様々な雇用形態であなたのライフスタイルに合った働き方を見付けましょう。

あなたのライフスタイルに仕事を合わせる

正社員として社会的信用を得て働きたい、結婚したのでアルバイトで働きたいなど、薬剤師の仕事は自由度が高く、雇用形態も様々です。管理薬剤師のようなディレクターのような働き方もあり、あなたのライフスタイルに合った働き方を見付けてみましょう。

自分らしい働き方探し

自分らしく働く

一般の営業や製造業の仕事に比べ、薬剤師という仕事はさまざまな勤務形態があるので自分のライフスタイルに合わせて柔軟に仕事をすることが可能ですが、やはり一般的に正社員として働くスタイルを目指す方が多いですよね。
正社員として働くことのメリットとしては社会的信用が大きいという点で銀行や消費者金融からお金を借りるような場合でもパートやアルバイトとして働いているよりも正社員として働いている方が信用度は高く、住宅購入や自動車の購入などの大きな買い物をする場合に安心して銀行などでローン計画組めるという大きなメリットがあります。

一般的に正社員>契約社員>派遣社員、という順番で役割を果たす責任分担が重くなります。
その責任に対しての報酬となると、やはり正社員の報酬が高くなります。

正社員として募集を出しているケースは多くありますが、正社員の薬剤師求人はドラッグストアや調剤薬局などが増えてからは特に増加している傾向にあり、中には人手不足によって営業がままならない状態になっているほどですが、薬剤師がいないと販売することができない薬も多いのでそのような医薬品を取り扱っているところだと致命的になってしまいます。

薬剤師求人については専用のサイトもあるので利用することによって求人情報を見つけることができますが、空いた時間を使って簡単に探すことができるので在職中であっても仕事を探すことができるメリットがあります。

また、他にもさまざまな求人媒体があるため比較して選ぶことをおすすめしますが、いろいろな求人情報が集まっているハローワークにおいても正社員としての薬剤師求人が少量集まっていることがあるので確認することをおすすめします。

薬剤師の働き方は様々。ライフスタイルに合う働き方をデザイン

病院薬剤師として活躍したい方へ―やりがいから志望動機まで

薬剤師は、様々な分野で活躍することができます。その専門知識を活かして、病院や調剤薬局をはじめ、ドラッグストアや製薬会社、薬品の研究所や化粧品の開発メーカー、公務員など幅広い活躍の場があります。そんな中で、病院勤務をするのが「病院薬剤師」です。現在、約19%の薬剤師が病院薬剤師として、病院や診療所に勤務していると言われています。病院薬剤師は、他の職場で働く薬剤師と何が違うのでしょうか。また、病院勤務…

調剤薬局での薬剤師の一番大切なスキルは適切なアドバイスをして、患者さんの信用を得ることです

調剤薬局では、病院のように無菌製剤を行っている薬局はわずかですし、処方される医薬品にしか触れる機会がありません。薬剤師としてキャリアアップしたいと考えて転職する職場としては、物足りなく感じる人も多いでしょう。よっぽど接客が好きな人でなければ、まずは病院の求人を見て、条件の合うものがなければ、調剤薬局やドラッグストアへの転職を考えるという人のほうが多いのが現状です。確かに病院でしか経験できない調剤、…

製薬会社は薬剤師に人気の職場!では一体どんな職場なのか?

国内製薬会社の仕事医薬品を扱う製薬業界には、自社開発の医薬品を主に扱う製薬会社(先発医薬品メーカー)と先発医薬品の特許切れ後に同じ主成分の医薬品(後発医薬品)を扱う製薬会社(後発医薬品メーカー)があります。ともに国内資本の国内製薬会社と海外製薬会社出資の日本法人が存在します。製薬会社には「医薬品を研究開発し申請し承認を得て製造販売し適正使用に役立つ情報を医薬関係者に提供する」という流れにそったさま…

MRに転身!文系出身者でも大丈夫!潜在能力を活かせる職場!

医療業界において大きな役割を果たすMR。社会貢献度の高い専門職として、注目を集めています。私は薬剤師だからMRのことは知ってるけど、じゃあどんな仕事をしているの?と聞かれると、詳しく説明はできないカナ。はい!実はそんな方、結構多いのよ!それでは、MRとは一体どんなお仕事なのか、どんな人が活躍できるのかなどを皆さんに紹介していきますね!MRとは「Medical Representative」の頭文字…

MRはなぜ年収が高いのか?その秘密とやりがいに迫る!

転職をお考えの皆さん、MRについて検討されたことはありますか?仕事のやりがいはもちろん、お給料も高水準で、製薬業界の花型とも言える「MR」という職業。全くの異業種だから…、文系の出身だから…と、敬遠しているのはもったいないですよ。MRは、誰もが活躍できる職業です。次の転職は、仕事の内容ややりがいについてはもちろん、お給料にもこだわりたい、という人にもおすすめです。あなたの可能性をもっと花開かせる転…

小児薬物療法認定薬剤師は小児科医とタッグで子供の命を救う

小児科の医師不足が深刻な問題となっている今、小児科医の一人当たりが受け持つ小児患者数は増えつつあり、勤務時間も長時間化するなど勤務状況はますます過酷になってきています。一方で、小児の薬物治療は年齢・体重により服用量が違ったり、多剤処方や適応外処方が必要な場面もあったりと、複雑かつ煩雑です。また、体力の少ない幼児や小児では治療に一刻を争うことも多々あり、一人の医師のみで、診断から治療、薬物治療までを…

管理薬剤師になって年収アップ、キャリアアップを目指そう!

