鳥取県での薬剤師転職と生活情報

鳥取県での薬剤師転職と生活情報

鳥取県で薬剤師転職を希望するなら、現状を知ることが必要です。
このページでは鳥取県の薬剤師の需要、年収、県民性、生活情報を解説しています。
おまけとして有名スポットやおいしいグルメも紹介しています。

鳥取県での薬剤師の働き方と生活

鳥取県での薬剤師の生活

鳥取県での薬剤師の需要

鳥取県の薬剤師の需要は、県がまとめる医療計画書によりますと、統計で1,071人と全国で47位と一番低い数値で、人口10万人あたりの数にすると181人で、全国平均の216人から大幅に少なく、人手不足が深刻になっています。

これから将来に向けて薬剤師が欲しい人数としては269人欲しいといわれています。その中でも早急に欲しい人数として、110人、将来的に欲しい人数として、159人です。早急に欲しいといわれている薬局は73、病院は20の数が不足していて困っている状態です。

現状でとても不足していて現場では、勤務体制に余裕がなく、育休や退職予定などがある人がいるため、さらに人数が減る可能性があり、繁忙時に対応などに対しての支障が出てきているです。

このような状況の中で、少しでも人手不足を改善していくために鳥取県薬剤師会は、薬学生の実習の受け入れや、県出身者向けの復職支援対策を実施したりするなどの人材を確保するための動きをしています。

それと合わせて、薬局や病院などで実務実習指導者育成などをして教育を行っています。

薬剤師の年収と求人数

鳥取県の薬剤師は、平均年収は500万円前後であり、全国では37番目に高い県となります。

島根県はOTCのみのドラッグストアの求人数が比較的多く、11件前後になります。調剤併設のドラッグストアは20件前後であり、OTCの割合は他県より比較的多い県なのです。

なお調剤薬局の求人件数は115件前後であり、この県全体の求人数は155件前後ですから、約75%ぐらいは薬局の求人になります。

鳥取県の場合、大多数の案件は鳥取市と米子市と倉吉市に集中しています。鳥取市の案件数は55件前後で、米子市は45件前後になっていて、倉吉市は23件前後なのです。

おおむね市部に案件が集中していて、郡部エリアはおおむね7件未満になります。境港市の調剤薬局では年収が800万円の求人もあり、薬剤師転職サイトで丹念に求人情報を確認してみましょう。

県民性

あなたが働きたいと感じる鳥取県は、いったいどのような人たちが生活しているのでしょうか?

あなたの親友になる人や、頼りになる先輩、上司がどのような人たちなのか、男女別に県民性を解説します。

鳥取県の女性はどんな人?県民性の考察

鳥取県の女性の気質は、男性と同様で、郷土愛がとても強いです。明るくて、活発な人が多いです。

また、東部では真面目で努力家の人が多く、西部では、懐が広くて、芯が強い人が多い地域です。男女問わずに倹約家で金銭感覚もしっかりしていて、貯金もしっかりこなして将来のことをしっかりと考えています。




鳥取県の男性はどんな人?県民性の考察

鳥取県の男性の気質は郷土愛が強くて地元をこよなく愛しています。

性格は几帳面で真面目な一面があります。また、鳥取県内でも県民性が違うところがあり、東部では、忍耐強く、誠実な性格の人が多いです。また、西部では、社交的で開放的な性格の人が多いです。



生活

家賃相場

鳥取県は西日本の日本海側にあり、比較的温暖な気候ですが冬は豪雪地帯となる地域です。家賃相場はワンルームで約4万円、2LDKで約6万となっています。

観光

鳥取県には観光スポットがたくさんあります。

観光地には有名な鳥取砂丘のほか、古事記にも載っている因幡の白兎の舞台の白兎海岸、ゲゲゲの鬼太郎ののキャラクターのブロンズ像が並ぶ水木しげるロード、日本一危険な国宝の投入堂、砂の彫刻が展示されている世界唯一の砂の美術館など国内外から多くの観光客が訪れています。

グルメ情報

特産品として上品な甘さで水々しい二十世紀梨が有名です。

人気のグルメには、脚までぎっしりと詰まった甘味のある濃厚な味わいが堪能できる、煮ても焼いても美味しい、冬の味覚の王様松葉ガニあります。

牛の畜産が盛んな地域でもある鳥取県は、ラーメンは牛骨と根菜をじっくりと煮込んだスープが特徴の牛骨ラーメンや、カレー好きの県民性から鳥取カレーが地元の人に愛されています。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2019薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.