一般企業に嫌気が差した人に薬剤師への転職を勧める3つの理由は「働きやすい環境」「高い年収」「社会貢献」

薬剤師 一般企業に勤めている人の中には、「薬剤師を目指していた」、「実は今も薬剤師の仕事に憧れがある」という人もいるかもしれません。薬剤師は大変な面もある仕事ですが、一般企業では得られないメリットもたくさんあります。 ここでは、一般企業から薬剤師を目指そうとしている方向けに、薬剤師の仕事を、一般企業と比較してメリットを紹介します。
薬剤師として働くには、6年制の薬学部を修了して難しい国家試験を合格しなければならず、簡単になれる職業ではありません
それでも、難しい仕事だからこそどこでも必要とされる人材になれたり、一般企業では考えられないような高い給与を得ることもでき、薬剤師として働くメリットはとても大きいです

薬剤師への転職を勧める3つの理由

一般企業から薬剤師への転職を勧める理由は
  • ライフスタイルに合わせて勤務できる
  • 高い平均年収
  • 社会貢献の高さ
の3つです。 それぞれを詳しく説明していきますね。
薬局だけでも全国59,138施設も!資格があれば、「どこでも」「どんな働き方でも」働けてプライベートとの両立が図れる
薬剤師として働く一番のメリットは、資格さえあれば、雇用形態を問わずどこでも働くことができるところです。 薬剤師は、正社員だけでなく派遣やアルバイト、1日のみの単発アルバイトなどな雇用形態を選ぶことができます。出産や子育てなどライフステージの変化に合わせて柔軟に働き方を変えられるのは、薬剤師の仕事の大きなメリットと言えるでしょう。 また、薬剤師を必要とする職場は全国各地にあり、どこでも働くことができます。 厚生労働省の調査によると、薬局だけでも全国薬局数は59,138もあります。[注1] これに加えて、各病院や製薬会社などもあるため、薬剤師の働ける職場は数多くあるということです。薬局の他にも、病院や製薬会社の研究室など、様々な職場で薬剤師は必要とされており、資格さえ持っていればどこでも働くことができます。

[注1]厚生労働省:衛生行政報告例の概要

50代女性薬剤師の平均年収は一般企業の1,5倍の600万円以上!
50代女性薬剤師 薬剤師は他の職業に比べて給与が高いことも、メリットの一つとして挙げることができます。特に女性の場合、薬剤師と全体の平均年収の差は顕著です。 50代女性の全体平均年収が500万円弱ほどなのに対し、同じく50代の女性薬剤師の平均年収は600万円以上となっており、その差は大きくなっています。 薬剤師の給与の高さは、アルバイトの時給金額からも窺えます。地域にもよりますが、時給3,000円以上の求人も多数あり、 正社員でなくても十分な収入を得ることができます。アルバイトの場合、夜勤のシフトに入ればさらに時給はアップするので、短期間で効率的に稼ぎたい人にもオススメできる職業です。
社会貢献性が高く大きなやりがいを持って働ける!
薬剤師は、病気を抱えている人と常に向き合い続ける仕事です。そのため大変で難しい側面もありますが、他の仕事では味わうことのできない、社会貢献における大きなやりがいを感じることができます。 例えば、調剤薬局や病院で働く薬剤師の仕事には、患者さんに薬の正しい服用方法を説明したり相談に乗ったりする「服薬指導」があります。薬は健康に直接関わるものなので、患者さんの不安はとても大きいものです。薬剤師は薬のプロとして、患者さんの不安を取り除き、安心して治療に専念してもらうお手伝いができます。始めは暗い表情で訪れた患者さんが、少しでも笑顔を見せてくれた時には、きっとなにものにも代えがたい喜びを感じることでしょう。

薬剤師には他の仕事では得られないメリットがたくさんある!

一般企業で働いている人の悩みの多くは、将来の安定性や給与面、またはやりがいについてだと思います。薬剤師は「資格があればどこでも働け」「給与水準が高く」「大きなやりがいを得られる」仕事です。薬剤師への転職に、遅いなんてことは決してありません。少しでも興味のある人は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。
転職サイトランキングにGO!
このエントリーをはてなブックマークに追加