円満退職の秘訣 あとを引かずにスッキリ

 

薬剤師と言っても人間です。
退職の理由は人それぞれでしょう。

 

しかし、退職理由になるのは以下の3つが多いようです。

 

 

1つ目の理由は、人間関係の問題です。

 

人間関係

職場にいる薬剤師は少人数のため、その中でトラブルが起こると非常に居心地が悪くなります
また、自分が関係なくても他の2人がトラブルになると、雰囲気が悪くなり嫌な思いをすることになります。
このような状況が慢性的に発生しており、精神的に辛くなった場合に転職を考えるようです。

 

 

 

 

2つ目の理由は、給与に対する不満です。

給与

薬剤師は、国家試験に合格した人だけが名乗れるものです。
難しい勉強を乗り越えた選ばれた人だけがなれるため、給与はかなり高く設定されています。

 

初任給が約400万円と高い水準から始まる反面その後の昇給が少ない傾向にあります。
何年務めても給与が上がらず不満に感じる人も少なくないのです。

 

 

 

3つ目の理由は、待遇に対する怒りです。

 

怒り

特に病院で起こりがちな問題として、薬剤師を軽視する言動が行われています。

 

病院では医師や看護師がメインで働くため、薬剤師はどうしても裏方として行動します。
その結果が、薬剤師を軽視する発言に繋がったり、蔑ろに扱ったりすることに繋がっています。

 

周囲からの評価もされにくいため、やりがいを見出せないような場合も多いでしょう。
また、多忙な職場だと長時間の労働や休暇を取れない不満も募ってしまいます。

 

 

 

他にも理由は様々でしょうが、退職を決意したなら円満に辞めたいものです。
思っていることをそのまま伝えるだけでは退職するのが大変になってしまうので注意してください。

 

>>退職理由がまとまったら転職サイトへ登録

 

 

まず、そもそも薬剤師は貴重な存在です。
特に地方なら尚更です。

 

単純に辞めたいと言っただけでは引き止められる可能性が高いです。
人間関係の悪化を伝えた場合、それを改善するように努力するから残ってくれと言われる可能性があります。

 

それで満足なら問題ありませんが、本当に退職を決意しているなら引き止められるのは困るでしょう。
退職の話が進まずに転職活動が進まない可能性もあります。

 

そのため、相手に不快な思いをさせずに、断りにくい退職理由を使って逃げましょう

 

例えば、

  • 今の職場では出来ない業務をしたいから転職する
  • 親の介護をしたい
  • 専業主婦になる

などを理由にすると良いです。

 

これであれば、大抵の人は仕方ないと理解してくれるはずです。
円満に退職したいなら、波風立てずに、静かに職場を後に出来るようにしましょう。

 

いきなり言うと相手も困るでしょうから、数ヶ月前に伝えておくようにしてください。
代わりの人員を探す時間を作っておけば退職しやすくなります。

 

転職の理由をまとめたら、次は転職サイトへ登録

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加