薬剤師自体を辞めたいと考えている人へ向けてのアドバイス

薬剤師自体を辞めたいと考えている人へ向けてのアドバイス

「薬剤師を辞めたい」「とても疲れた」という方は、心が疲弊しているのかもしれません。心の疲れは環境を変えることで対応できますが、その一つの方法として、当サイトでは転職をすすめています。

薬剤師を辞める前に―自分らしく働ける場所を探しませんか?

自分らしく働くために転職してみませんか?

薬剤師として日々一所懸命働いているあなたは今こう感じているかも知れません。
「仕事に疲れた・・・。辞めたい」これは薬剤師に限らず、誰しも感じる瞬間があります。

お友達や恋人と話したり、ショッピングや美味しいもの食べたりすることで気分転換やリフレッシュできるうちは大丈夫なのですが、「もう働く熱意がない。薬剤師自体も辞めたい!」と思い詰めている方は、少し肩の力を抜いて今後のことを考えてみる必要があるかも知れません。

薬剤師の仕事がつらくて仕方ないと感じている方、少し発想の転換をしていみませんか?
あなたはどうして仕事がつらい、辞めたいと感じているのでしょう。

きっと色々なことが同時期に度重なってしまい、心が少し疲れてしまっているのだと思います。
その疲れてしまった原因を一つひとつを整理してみると、心の疲れや悩みは以下の2種類に大別されるのではないでしょうか。

「仕事ができない」「上手に業務を進められない」

薬剤師の仕事をよく知らない人に「薬を配合して渡すだけ」と、誤解されがちですが、実際の薬剤師の仕事内容はそんなに単純なものではありませんよね。
18,000種以上の医薬品を適切に扱い、患者さんに処方箋の説明をしていくのは、すぐにできることではありません。

人の生死にかかわることなのでミスは許されませんし、その他にもいろいろなことに気を配らなければいけない、大変責任のあるお仕事です。
このようなプレッシャーに耐えかねて「私は薬剤師に向いていないのではないか・・・。」と思い詰めてしまうほど、あなたはとても真面目なのですね。
でもね、最初から完ぺきに仕事をこなせる薬剤師なんていません。

そして「仕事ができない」と悩んでいるのは、実はあなただけではありません。
今ではバリバリ仕事をこなしている先輩薬剤師たちも通ってきた道なのです。

傍から見て、悩んでいるように見えない先輩も実は悩んでいたり、心のどこかで「薬剤師を辞めたい」と思っていたのかもしれません。
先輩だって人間です。
先輩だって最初は新人だったんです。

仕事を覚えるペースは人それぞれですが、地道に続けていくことが、大切なのです。
先輩もその道を歩いて来てんです。

薬剤師を志したときの想い-「人の役にたちたい」「患者さんの幸せそうな笑顔が見たい」などの想いを、もう一度思い出してみましょう。
そしてまわりに相談しながら、自分のペースで仕事ができると、ずいぶん気持ちも楽になるものです。

「まわりに安心して悩みを相談できる、信頼できる人がいない」

おそらく、これが「薬剤師を辞めたい」と感じる最も大きな問題なのではないでしょうか。
仕事の辛さは、業務内容という部分は少なく、実は人間関係によるところがとても大きいのです。

仕事を覚えることに時間がかかっても、多少のミスを犯してしまっても、周りのひとからのサポートがあったり、職場の人たちと良い関係性を築けていれば、一人で思い詰めるまでに至りません。

逆に言えばそういった安心できる人間関係が希薄なために「薬剤師を辞めたい」という最期の選択肢が頭の中に芽生えてしまうのです。
薬剤師は女性がとても多い業界です。

結婚や出産を経ても活躍する人も多く、いろいろな苦労を共感し合える一方で、女性特有の人間関係の難しさに悩まされる場合も少なくありません。
また、薬剤師の職場は人数も少なく、視野が狭くなり易い環境であることが多いので一度対立ができてしまったり、苦手意識を持ってしまうと関係性の修復が難しかったり、逃げ場がなくなったりと、とてもつらい想いをしてしまいます。

こんな息の詰まる環境で気持ちよく働けるはずがありませんし、精神的に追い込まれ「薬剤師を辞めたい」と思ってしまうの無理はありません。
しかし、このように視野が狭くなっている時に、薬剤師自体を辞めてしまうことを決断してしまうのは、将来を見据えたうえでもとても勿体ないでことです。

「何をどう考えても、今の職場で仕事を続けているとマイナスの発想しか頭に浮かばない!」となってしまうのであれば、思い切って職場環境を変えてしまうのが得策です。
あなたが今すぐアクションができる職場環境の改善法のひとつ。それは転職です。

転職サイトとは

転職で職場環境を変えてしまえば「今までの苦労はなんだったろう!」と思えるくらい、充実した毎日を過ごせるかもしれません。
転職サイトに無料登録すれば、専任のコンサルタントがあなたの希望や悩みを細かくヒアリングし、条件にピッタリお求人を紹介してくれます。

自分一人で雑誌や広告の求人を見ながら新しい職場を探すのは、時間もかかりますし、広告に掲載された少ない情報で、職場の雰囲気や人間関係を知ることはほぼ不可能です。

その点、転職サイトに登録すれば専任のコンサルタントから、職場の雰囲気や、なぜこの求人が発生したのか、という背景なども詳しく聞くことができるので、新しい職場の人間関係についても事前に知ることができます。

「職場の雰囲気は入社してからじゃないと分からない・・・。」と転職をためらっていた方におすすめの解決法です。
薬剤師転職に特化した転職サイトはたくさんありますが、当サイトでは信頼性が高く、求人保有数の多い転職サイトを口コミデータをもとにランキング形式で掲載しています。

それぞれの転職サイトは「病院への求人が得意」「製薬会社への求人が得意」「都市部の求人を多く保有している」または「地方求人への紹介実績No.1」など、得意としている分野や紹介できる地域などの差がありますので、可能なかぎり複数のサイトへ登録し、あなたが安心して働けるピッタリの職場をトコトン探してもらいましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2018薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.