静岡県での薬剤師求人と生活情報

静岡県での薬剤師求人と生活情報

静岡県で薬剤師転職を希望するなら、現状を知ることが必要です。
このページでは静岡県の薬剤師の需要、年収、県民性、生活情報を解説しています。
おまけとして有名スポットやおいしいグルメも紹介しています。

静岡県での薬剤師の働き方と生活

静岡県の薬剤師の転職

静岡県での薬剤師の需要

静岡県は現在も慢性的に薬剤師が不足している状況です。

全国で比較した場合の年収も高く、大手企業から薬局まで幅広い求人が期待できるのが静岡県の現状です。

もっとも求人が多いのはドラッグストアなのですが、高い年収を提示してくれるのは中小の調剤薬局多いようです。

静岡で働く薬剤師は2018年12月現在で約4,800人。薬局も1,900以上あり、病床数も多い大規模な病院や中小病院、診療所まで薬剤師が活躍できる勤務先に多くの選択肢があるのが静岡県です。

製薬会社も・中外製薬・科研製薬・アステラス製薬・持田製薬・大塚製薬などの大手製薬企業研究所や工場も多く、さらに選択肢が増えています。

強く転職を意識しているのであれば静岡県は大変おすすめなエリアす。


静岡県へ転職・求人探し

薬剤師の年収と求人数

静岡県は、薬剤師の平均年収に大きな特徴があります。

日本全国の中では2番目に年収が高い県であり、現時点では685万円になります。

求人の件数も極めて多く、2,620件前後になります。

その業態ですが、調剤薬局の求人数は約1,950件前後であり、病院勤務の案件数は90件前後なのです。

静岡県は、他県よりも病院勤務の案件が比較的多い方と言えます。

OTCのみのドラグストアの求人数は比較的少なく、80件前後です。

ちなみに調剤併設のドラッグストアの案件数は、480件前後となります。

静岡県の場合、大多数の求人は静岡市と浜松市に固まっていて、どちらの市も550件前後になります。

中でも葵区の求人数は多く、225件前後です。浜松市中区も200件前後なので、比較的多い区になります。

県民性

あなたが転職したいと感じる静岡県は、いったいどのような人たちが生活しているのでしょうか?

静岡県では、県庁所在地の静岡市、神奈川県側の東エリアと人口の多い浜松市、愛知県側の西エリアで少し気風に違いがあります。 静岡市のある東エリアは、古来からの伝統的な街であり、関東エリアに属していると考える人が多いので、気質は男女ともに関東気質に、静岡らしいのんびりとした気質を混ぜたような人が多いですが、やや閉鎖的な社会でもあるので、おとなしい印象です。

西エリアは、次第に開発されて新しく人口が増えています。 主に生産の会社や農業や漁業などが多く、男性は、この辺りの気質を「やらまいか」というそうですが、新しい物や人に対して開放的で挑戦してみようという元気さと明るさがあります。 女性も大らかで明るい気質を持っています。

生活

静岡県の家賃相場

静岡県の家賃相場エリアによって家賃相場がだいぶ変わります。

県全体としては4万円台程度のところが多く、静岡市内はおおむね5万円台半ば、浜松市は3~4万円台です。

海や山、木々などの自然環境も程よく、交通の不便もありませんので、転職にはおすすめのエリアです。

観光

静岡県ならではの観光スポット静岡県の代表的な観光名所は、やはり日本一の富士山です。

伊豆半島は海がきれいでダイバーにもとても人気のエリアです。

世界文化遺産になった韮山の反射炉、大井川鉄道のSLや、寸又峡、浜松湖など、各地に名所が点在しています。

グルメ情報

静岡県ならではのグルメ静岡の名物グルメのひとつは、真っ黒な静岡おでんや黒はんぺんです。

海産物が豊富で、桜えびや生しらすを使った料理が特に有名です。

B級グルメでは富士宮やきそば、また名産品である静岡茶やみかんが美味しいのも魅力です。

浜名湖ではウナギの養殖が盛んなので、上質なうなぎ料理も魅力の一つでしょう。

転職サイトランキングにGO!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2019薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.