安心・安全を重視し、薬剤師を優遇する食品メーカーが増えています。

食品メーカーに勤めるなら知っておきたい薬剤師の業務内容と年収

食品メーカーでは、薬剤師を必須にする業務は少ないですが、昨今は薬剤師を積極的に採用する企業が増えています。配属部署は開発・研究チームが多く、薬剤師以外のスタッフと同等の立場で仕事をすることになります。給料は初任給が低めで実績を残せば昇給が早いです。

食品メーカー

食品メーカーで働く薬剤師

薬剤師は食品メーカーで働く選択肢もあります。
医薬品のように薬事法の影響を受けないようなメーカーであっても、消費者の健康志向が強まっていることや安心・安全を重視するように変化していて、薬剤師を優遇する求人が増えています。

多くの求人では、薬剤師に限定した募集をしていないですが、薬剤師転職サイトでの求人も増えています。
つまり、ライバルは薬剤師以外の人も含まれていますが、開発分野に未経験の一般的な大卒の人よりも、開発は未経験でも薬剤師の資格を持っている人は優遇されます。

薬剤師転職サイトを利用するメリット

総合的に幅広い求人を扱う大手転職サイトは食品メーカーの求人数が多いです。
一般求人から応募する方法もありますが、薬剤師転職サイトに登録している求人は薬剤師を優先して採用したい求人なので、採用されるチャンスが大きいです。

ただし、薬剤師は企業系への転職需要が高く、倍率は高めになっています。
選択肢を増やして応募する数を増やしたい場合は、薬剤師転職サイトと一般の転職サイトを併用すると良いでしょう。
薬剤師転職サイトは非公開求人が多く、履歴書を出さなくても登録情報やエージェントからの確認で、求人元の反応を事前に知ることができます。
面接に進んだときの採用率が他のルートで応募するより高くなるのがメリットです。

薬剤師の業務内容

医薬品メーカーと同様に研究チーム品質管理チームの2種類があります。
薬事法の影響を受けないので、品質管理より研究系での求人が多いです。
開発している商品に医療的かつ薬事的なメリット・デメリットを明確に提示する能力が求められ、食品メーカーならではの専門性もあります。

研究・開発の仕事は、内容によって長時間の残業や、イレギュラーな事態が発生すると休日出勤 終電までの深夜残業を求められることがあります。
業務内容は大変な面もありますが、開発に携わって安心で消費者にメリットの多い商品を開発した時のやりがいは格別です。
薬剤師でないとできない仕事ではないですし、製薬会社に比べて薬剤師に求められることは少ないので、開発系の仕事の中では採用される難易度が低めです。
サプリメントの開発を行う食品メーカーも増えているので、求人を探す時は携わる商品の内容まで確認しておきましょう。
通常の食品は安心・安全や健康的な成分だけではなく味も重要です。おいしい物を作るための栄養学や味覚を求められます。

薬剤師以外とのコミュニケーションが重要

食品メーカーは薬剤師の数が少なくて、薬剤師にしかできないような仕事もありません。

薬剤師以外の同僚と同じ立場として一緒に働くので、チームワークを大切にして自分から率先して貢献しようとする行動力と、良好な人間関係を築くコミュニケーション能力が重要です。
本当は製薬会社や医薬品メーカーに就職したかったけど、食品メーカーのほうが開発職のハードルが低いからといった安易な考えを持っていると、入社してから苦労します。

食品メーカーの年収

化粧品などのメーカーと大きな違いはなく、平均で600〜700万円ほどです。
開発に携わる仕事が中心で、薬剤師であれば学歴は開発系の中でそこまで重視されません。
ただし、初任給は製薬会社や化粧品メーカーよりも低く、400万円を切ってしまうこともあります。

中途採用であっても、実績を作っていけば昇給や出世スピードが早く年収1,000万円を超えることも珍しくありません。
企業系薬剤師の中でも、収入格差の大きい仕事で入社後の伸びシロとやりがいの大きい仕事です。
営業系の仕事とは違い、結果が出なくて追い込まれることはなく、出世をしなくても長く続けられる仕事です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2018薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.