採用試験の前に準備するべきこと

【その1】 転職の目的を明確化

 

 

これから薬剤師としての転職を本格的に検討している人の中には転職する目的が明確化されている人もいれば、これまでに働いていたところがとにかく嫌になったという理由から仕事を辞めて新しいところで働くケースもありますが、前の職場が嫌になったという理由で転職をしてもあまり上手くいくことはありません。

 

 

また、薬剤師として転職したいところが決まった場合に応募して面接を受ける時にも確実に転職の理由を聞かれることになると思いますが、その際に正直な気持ちで言いたいというのは分かるものの、前職が嫌になったという理由をストレートに伝えてしまうと就業のチャンスを逃してしまうかもしれません。

 

 

自分がどのような理由で転職をしたいかということを明確化することによって転職で失敗してしまう可能性を少なくすることができますが、面接を受ける場合は嘘でもスキルアップなどプラスの理由で離職の経緯を伝える必要があることも忘れないようにしましょう。

 

薬剤師として働くことができるところはたくさんありますが、これまでと全く違う分野で働きたいと考えている場合はその目的も明確化することが必要で、きちんとした理由があればスムーズに転職活動も進んでいくと思います。

 

 

また、転職活動は自分が思っている以上に時間がかかることも多いので、時間に余裕を持って進めていくことは大切ですが、収入が途絶えてしまう場合は失業保険などを給付することもできるのでこれを利用して耐え抜くこともできます。

 

収入減 

 

 

 

【その2】 転職で必要な書類

 

 

最近は薬剤師が転職するにあたって転職エージェントなど便利なコンテンツが多く生まれているので、昔に比べると転職活動もかなり進めやすくなっていると思います。

 

転職エージェントだけでなくハローワークが用意しているコンテンツなどもインターネットで便利に活用することができるようになっています。

 

 

就業は日本において義務であるため、特に体の問題がない場合は何かしらの仕事に就いて働くことが必要になりますが、働くべき仕事については指定がないので自分に合った仕事を極めて義務を果たすこともできます。

 

薬剤師は専門職という分野になるので薬剤師として仕事をするということはこれまでの苦労などが一通りは証明されているため、給料や待遇などは良くなっていることが多く非正規雇用として働いても生活が成り立つくらいの給料を貰っている薬剤師も少なくありません。

 

 

どこで働く場合も避けては通れないのが書類選考と呼ばれるものですが、書類の中には大きく分けて履歴書と職務経歴書があり、それぞれの書類は転職をする際に提出が必要になってきます。

 

ちなみに履歴書はこれまでの生い立ちや学歴、取得している資格などをアピールするのが基本で、あらかじめ決められている項目に沿って記入をしていけばよいでしょう。

 

 

これが商務経歴書になってくると自分で作成する必要があるのと、過去の職歴を中心にかいていくことになるので雇う側は非常に重点を置いてみるポイントになっているのでアピールポイントを簡潔に書くことも大切です。

 

履歴書 

 

 

【その3】 転職の面接の壁

 

 

薬剤師転職をするにあたって避けては通れない道になるのが面接で、これは転職をする場合に限った話しではなく、就職する場合も同じなのでこれから新しい仕事を探して転職を検討している薬剤師の場合は過去に面接を受けた経験もあると思います。

 

面接はどれだけ人とのコミュニケーションが得意な人でも緊張すると言われており、緊張症が特にひどい場合は自分が思ったことを何も言うことができずに仕事ができなかったというような人もいるので、少しでも不安に思う場合は事前に面接対策をきちんと行いましょう。

 

 

 

面接訓練をするためにおすすめするのはハローワークが定期的に行っている失業者のための面接対応ですが、これは管轄する都道府県や自治体によってカリキュラムなどが異なっているので、まずはカリキュラムを確認しておくことが必要な条件となっています。

 

ちなみに薬剤師として転職をする際に面接を受ける場合は確実に転職をする理由を問われると思いますが、自分がどのような経緯で転職をするようになったかということを簡潔に伝える必要があります。

 

 

 

ここで気をつけないといけないのは何があっても前職に対しての愚痴を言わないようにするということで、スキルアップなどプラスの理由で伝えることも大切です。

 

面接を受ける場合は問われることに対して簡潔に応えるというのが大切な条件になりますが、だらだらと応えていると良いことを言っても空気が読めないと判断されてしまうので注意が必要です。

 

 

面接同行してくれるファルマスタッフ公式サイトはこちら

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加