは高いですが、やりがいは大きく、それがお給料にもしっかり反映されるので、モチベーションにもつながるでしょう。

未経験でも受け入れられる職業なので、チャレンジしたい方にはぜひおすすめです。
あなたの情熱を、さらなるやりがいと高年収につなげてみませんか。

関連ページ

病院薬剤師

医薬品の管理や事故防止、院内感染対策などを行うほか、医師へのサポートとして、薬物療法に関するアドバイスを行うこともあります。

調剤薬局への転職

調剤薬局の薬剤師は身近な医療相談家として患者さんから生の情報を聞き出すことで、医師とタッグを組んで最善の治療を行う重要な役割を担っています。

製薬会社の仕事

製薬会社には「医薬品を研究開発し申請し承認を得て製造販売し適正使用に役立つ情報を医薬関係者に提供する」という流れにそったさまざまな仕事があります。

MR 医薬情報担当者

MRは、自社の取り扱う医薬品を医師や薬剤師などの医療従事者に選んでもらうことで、企業の売上に貢献する営業職であるだけでなく、医薬品の情報提供を通じて患者さんの健康に貢献することもできます。

小児薬物療法認定薬剤師

小児医療を安全に確実に提供するために小児科医をサポートし、子供達やお母さん達が安心して薬を飲めるようアドバイザーとしても活躍する、小児薬物療法認定薬剤師のお仕事を紹介します。

管理薬剤師

管理薬剤師が必要とされる場所は一言で言うと、薬に関わる全での場所です。医薬品の取扱いや製造・販売を行う場所には、必ず1人管理薬剤師を置かなくてはならない、と薬事法で決められているからです。

新薬を開発する仕事

自分が開発した医薬品を世の中に送り出せ、その薬でたくさんの人を救うことができる。これが臨床開発職で働く人のやりがいとなっています。

臨床薬剤師

臨床薬剤師は、医療現場や患者さんと深くかかわりながら、薬剤治療をリードしていく存在です。医師から委任を受けて処方箋を作成することもあり、医療チームになくてはならない存在となっています。

学校薬剤師とは?

あなたは学校薬剤師というのをご存じですか?薬剤師の活躍できる職場は病院やドラッグストア、製薬会社だけではないのです。

在宅起業・フリーランス

薬剤師の資格を使用し、他の職業ではなかなかできない形の在宅起業、在宅ワークが可能です。

空港薬剤師とは?

薬剤師の職場は、薬局や病院に限りません。実は空港も、薬剤師の職場だということをご存じですか?そんなことは知らなかったという方にも、以前から興味があったという方にも、知っておいて損はない、薬剤師が空港で活躍できる情報をお届けします。

アメリカで薬剤師ワーク

薬剤師の地位は、日本よりも海外のほうが高く評価されています。日本と欧米諸国では、薬剤師事情が異なりますが、今回はアメリカを例にご紹介していきます。

テクニシャン制度

「調剤技師」とも呼ばれるテクニシャンが、薬剤師の周辺業務を一手に担うことで、薬剤師が本来の業務に集中できるというメリットがあります。

化粧品メーカー

最近は女性はもちろん、男性の薬剤師にも最近特に人気の転職先が化粧品メーカーでのお仕事です。しかし果たして薬剤師の知識やスキルは化粧品というものに活かすことができるのか、解説していきます。

サプリメントと薬剤師

サプリメントを購入するときにお客様は疑問に答えてくれる存在を探します。薬剤師として医薬品と健康食品の両方のアドバイザーとなったあなたの存在はとても貴重な人材です。

漢方薬・生薬認定薬剤師

漢方薬・生薬認定薬剤師の研修では、中医学や漢方薬の勉強はもちろんのこと、生薬に関するケミカルな話から世界の薬物療法変遷の歴史、サプリメントやハーブに関することまで幅広く勉強していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2018薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.