美に対して興味のある薬剤師が美容業界に就くケースもあります。

美容業界で働く薬剤師の仕事内容は?求められる能力と特徴をチェック!

美容業界の薬剤師の求人情報をまとめました。もっとも需要の高い職種は美容クリニックです。採用基準は高めですが化粧品メーカーの仕事は人気が高いです。通常の病院や製薬会社に比べた美容業界の薬剤師の仕事の特徴、メリット・デメリットをまとめました。

美容業界

美容業界で働く薬剤師

美容業界で薬剤師が働く方法は主に美容クリニック(美容外科・美容皮膚科)の院内処方や漢方を扱う仕事です。
大きな美容クリニックでは、薬剤師を常備して、患者へ化粧品などを含めた使い方や注意事項の説明を行っています。
このほか、化粧品メーカーに就職して開発や品質管理で美容系の仕事に携わることもできます。

エステサロンについては、一部で薬剤師が起業して、資格保持者を売りにしているケースもありますが、薬剤師の資格を活かした求人はほとんどありません。
薬剤師は女性比率が高くて、美容に興味を持っている方も多いです。
美容業界で働くためのポイントをまとめました。

美容クリニックで求められる能力

美容クリニックは院内で薬や漢方を処方します。ほかにもサプリメントや化粧品の説明をすることがありますが、基本業務は一般的な病院と大きな差はありません。
扱う薬の種類は少ないので、薬剤師としての能力はそれほど必要なく、最低限の病院薬剤師や調剤薬局勤務の経験があれば採用されます。
仕事自体は簡単なので、適正のある人は仕事が楽に感じる意見も多いです。

美容クリニックでは、医師から指示された薬を出すだけではなく、効果や注意点、服用方法を細かく説明しないといけません。
美容関連の薬は効果が出にくい面もあり、患者が薬の効果を実感しないだけで病院の評判が悪くなってしまうこともあります。
美容クリニックでは、通常の病院や調剤薬局以上にトーク力や患者に信頼される人徳、高いモチベーションで継続的に薬や化粧品を使ってもらう説得力を求められます。
患者と接する薬剤師も、ある程度は容姿を求められて年齢よりも若く見られるような人が優遇されます。

美容クリニックのメリット・デメリット

美容クリニックのメリットは社員割を受けて施術を受けられることです。
また、好きな分野を仕事にして、美容に関連する薬を患者に説明する仕事はやりがいが大きいです。
風邪薬の場合は、治るのが当たり前ですが、美容関連の薬は効果が出ると患者からとても喜んでもらえます。

デメリットは土日勤務が多くて夜も遅くまで診療していることです。
大きなところでは早番、遅番で分かれる勤務になりますが、土日祝日は休みを取りにくく、日勤のみの勤務を認めてもらえない所が多いです。
勤務時間の長さやシフトに不満を持って退職する人も多く、求人数自体は少なくても人の入れ替わりがあるので転職するハードルは低めです。

化粧品メーカーの仕事

企業薬剤師に分類されて、人気が高くて採用されるためのハードルが高い職種です。
化粧品メーカーでの薬剤師の仕事は開発部門薬事法関連部門の2種類に分類されます。

開発部門は成分や効果などの研究、臨床試験などがあります。
採用されるのは狭き門ですが、修士卒で採用されるケースも多く、博士卒でないと難しい医薬品メーカーに比べると採用基準は低めです。
中途採用でもチャンスはありますが、学歴を重視される傾向があります。

薬事法関連部門は、各種申請業務や薬事法の基準に沿って製造されているか監視をする品質管理業務になります。
開発部門は理系出身者の採用も多いですが、薬事法関連部門は薬剤師の資格を優遇されて、求人数も多めです。

化粧品メーカーは待遇が良い

化粧品メーカーの薬剤師の平均年収は600〜700万円ほどで、病院や調剤薬局の薬剤師よりも好待遇です。
さらに、土日休みで長期休暇や有休消化を取りやすくて、福利厚生の充実しているメリットもあります。
化粧品メーカーは美容に関われる業務内容だけではなく、待遇の良いことも人気の要因です。
中途採用の求人数が少なく倍率も高めですが、化粧品や美容への情熱が高ければ未経験者でもチャンスがあります。

エステで働く薬剤師はいるの?

エステサロンは薬剤師の資格を活かした働き方をできません。
一部では薬剤師を売りにして独立開業する人がいます。
エステサロンは信頼性が重要で難関資格を持った薬剤師をエステの仕事でアピールすることができます。

化粧品販売や、利用者に対しての相談業務で資格や知識を活かせます。
ただし、通常の求人で薬剤師の資格で待遇を優遇されることはありません。
多少の優遇や、採用されやすいメリットはあっても、平均的な薬剤師の仕事よりも年収は低いです。
待遇を妥協して、本当にエステや美容の好きな薬剤師が転身することもありますが、独立を目指していないのであればオススメできない職種です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2018薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.