コールセンターで働く薬剤師は体力面で悩みを抱える方からも人気です。

薬剤師が働くコールセンターの仕事内容とは|求められる能力をチェック!

薬剤師のコールセンターは製薬メーカー、医療機器メーカー、医薬品卸などの企業勤務があります。業務内容は電話応対以外にもあり、クレームや人間関係など大変なこともありますが、福利厚生や休み、残業などの待遇が良いことから人気の高い職種です。

コールセンター

コールセンターで働く薬剤師

薬剤師が活躍できるコールセンターの仕事は、製薬メーカー医療機器メーカー医薬品卸会社などがあります。
一般の人からの問い合わせ対応もしますが、病院や薬局などからの問い合わせが中心で、薬剤師として勤務した経験があればコールセンターへ問い合わせしたことのある人も多いでしょう。

メーカーなど大手企業の求人が多いので、福利厚生が充実していて安定した仕事が多いメリットがあります。
立ち仕事による体力面に悩んでいる方からも人気の高い職種です。
コールセンターの仕事の特徴と給与相場をまとめました。

コールセンターの業務内容

メインになるのは問い合わせに対しての電話対応(DI業務)です。
製品に関する問い合わせや、勉強会や資料請求、要望・意見・クレームなど幅広い問い合わせや取次業務を行います。
専門知識を求められますが、自社製品に関する研修をしっかり行い、マニュアルも用意されているので、それほど難しい仕事ではありません。
最低限の記憶力を求められますが、薬剤師の資格を取れる人なら問題ないでしょう。

勉強会の問い合わせを受けるなど、MRと連携した業務も多く、スタッフからの要望にも応える柔軟性を求められます。
電話応対以外にも、マニュアルなどの資料作成など事務的な仕事を行うことも多く、電話の鳴っていない時は待機というワケではありません。
問い合わせ内容をまとめて、内容別に各部署へ報告する業務もあります。

コールセンターに求められる能力

取り扱う製品の専門知識を求められますが、必要な知識は入社してからの研修で補うので、職歴に関係なく幅広い薬剤師が目指せる仕事です。
男性でも可能ですが、柔らかい対応ができるため、女性を優遇されます。
問い合わせ内容に対して正確な情報を伝えることと、機転を利かして対応する柔軟性を求められます。

入社時に行う適性検査の結果や、面接による人柄重視で採用される傾向が強いです。
社員同士の連携が重要で、スタッフの数も一般的な調剤薬局よりも多いです。
幅広い方と良好な人間関係を築く能力が長続きするために重要です。

コールセンターの待遇

コールセンターは正社員とパートの2つの採用枠を持っています。
正社員の年収は350〜650万円ほどで、初任給は病院や調剤薬局より低い傾向があります。
一般職での昇給は限られており、管理職になると一気に年収がアップします。
企業薬剤師になるので、産休・育休が取りやすいことや、残業手当、福利厚生、休みが安定していることが人気の要因です。

パートや派遣の時給は2,200〜2,500円ほどです。都心の薬剤師の平均的な時給と同等です。
正社員以外の働き方をする人は、業務内容に魅力を感じている方が多いです。
正社員へのステップアップを用意している求人も多数あります。

コールセンターの離職率

勤務先にもよりますが、離職率は平均的か低い水準です。
企業薬剤師は人気の高い職種で、同業他社への転職のハードルが高く、MRに比べて引き抜きも少ないです。
嫌なことがあっても、他に良い仕事がないことを理由に転職しない人が多いです。

コールセンターを辞める理由は主に次の3パターンです。

人間関係に悩む
クレーム対応でうつになる
研修が多い

スタッフが多いことや薬剤師以外と接することが多いことから、人間関係のトラブルが多いです。
調剤業務にも共通していることですが、成果が数字で表れにくいので、上司へのゴマすりなどで出世する人の多い業界です。
クレームの多さはコールセンターならではのものです。

新製品の内容によっては、問い合わせの大半がクレームになってしまうこともありますし、顔を合わせずに電話応対する特性から強気なクレーマーが多いです。
また、随時新製品が出ることから、研修が多くて日々覚えることが多いです。
広く浅く商品のことを知る調剤薬剤師とは違い、扱う製品のスペシャリストにならないといけないので、頭を使う職業です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2018薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.