やる気アピールでどうにかなるのは30代前半まで

勢い任せはNG!計画的な転職活動を推奨

30代の転職テクニックでは、35歳を基準に転職の難易度が変わる薬剤師ならではの業界事情や、転職サイトを通じて求人では分からない職場の平均年齢を調べる方法を紹介しています。30代の薬剤師は転職するのに遅い年齢ではないですが、20代のような勢いに任せた行動を取ると失敗します。

30代の転職テクニック

30代の薬剤師専門転職

一般企業では転職がもっとも活発になるのは20代中盤から後半です。
25歳以下は第二新卒として優遇している企業も多数あります。
若い方が転職の有利な傾向は薬剤師も同じですが、大学に現役合格しても24歳で新卒入社する薬剤師は一般企業のような第二新卒や20代を優遇することは少ないです。

30代で転職を考える方の多い業界ですが、薬剤師の求人は応募基準を35歳以下に設けている所が多数あります。
つまり、30代の薬剤師でも、30代前半と30代後半で状況は大きく変わってきます。
30代の薬剤師が知っておくと便利な転職テクニックと業界事情をまとめました。

30代前半はやる気、30代後半は実績やキャリアをアピールする

薬剤師は最短ルートでも24歳からなるもので、一般業務を覚えるのに時間のかかる業種なので20代で転職する人は他の職種に比べて少ないです。
一般企業は30歳を境に転職の優劣が変わりますが、薬剤師の場合は35歳を基準に捉え方が変わります。
30代前半であれば、一般企業でいう20代のような若手のポジションになります。

元気やひたむきさをアピールして、未熟な部分は入社後に覚えていくやる気を大きくアピールしましょう。
35歳以上になると、採用してからゆっくり育てていく考えで見てもらえません。
それまでの仕事や経験で積んだキャリアをアピールして即戦力としてアピールしてもらうことが大切です。

35歳以上になると、調剤薬局から病院や企業薬剤師など他分野への転職が不利になります。
可能性はゼロではないですが、年齢による立場を認識して35歳以上から新しいチャレンジをするのなら、複数社の面接を受ける覚悟が必要です。
30代前半で転職願望があれば、なるべく早めに決断した方が有利です。

平均年齢の高い職場を探す

20代のスタッフが多数活躍していたり新卒採用を積極的な職場は、30代になると採用されるのが難しいです。
仮に採用されても新人の30代が年下のスタッフと働くと様々なシガラミが出てくるものです。
求人では職場の平均年齢や若手中心なのか判断できませんが、転職サイトを利用すれば30代でも馴染みやすい求人をピックアップしてくれます。
経験や能力に問題がある職場でも、30代や40代以上のスタッフが中心の職場は周囲が親切に教えてくれますし、採用担当者も30代なら問題ないと判断してくれます。

30代になると既存スタッフとの関係性が重要になるので、転職サイトに登録してエージェントからオススメされる求人を積極的に検討してみてください。

まずは非常勤や派遣で下積みをする

30代で未経験もしくは短期勤務の実績しかない場合は、正社員で良い仕事を探すのが困難です。
調剤業務をしたい場合は、まずはドラッグストアの非常勤や派遣で経験を積んでから転職活動をする方法もあります。
参考までに某総合病院の選考基準をご覧ください。

病院経験あり:40歳以下
薬局での調剤経験あり:35歳以下
調剤未経験:30歳以下

このように、未経験と調剤経験ありでは選考基準の年齢が変わることがあります。
未経験なら雇用形態を問わず調剤業務の経験を1〜2年積んで、そこから正社員の仕事を探してみる方法もオススメです。
前職がパートや派遣だと印象が悪くなる部分もありますが、調剤業務をしたくて就職した旨を伝えれば未経験で応募するよりも好印象になります。

30代であれば転職するのに遅い年齢ではありません。
すぐに良い仕事が見つからなければ下積み期間を設けるなどして長期的な計画を立てることも効果的です。
薬剤師は人手不足が深刻な業界なので転職回数もそれほど重要ではありません。
雇用形態などに問題がある仕事でも、キャリアアップに繋がるのであれば積極的に検討してみてください。

転職願望があるなら水面下で早めに動く

薬剤師は30代での転職は当たり前ですが、世間一般的な価値観はそうではありません。
結婚していると配偶者やお互いの家族が心配したりネガティブに捉えることもあります。
年齢や家族を理由に「もう30代だから」と諦めてしまう人もいますが、薬剤師としてこの先20〜30年は働かないといけません。

30代になると20代のような勢いで転職することはできませんが、慎重に行動すれば良い再就職先を見つけられます。
ひたすら我慢して今の仕事を続けるのではなく、転職願望があるのなら仕事を続けながら転職サイトに登録するなどして水面下で動いておきましょう。

何かのキッカケで仕事を辞めてから就職活動するよりも働きながらゆっくり就職活動した方が有利なことが多いです。
求人を探したり応募したけど良い仕事が見つからない結果に終わった場合でも、それが経験になり踏ん切りや仕事を続けるモチベーションになります。
ただ我慢して何もせずにストレスを溜め込んでいくと、現在の仕事でのミスも増えて悪循環に陥ってしまいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加