薬剤師の求人情報を見ていると、突出して年収や待遇がいいのが「管理薬剤師募集」の求人です。「高待遇なのは魅力だけれど、求められる能力も高いのでは?」「大変そう。」「自分には経験不足で無理かも…。」そう尻込みしてしまっている人も少なくないでしょう。では、実際に管理薬剤師はどのような仕事をしているのか。どのようなスキルが求められているのか。大変なのか、やりがいがあるのか?管理薬剤師という仕事についてご紹…

臨床開発職は新薬を生み出し世界に貢献する仕事です。

医薬品は病気や怪我をして人を救うためのものですが、一つの医薬品が病院やドラッグストなどで取り扱いがされるようになるまでには長い時間を必要とするのが一般的となっており、新薬が医薬品として認められるようになるまでには臨床や実験が何度も繰り返されることが必要となります。新薬が作られるまでの過程に携わる人の中に臨床開発職の薬剤師もいるので、研究分野における薬剤師求人もありますが、誰でも簡単になることができ…

アメリカで誕生した臨床薬剤師-そのやりがいや重要性とは?

「臨床薬剤師」という存在をご存知でしょうか。アメリカで生まれた新しい薬剤師で、医療現場でダイレクトに患者さんの治療をサポートする存在です。日本ではまだ認知度が低いのですが、その役割は非常に重要であり、今後ますます求められていく存在となるでしょう。そんな臨床薬剤師について、ご説明していきます。臨床薬剤師の役割日本でいう薬剤師と言えば、調剤薬局にて「処方箋に従って調剤をする」、ドラッグストアにて「症状…

学校薬剤師という働き方は収入よりもやりがい。とても人気です

あなたは学校薬剤師という働き方をご存知ですか?学習指導要領の改定に伴い、平成24年から中学3年の保健体育に「くすり教育」が導入されました。それ以来、学校薬剤師の職務は注目を浴びています。学校薬剤師になるためには特別な資格はありません。薬剤師であればなることができます。学校薬剤師は転職先として人気の職場になっていますが、市町村の薬剤師会に所属することが働く上での条件になっているので、まずは正会員にな…

薬剤師資格を利用した「在宅ワーク」自分のペースで働く方法

転職を検討している人の中にはどこの企業や施設にも属さず、自分で起業しようと考えている人もいるかもしれません。インターネットが普及した現在では、医薬品の販売ができるようになったこともあり今後はフリーで働く薬剤師も増えて行くことが予想されます。また、薬剤師の就業スタイルの幅も広がり、医薬品を取り扱うことだけに限定されず、さまざまな働き方を取り入れることが可能になってきています。その一つが「在宅起業によ…

専門知識や語学力も活かせる!空港薬剤師として活躍しよう!

薬剤師の職場は、薬局や病院に限りません。実は空港も、薬剤師の職場だということをご存じですか?「知らなかった!」という方にも、以前から興味があったという方にも、知っておいて損はない、薬剤師が空港で活躍できる情報をお届けします。空港における薬剤師の職場は、主にドラッグストアや調剤薬局になります。すべての空港に薬剤師がいるわけではありませんが、空港にクリニックが開設されている場合には調剤薬局も併設されて…

海外で働くために、知っておきたい薬剤師事情と必要なこと

薬剤師として、キャリアアップやさらなるやりがいを目指して、海外で働きたいと考える人も多いのではないでしょうか。薬剤師の地位は、日本よりも海外のほうが高く評価されています。なぜ、このような違いがあるのでしょうか。また、海外ではどのような経験が積めるのでしょうか。将来、海外で働きたいと考えている薬剤師の方に向けて、日本と海外の薬剤師事情の違いや、どうすれば海外で薬剤師として働くことができるのかについて…

テクニシャン制度の導入で、薬剤師はもっと力を発揮できる!

欧米では、一般的に取り入れられている「テクニシャン制度」。「調剤技師」とも呼ばれるテクニシャンが、薬剤師の周辺業務を一手に担うことで、薬剤師が本来の業務に集中できるというメリットがあります。日本ではまだ取り入れられていない制度ですが、その導入について積極的な議論が交わされています。というのも、欧米に比べて、日本における薬剤師の社会的地位は低く、国家資格を有した専門職でありながら「医師からの処方箋に…

薬剤師資格を活かす!男女問わず人気の転職「化粧品メーカー」

薬剤師の知識で安心をお客様に提供する最近は化粧品メーカーの薬剤師求人も増えていますが、化粧品にはさまざまな成分が使用されているので化粧品に対しての成分に不安を持っている人も少なくなく、消費者が安心して化粧品を使用することができるように薬剤師がアドバイスや説明などの業務を行っているところも以前より増えました。以前は今ほど医薬品に対して過敏ではなく、あまり一般企業が薬剤師を雇って説明やアドバイスをさせ…

薬剤師としてNR・サプリメントアドバイザーを取得する利点

薬学部を卒業したら、病院や調剤薬局、ドラッグストアなどで薬剤師として働く、もしくは製薬会社へ就職。そのような人生を思い描いていた人がほとんどでしょう。しかし、実際に働いてみたら思っていた仕事と違ったと感じたり、何かもっと違う働き方をしたいと思ったりして転職を考える人は、意外と多いものです。資格を取得するとそれだけしか道がないように思い込みがちですが、資格にとらわれない働き方はいくらでもあります。今…

疾患でなく人を見る!広い視野を持つ漢方薬・生薬認定薬剤師

薬剤師として働く人の中には、西洋医学には強いのだけど中医学はなんとなくよくわからないという人が、実は多いのではないでしょうか?それはきっと、中医学が長い年月をかけて経験的に培われた知識を元に構築された学問で、処方される漢方薬にも特有の理論や概念があるからだと思います。しかし、経験則からの理論・概念が伝承される一方で、現在では生薬に関する研究も進み、中医学と西洋医学は少しずつ融合し進化を遂げようとし…

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2018薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.