全般的に厳しくなる50代の転職環境で好条件転職を勝ち取るには

年齢ハンディを超えるパフォーマンスが必要

50代の転職テクニックでは、雇う側に50代でも採用するメリットを伝えてくれる熱意のある転職エージェントを利用することです。50代が不利なのは事実なので、手間暇をかけて転職活動の質を高める努力をしないといけません。体力の問題など未経験の職種をしたいのであれば、非常勤や派遣の求人も検討してみてください。

50代の転職テクニック

50代の薬剤師専門転職

薬剤師は資格を持っているだけで就職に有利な職種ですが、50代になると事情が変わってきます。
同じ薬を扱う調剤業務でも、職場が変わると配置場所や管理体制など細かいルールが変わります。

50代になると調剤以前に職場のルールを覚えるのに苦労するため、採用に消極的な経営者が多いです。
50代は定年も近く正社員の求人になると不利なことが多いです。
年齢の不利を補うためにも、登録者とクライアントの双方の話を聞いて手厚いサポートをしてくれる転職エージェントを活用するのが50代の転職テクニックです。

50代でも転職のチャンスは大きい

雇う側が50代でもウェルカムといった考え方を持っていることは少ないです。
同じような能力で50代と40代以下の応募があれば若い人を優先的に採用するのは当たり前のことです。
しかし、慢性的な人手不足に陥っている薬剤師業界では求人を出しても反響が少なく、20代・30代を採用してもすぐに辞めてしまうケースも多いです。

履歴書や転職サイトのプロフィールを見て「50代はちょっと・・・」と思っている経営者でも、転職エージェントから「1〜2年で辞める若者よりも確実に5年以上働ける人の方が良い」と説明されれば考えの変わることもあります。
実際に50代で転職して成功を収めた薬剤師も多数いて、50代の中途採用実績がある職場は年齢をネガティブに捉えません。
経営者や採用担当者に50代を採用する後押しをしてもらえれば、50代でも正社員を含めた転職のチャンスは大きいです。

50代の転職を成功させるには、50代の採用実績が豊富で若者に比べて粗悪な対応をしない熱意のある転職エージェントを利用しないといけません。
まずは複数の転職サイトに登録して、信頼できそうな転職エージェントを探すことから始めましょう。
50代が転職に不利なのは揺るぎない事実なので、手間暇かけて転職活動の質を高める努力をしないといけません。

パート、アルバイト、派遣も視野に入れる

50代の薬剤師の転職理由では体力面を理由に挙げるケースが多いです。
慢性的な残業のある職場、立ち仕事中心の調剤業務、夜勤のある病院は体力の衰えがネックになります。

残業なしの17時に終わる仕事や、立ち仕事ではい仕事もたくさんありますが、50代から未経験で正社員採用されるのは厳しいです。
正社員勤務にこだわると、離職率の激しい調剤薬局など働き口が限られてきます。
パート、アルバイト、派遣などの雇用形態であれば企業薬剤師やコールセンターなど幅広い職種の選択肢が加わります。

ヘッドハンティングなどの特別なケースを除き、長年勤務した職場を辞めて50代から転職すると収入は下がります。
また正社員のメリットである退職金も50代からの採用になると微々たるものしか期待できません。
それであれば、正社員以外の方法で負担の少ない働き方をするのも一つの手です。

現場での仕事が評価されれば50代未経験からでも正社員雇用に変えてもらったり、人望やマネジメント能力を評価されて管理職の仕事に就けるケースもあります。
能力やキャリアに自信のある人ほど正社員にこだわる傾向が強いですが、高い能力を持っていれば入り口はどうあれ現場の仕事を通じてキャリアアップや出世するチャンスはあります。

働ける年齢を重視する

50代の転職は不利ですが、60代など一度定年退職をしてから再雇用したり他の職場に転職することの方が大変です。
年金の支給年齢が65歳になったこともあって、60代になっても働き続ける薬剤師が増えています。

60歳以降の働き方が不安で転職するのであれば当初の条件よりも、65歳前後まで安定して働ける環境を重視して転職活動しましょう。
少しでも若いうちに転職活動した方が有利なのは50代でも同じです。
今の仕事を生涯最後の職場にできる自信がなければ、イバラの道を覚悟して早めの行動を取りましょう。
転職したことで労働条件が下がっても、60歳以降も安心して働ける環境を手に入れられれば長期的なメリットが大きいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2019薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.