化粧品メーカーでは開発はもちろん、販売の業務でも薬剤師が活躍する場が増えてきました。

化粧品メーカーへの転職は、実は男性にも人気なのです。

最近は女性はもちろん、男性の薬剤師にも最近特に人気の転職先が化粧品メーカーでのお仕事です。しかし果たして薬剤師の知識やスキルは化粧品というものに活かすことができるのか、解説していきます。

化粧品メーカーで美と安全を追及する仕事

化粧品メーカーで薬剤師として働く

薬剤師の知識で安心をお客様に提供する

最近は化粧品メーカーの薬剤師求人も増えていますが、化粧品にはさまざまな成分が使用されているので化粧品に対しての成分に不安を持っている人も少なくなく、消費者が安心して化粧品を使用することができるように薬剤師がアドバイスや説明などの業務を行っているところも以前より増えました。

以前は今ほど医薬品に対して過敏ではなく、あまり一般企業が薬剤師を雇って説明やアドバイスをさせるということはありませんでしたが、時代の流れと共に化粧品の成分などに対して心配に感じる消費者が増えました。
化粧品メーカーもこの流れに対応するために、「販売」現場での薬剤師の登用が増えてきています。

薬剤師求人を出している一般企業で働くためには薬剤に対する知識だけでなく人とのコミュニケーション能力なども必要となりますが、特に説明やアドバイスの業務などを行う場合はそうした能力の必要性はかなり高くなります。

新しい化粧品の開発

薬剤師が化粧品メーカーの中で活躍する業務は多岐に渡り、以下は代表的な業務例です。

化粧品の企画・開発
化粧品の成分の研究や人体への影響の研究
化粧品の品質管理や薬事法関連対応

また、薬剤師を目指したあなたのことですから研究にワクワクし、自分の得意なことで世界に貢献したいとお考えなのではないでしょうか。
しかし、化粧品メーカーで研究者として働くためには薬剤師用の求人を探すことが最初の難関です。
薬剤師が化粧品メーカーへの転職といえば、やはり研究開発を目指す人が多いのですが、化粧品研究開発の求人が少ないため狭き門となるわけです。

医薬品の研究開発と違い、化粧品メーカーでの化粧品研究開発はとても短い期間で進められていきます。
基礎化粧品の進歩は化粧品メーカーの生命線でもあるため、高品質はもちろん、使用したお客様が安全に美しくなり、本当に喜んで使ってもらえるための化粧水や乳液、高補潤基礎化粧品などに日々新しい技術を取り入れ、それを世に送りださなければなりません。

直接お肌に付けるものですから、低アレルギーで美肌やアンチエイジングを意識した化粧品を作るために、化粧品メーカーと皮膚科の医師と薬剤師を動員してひとつの商品を生み出す研究が各メーカーでも盛んになってきています。

化粧品を使う側にしても、皮膚科の医師や薬剤師が開発に携わっている化粧品やメーカーの姿勢は信頼性を感じます。
企画に携われば、薬剤師でも新しいアイデアを形にした化粧品を世に送り出すことも夢ではありません。

キャリアアップを目指したいのであれば、国内メーカーにとどまらず、外資系メーカーへの転職の道も広がる可能性もあります。
「自分で化粧品を作りたい!」と希望している薬剤師であれば、研究室にこもってコツコツ研究を遂行する研究所よりも、世の中の流れと自分の知識を掛け合わせた新しい発想の化粧品を企画し、世に発信する業務が向いているかも知れません。

同じ化粧品メーカーでも、技術開発と商品開発のどちらが自分に向いているのか、しっかり自分自身と相談し、転職エージェントに自分の要望を具体的に伝えましょう。
化粧品メーカーの求人はとても人気が高いため非公開求人となっていることが多いので、転職を強く望んでいる方は転職サイトに登録し、化粧品メーカーの非公開求人を探すことが可能になります。
この機会に登録することをおすすめします。

関連ページ

病院薬剤師

医薬品の管理や事故防止、院内感染対策などを行うほか、医師へのサポートとして、薬物療法に関するアドバイスを行うこともあります。

調剤薬局への転職

調剤薬局の薬剤師は身近な医療相談家として患者さんから生の情報を聞き出すことで、医師とタッグを組んで最善の治療を行う重要な役割を担っています。

製薬会社の仕事

製薬会社には「医薬品を研究開発し申請し承認を得て製造販売し適正使用に役立つ情報を医薬関係者に提供する」という流れにそったさまざまな仕事があります。

MR 医薬情報担当者

MRは、自社の取り扱う医薬品を医師や薬剤師などの医療従事者に選んでもらうことで、企業の売上に貢献する営業職であるだけでなく、医薬品の情報提供を通じて患者さんの健康に貢献することもできます。

MRは高収入?

高年収のイメージがある製薬業界ですが、その中でも一番高いお給料を得られるのがMRです。
その年収は、30歳独身で500万円以上と言われており、全業界においてもトップクラスの高給となっています。

小児薬物療法認定薬剤師

小児医療を安全に確実に提供するために小児科医をサポートし、子供達やお母さん達が安心して薬を飲めるようアドバイザーとしても活躍する、小児薬物療法認定薬剤師のお仕事を紹介します。

管理薬剤師

管理薬剤師が必要とされる場所は一言で言うと、薬に関わる全での場所です。
医薬品の取扱いや製造・販売を行う場所には、必ず1人管理薬剤師を置かなくてはならない、と薬事法で決められているからです。

新薬を開発する仕事

自分が開発した医薬品を世の中に送り出せ、その薬でたくさんの人を救うことができる。これが臨床開発職で働く人のやりがいとなっています。

臨床薬剤師

臨床薬剤師は、医療現場や患者さんと深くかかわりながら、薬剤治療をリードしていく存在です。医師から委任を受けて処方箋を作成することもあり、医療チームになくてはならない存在となっています。

学校薬剤師とは?

あなたは学校薬剤師というのをご存じですか?薬剤師の活躍できる職場は病院やドラッグストア、製薬会社だけではないのです。

在宅起業・フリーランス

薬剤師の資格を使用し、他の職業ではなかなかできない形の在宅起業、在宅ワークが可能です。

空港薬剤師とは?

薬剤師の職場は、薬局や病院に限りません。実は空港も、薬剤師の職場だということをご存じですか?そんなことは知らなかったという方にも、以前から興味があったという方にも、知っておいて損はない、薬剤師が空港で活躍できる情報をお届けします。

アメリカで薬剤師ワーク

薬剤師の地位は、日本よりも海外のほうが高く評価されています。日本と欧米諸国では、薬剤師事情が異なりますが、今回はアメリカを例にご紹介していきます。

テクニシャン制度

「調剤技師」とも呼ばれるテクニシャンが、薬剤師の周辺業務を一手に担うことで、薬剤師が本来の業務に集中できるというメリットがあります。

サプリメントと薬剤師

サプリメントを購入するときにお客様は疑問に答えてくれる存在を探します。薬剤師として医薬品と健康食品の両方のアドバイザーとなったあなたの存在はとても貴重な人材です。

漢方薬・生薬認定薬剤師

漢方薬・生薬認定薬剤師の研修では、中医学や漢方薬の勉強はもちろんのこと、生薬に関するケミカルな話から世界の薬物療法変遷の歴史、サプリメントやハーブに関することまで幅広く勉強していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2018薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.