無差別にスカウトを発信する企業もあり、手放しには喜べない

ステップアップ転職の要となるスカウト

薬剤師転職サイトには雇用主から発掘される!スカウト機能が付いています。自動メールで無差別に送っているケースもありますが、本当に特別な求人が届くこともあり重要性が高いです。レジュメや登録する職務経歴書はスカウトの重要性を理解して、しっかり自分をアピールした内容に仕上げましょう。

転職サイトに実装されるスカウト機能とは

転職サイトのスカウト機能とは?

薬剤師転職サイトに登録すると、雇用主からスカウトして声をかけてもらえることがあります。
転職サイトに登録する情報や職務経歴書は雇用主がチェックすることもあります。
登録情報が魅力的な内容で雇用主から発掘してもらえると、公開求人ではありえないような好条件の求人が見つかるかもしれません。

スカウト機能とは

薬剤師転職サイトには、本来は求人掲載をする雇用主が会員情報を閲覧できるサービスが付いています。
もちろん本名は非公開で万一本人が特定できるような内容でも秘密厳守を徹底してくれるので安心です。

薬剤師は離職率が高く、責任重大な業務内容のため優秀な人材を求めている雇用主が多いです。
求人広告を掲載して応募者を持つよりも、求める人材を発掘してスカウトでアプローチしてくるケースがあります。
スカウト求人しか出していない企業から声をかけられることもあるので、スカウトを意識した転職活動をするのはとても重要です。

スカウトは採用を約束したものではない

スカウトはあくまでも「うちの会社(職場)に応募してみませんか?」といったお誘いです。
スカウトを受けたとしても、面接の結果不採用になってしまうことがあります。
マナーとして正式な履歴書や職務経歴書を送って書類審査で落とされることはほとんどありません。
根本的に雇用主が求めている人材だと判断してスカウトしているので、面接や電話などのやり取りで悪い印象を与えなければ、自分から応募するよりも採用される可能性は高いです。

無差別にスカウトをしている所もある

スカウトをしている雇用主の中には公開求人を出して、なおかつスカウトを無差別で大勢に送っていることもあります。
必ずしも会員の中から選び抜いて自分だけに届いたスカウトとは限りません。
実はライバルもたくさんいて、大半の人はスカウトを断るような求人かもしれません。
スカウトが届いたら内容や他の転職サイトを含めて公開求人の有無をチェックしておきましょう。

無差別で大勢の会員にスカウトを出す所は、公開求人を出しても応募が来ない理由でスカウトをしているところもあれば、採用活動に積極的でより多くの応募者から厳選して採用したい思惑を持っていることもあります。
スカウトが自分だけの特別なものでなかったとしても、その時点で悪い求人だと決めつけてはいけません。

せっかく届いたスカウトなので内容をしっかり確認して検討してみてください。
スカウトを受けた立場だからこそ、給料や働き方などの希望条件を遠慮せずに言える面もあります。
気になったらエージェントを通じて要望だけでも伝えて見ると良いでしょう。

スカウトは何度も届くことがある

クライアント(雇用主)によっては、ユーザー検索の絞り込み機能にヒットした会員全員に対してスカウトメールを送っていることがあります。
年齢、資格、居住地など希望条件がマッチしていれば、毎回検索にひっかかって同じスカウトが届く現象が起こります。
何度もスカウトの届く求人が悪いとは言い切れませんが、特別なスカウトではないことは事実です。

スカウトを待って就職先を探す場合は、最低でも2〜3カ月の時間をかけて活動することをオススメします。
同じ転職サイトを数カ月利用していれば、スカウトメールの特性や毎回届く求人先の傾向を把握できます。

スカウトが届いた時は、「この求人は今応募しないと話がなくなる」と思うかもしれないですが、スカウトが届くのはそれだけ魅力的なレジュメに見られている証拠です。
特別なスカウトが再び届く保証はなくても、良い職場からスカウトの届くような利用者は、待っていれば他の雇用主も含めてよいスカウトが頻繁に届くものです。
スカウトを送るのは、それだけ興味を持っている証拠です。
スカウトメールを受け取って時間が経過してから応募しても前向きに選考してもらえる可能性が高いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加