「日本薬剤師研修センター」って何?何ができるところ?

「日本薬剤師研修センター」って何?何ができるところ?

日本薬剤師研修センターの目的は、社会に貢献できる質の高い薬剤師を育成し、また薬剤師の自己研鑽を幇助するために、学習を支援する環境整備や研修事業を推進することです。

「薬剤師研修センター」とは

薬剤師研修センターとは?

正確には「日本薬剤師研修センター」と言います。
薬剤師として働いている人なら聞いたことがあるのではないでしょうか。
研修会などを受講した時にもらう、薬剤師研修手帳に貼るシール
そこの下に小さく書いてありますね。その、研修会を認定している機構、それが薬剤師研修センターです。
日本薬剤師研修センターは、優れた薬学的ケアをできる薬剤師の育成のために、また薬剤師の生涯学習を支援し推進することを目的として平成元年に厚生省薬務局(当時)の認可のもと設立されました。もともとは薬務局の財団法人でしたが、公益法人に移行したものです。

日本薬剤師研修センターの目的

日本薬剤師研修センターの目的は、社会に貢献できる質の高い薬剤師を育成し、また薬剤師の自己研鑽を幇助するために、学習を支援する環境整備や研修事業を推進することです。
そのためのカリキュラム作り、教材の提供や指導要綱作成などを行っています。

薬剤師の生涯学習を支援するための場を提供

薬剤師研修センターでは、センターが主催する研修会をはじめとし、他機関と共催する研修会や、ビデオ集合研修、DVD研修、ビデオ・オンデマンド研修、e-ラーニング研修なども開催しています。

特に、地方在住の薬剤師は都市部のように多くの研修会に参加できないことから、地方でも同様に研修を受けることができるようにと2003年にはビデオ研修を、2010年にはインターネットを通じで自分で研修を受けることができるe-ラーニングを開始するなど、薬剤師としてのスキルアップに地域差が出ないような工夫もされています。

薬剤師研修センターの行う「研修認定薬剤師制度」

薬剤師研修センターの行う事業の中で、最もよく知られているのが「研修認定薬剤師制度」ではないでしょうか。

研修認定薬剤師制度とは、薬剤師は生涯学習が必要不可欠であるという理念の下に、薬剤師が常に新しい知識と技能を修得し業務の充実に努めるための研修会を実施し、勉強の実績を認定して認定薬剤師を定める制度です。

認定薬剤師として認定されるためには、薬剤師研修センターが主催する集合研修会の他、共催やあらかじめ登録された各種集合研修実施機関によって開催される研修会にて、所定の単位を取得し、申請、認定される必要があります。
また、認定後も3年ごとの更新が必要となります。

この認定薬剤師の認定を受けなくても法的な規制は何一つありません。
しかし、より高度な医療を提供するための自己研鑽を行っている証として、また自己研鑽を継続している証として、認定薬剤師は薬局に証書を掲げることができます。
それはすなわち、自分が患者から信頼されるに足る薬剤師であるというアピールでもあります。

その他の認定制度

薬剤師研修センターの行う認定制度には、研修認定薬剤師制度の他にも、「漢方薬・生薬認定薬剤師制度」「小児薬物療法認定薬剤師制度」「認定実務実習指導薬剤師制度」など様々な認定制度があり、薬剤師としてのスキルアップを支援しています。

薬剤師としてのスキルアップに薬剤師研修センターを利用

日々、新しい治療法が、新しい治療薬が生まれています。
ガイドラインもエビデンスに基づいて改定されています。
薬剤師としては一生涯勉強が不可欠です。

職場によっては研修制度が充実しているところもあるかもしれません。
しかし、勤務地や状況によっては、勉強の場が作れない人もいるでしょう。
日本薬剤師研修センターのHPでは随時研修の案内が掲示されていますし、e-ラーニングなど空いた時間を利用して家で研修を受ける制度も充実しています。

なかなか勉強会に参加できない・・・とあきらめず、自身のスキルアップのために日本薬剤師研修センターを利用してみてはいかがでしょうか。
自己研鑽の証として、患者さんからの信頼を得るために、また転職などの際のスキルとして、研修認定薬剤師制度もぜひ検討してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2018薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.