病院や薬局以外で薬剤師が活躍する様々な特性の職場をまとめました。

薬剤師の意外な職場6つ|選択肢を広げて希望に合う転職を

薬剤師の意外な職場は美容業界、スポーツファーマシスト、コールセンター、食品メーカー、化学系製造業、刑務所などがあります。病院や調剤薬局とは違う特性のある仕事も選択肢に入れると薬剤師の資格を活かした転職成功率が高まります。

薬剤師の意外な職場

薬剤師の意外な職場をご紹介!

薬剤師の職場は病院や薬局など調剤業務、製薬会社や化粧品メーカーの開発、管理をはじめとした企業薬剤師などが有名です。
調剤に特化した資格のため、職場や職種が限定されている面もありますが、このほかにも薬剤師には意外な職場が多数あります。
転職を繰り返し、職場での人間関係や患者とのトラブル・クレームでうつ病になって薬剤師の仕事が嫌になってしまう人もいますが、苦労して6年制の薬学部に通って取得した資格を活かさないのはもったいないです。

ここでは、求人の数は少ないですが、珍しくて意外性のある薬剤師の職場を紹介しています。
転職の選択肢を広がれば、より自分の希望条件に合った仕事が見つけやすくなります。
現役薬剤師の多くは、今すぐ辞めるつもりはないけど職場に不安を持っているものです。転職願望がなくてもレアな求人が出た時だけ検討してみる方法を取っても良いでしょう。

美容業界

美容手術を施術される女性

女性比率の高い薬剤師は美容に興味の強い方も多いでしょう。
美容業界における薬剤師の職場は、美容クリニック(美容外科・美容皮膚科)での院内処方の仕事と、化粧品メーカーでの研究・開発薬事法に基づく申請や品質管理を行う業務があります。
美容クリニックは土日や夜間の勤務もあるので、労働時間が長く、シフトの自由が利きにくいデメリットがありますが、社員割で安く美容施術を受けられる給与以外のメリットがあります。

また、疾患に悩む患者を相手にする通常の調剤業務に比べて患者から喜びの声をもらいやすくて、やりがいの大きい仕事です。
化粧品メーカーは企業薬剤師の一種で人気の高い狭き門ですが、製薬会社に比べて採用条件は修士卒から受け入れているケースが多く、採用されるチャンスが大きいです。
美容好きの人は仕事に対して高いモチベーションを維持しやすいメリットがあるので積極的に検討してみてください。

スポーツファーマシスト

ランニングする男性

スポーツファーマシストはアンチ・ドーピング活動を行います。
認定薬剤師のスポーツファーマシストの資格を取得して公認スポーツファーマシストになると、病院や調剤薬局の現場でも役立てることができます。

スポーツファーマシストに特化した職場では、スポーツチームに在籍してサプリメントや食事の指導や、教育現場などで情報提供や相談業務を行います。
昨今は、2019年のラグビーワールドカップや2020年東京オリンピックでボランティアスタッフをするために資格取得する人も増えています。
資格は年1回ある基礎講習と実務講習を受講後、知識到達度確認試験に合格すれば簡単に取得できますが、毎年実技研修を受けて、4年毎に更新する必要があります。

資格維持に費用と時間が発生するため、転職活動中に資格取得する人は少ないです。
スポーツファーマシストとして活動したい場合は、勤務しながら職場の支援を受けて資格を取得して転職活動をすると良いでしょう。
資格取得支援や資格手当のない職場の場合は、まずは資格取得支援をしている病院や調剤薬局に転職することから始める方法もあります。

コールセンター

コールセンターで働く女性

調剤の仕事は、スタッフ用の椅子はなく、狭いスペースで立ちっぱなしの業務になることが多いです。
コールセンターの仕事であれば、デスクに座って電話応対や事務作業中心の働き方ができます。
薬剤師の働けるコールセンターは主に製薬メーカー医療機器メーカー医薬品卸会社です。
製品に関する問い合わせのほか、勉強会の取次業務クレーム対応などを行います。

MRなど同僚との連携などコミュニケーション能力を求められる仕事で、企業薬剤師になるので福利厚生が充実しているメリットがあります。
正社員の求人も多く、パートや派遣から正社員を目指す方法もあります。
必要な専門知識は入社してからの研修で補えるので、経験や学歴に関係なく幅広い薬剤師が目指せます。

食品メーカー

食品メーカーでは、医薬品メーカーと同様に研究チーム品質管理チームの2種類の職場があります。
食品メーカーが薬事法に関連するサプリメントを開発するケースも増えていますし、消費者の安全や安心、品質を重視する傾向が強まったことから、薬事法に無関係の製品開発でも薬剤師を優遇する企業が増えています。

薬剤師の資格を直接活かすことはできなくても、薬剤師の知識を活かして食品の開発に携わることができて、薬剤師から人気上昇中の職業です。
薬剤師に限定せずに募集していることもあるので、一般的な薬剤師との求人とは違う探し方のコツがあります。
業務内容や求められる能力、給与面のことはもちろん、食品メーカーならではの転職活動のポイントを理解して検討しましょう。

化学系製造業

化学研究開発に従事する女性

化学系製造業では主に「総括製造販売責任者」として薬剤師が活躍しています。
総括製造販売責任者は薬剤師以外でもなれますが、大半は薬剤師の資格保有者です。
実務経験3年が必要な資格なので、中途採用の場合は若手や資格保有者を優遇されます。

総括製造販売責任者は科学系製造業の管理職の中でも重要な役割を担います。
薬剤師は管理能力や人徳など幅広い面を考慮されて、未経験であっても能力を評価されれば採用されるチャンスはあります。
優秀な人材を確保するために好条件を提示している求人も多く、興味のある人はチャレンジしてみる価値があります。

刑務所

鉄のフェンス

刑務所では法務技官(作業専門官)として、国家公務員待遇で薬剤師の職場を用意しています。
刑務所内で調剤する仕事が中心になり、基本的にはエリア限定勤務で遠方への転勤はありません。
残業なし、カレンダー通りの勤務など公務員ならではのメリットがあります。

一般の調剤薬局のように、患者と多くのコミュニケーションを取ることはなく、医師の指示に基づいて調剤する簡単で安心な業務内容です。
全国4カ所ある医療刑務所では薬剤師の人数が多いですが、その他の一般刑務所でも薬剤師の仕事があります。
離職率が低く、既存スタッフの定年退職による空きがないと新規募集しないレアな職種ですが、近くで求人が出たら応募してみる価値が高いです。
刑務所の求人探しのコツや、安全面、刑務所ならではの特性を理解して、今すぐ転職願望がなくても、刑務所の新着求人をチェックしておくと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2018薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.