富山県での薬剤師求人と生活情報

富山県での薬剤師求人と生活情報

富山県で薬剤師転職を希望するなら、現状を知ることが必要です。
このページでは富山県の薬剤師の需要、年収、県民性、生活情報を解説しています。
おまけとして有名スポットやおいしいグルメも紹介しています。

富山県での薬剤師の働き方と生活

薬剤師の生活

富山県での薬剤師の需要

富山県の薬剤師の需要について、富山県は富山市に需要が集中している様子です。

富山市の次に、高岡市、射水市に需要があるようです。富山市以外では、どの市も同じような求人数なので、それほど富山市に人口が集中していると言えます。

富山県全体の需要情報について、薬剤師協会の情報によると、調剤薬局は100越え、ドラックストアは数件、病院関係は数十件、企業関係が10件ほどとなっています。

注目すべきは、企業関係です。10件を超えているのは他の件ではあまりなく、製薬会社が集まっているといえます。

もし、他県で製薬会社に就職した場合、富山県に転勤になる可能性があるかもしれません。

ドラックストアの需要も少ないようです。時期により求人が無い場合もあるので注意が必要です。

薬剤師の年収と求人数

富山県は、薬剤師の平均年収は503万円前後になっていて、全国の中では36番目に高い県となります。

富山県には800件前後の薬剤師の求人があって、その大部分は富山市と高岡市に固まっているのです。

前者の富山市は330件前後の求人があり、後者の高岡市は140件前後なのです。

なお射水市は、60件前後になります。

業態ですが、病院勤務の薬剤師の求人は20件前後であり、企業勤務は17件です。他の県と比べると、富山県は企業勤務の薬剤師求人が比較的多い方になります。

調剤薬局は610件前後であり、調剤併設のドラッグストアは150件前後になっていて、OTCのみのドラッグストアは7件前後に過ぎません。

他の県と比較しますと、OTCの案件数が非常に少ないのが、富山県の大きな特徴の1つです。

県民性

あなたが働きたいと感じる富山県は、いったいどのような人たちが生活しているのでしょうか?

あなたの親友になる人や、頼りになる先輩、上司がどのような人たちなのか、男女別に県民性を解説します。

富山県の女性はどんな人?県民性の考察

富山県の女性は、包容力のある「お母さんタイプ」が多いです。

堅実で礼儀正しい性格ですが、時にはそれが堅苦しく生真面目な印象を与えてしまうことも。

また、正直者なので思ったことはつい口に出してしまいます。流行に踊らされない、周りに流されないところも特徴的。

個性を大切にしたい人にはこの県が向いているでしょう。




富山県の男性はどんな人?県民性の考察

富山県の男性は、勤勉で現実主義な人が多いです。

自分に足りないものを見極めてコツコツと努力できるタイプ。

夢見がちなところはなく、常に地に足のついた方法を選びます。多少の遠回りはいとわず、地道に目標を達成しようとします。

真面目な努力家タイプの人や、現実的に物事を見つめるタイプの人にはこの県が向いているでしょう。

生活

富山県の家賃相場

富山県の家賃相場は3万円~4万円台が一般的です。

最も高いのは富山市(4万円台後半)で、市部は基本的に4万円台前半~半ばです。

最も安いのは氷見市(3万円前後)です。

観光

富山県には観光スポットがたくさんあります。

黒部ダム、黒部渓谷、弥陀ヶ原、立山連峰などは富山を代表する観光スポットです。

また砺波チューリップ公園は春に観光客が大勢訪れます。

五箇山(相倉合掌造り集落・菅沼合掌造り集落)は世界遺産に登録されており、貴重な合掌造りの家が残っているエリアです。

おわら風の盆は有名な年間行事です。

グルメ情報

麺類では、富山ブラックラーメン、入善ブラウンラーメン、入善レッドラーメン、高岡グリーンラーメン、白エビ塩ラーメン、氷見うどん、利賀そばが有名です。

日本海で採れる海の幸を使った柿の葉寿司、ます寿司、ぶりかまめし、寒ブリ料理、白エビ料理、ホタルイカ、紅ズワイガニ、昆布締めがポピュラーです。

このエントリーをはてなブックマークに追加