ひとりひとりのQOLの向上に貢献するクオールグループ

クオールグループは、東証一部に株式を上場する大企業です。

クオールグループは、医療人として地域社会の一員として、広く社会に貢献しようと取り組んでいます。全国に8つの事業所と568の店舗(H28年6月現在)を展開しています。

クオールの社名の由来となっているのは、QOL

クオールのスクリーンショット画像

全国に8つの事業所と568の店舗(H28年6月現在)を展開するクオールグループは、東証一部に株式を上場する大企業です。

クオールの社名の由来となっているのは、QOL。
すなわちQuality Of Lifeの略であり、一人ひとりの人間がどれだけ人間らしい生活や自分らしい生活を送り、幸福に人生を過ごしているかとうことを捕らえる尺度のことです。

QOLの向上に貢献することをモットーに、「人が人を支え、人の力となり、地域・社会に貢献する会社」として、高い専門知識と倫理観を持って医療や地域社会に貢献するのが、クオール薬局の取り組みです。

医療人として選ばれ続ける薬局を目指し、また地域の健康をサポートする「かかりつけ薬局」として、医療機関・関係機関と連携を取ったり24時間対応で相談や服薬指導に対応したりしています。
他にも、社会的価値の追求として小学生向けの体験型経済教育プログラム「スチューデント・シティ」に参加して、模擬薬局の出店や薬局での職場体験受け入れを通じ、子ども達に働くことの意味や自覚を身に付ける機会を提供しています。

また、難病の子どもたちの夢を叶えることを目的とした「メイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパン」の活動も支援しています。

このように、クオールグループは、医療人として地域社会の一員として、広く社会に貢献しようと取り組んでいます。

クオール調剤薬局の年収・賞与・休日日数など

クオール調剤薬局は全国規模で店舗を展開しており、転勤の可否によって3種類の勤務形態があり、それぞれによって給与が異なります。

全国区での採用 全国の店舗で転勤があります。
広域区での採用 関東・中部・・・など区域内での転勤があります。
地域限定での採用 自宅から通勤可能な範囲での転勤があります。

採用時の年収は、全国区では460-560万円広域区では450-550万円地域限定では420-520万円と、やはり転勤にフレキシブルに対応できる方が年収が高く設定されています。
どの場合でも経験により給与は変動しますので、意欲があればスキルアップによる年収アップを目指すことも可能です。

昇給は年1回(4月)、賞与は年2回(6月・12月)となっており、賞与の額は人事考課での評価に基づき、平均で4.2ケ月分が支給されているようです。

年間休日数は店舗により異なりますが平均して124日と、他企業に比べると休日数も多いようです。

キャリアアップと年収

クオールでは、エキスパートコースとマネジメントコースという2つのキャリアコースが用意されています。
一薬剤師として働くだけでなく、自身に目標を設定して、薬剤師としての知識や経験を生かしながらキャリアアップできるよう考えられています。
もちろんキャリアに伴い昇給も可能です。

エキスパートコースとは

教育担当者(4年目~)、エキスパート統括主任(8年目~)、エキスパート課長(9年目~)、エキスパート部長(10年目~)と経て、社内外の研修講師として薬剤師の指導育成に携わったり、研修の企画・運営・管理、アカデミックな研究や指導などを行うための役職者を目指すコースです。 薬剤師としての専門性を極めるコースと言えます。

マネジメントコースとは

薬局長(4年目~)、ブロック長(8年目~)、事業部長(10年目~)、本部長と経て、調剤薬局の管理薬剤師から近郊エリアの複数店舗をサポートする管理者、最終的に本部での管理監督を目指す、管理・運営の専門役職者を育てるコースです。 めまぐるしく変化する昨今の薬局経営の環境に、薬剤師の視点を生かし管理運営を行う管理者を目指すコースです。

モデル賃金

29歳、全国区採用、調剤薬局経験7年での入社
入社時の年収485万円。3年後、マネジメントコースにてブロック長に昇格し年収720万円に。

30歳、地域限定区採用、MR歴4年での入社
入社時の年収435万円、2年後マネジメントコースにて薬局長に昇格し年収520万円に。

充実した福利厚生と教育体制

一般的な福利厚生としては、退職金制度、財形貯蓄制度、健康診断などがあります。
全国区採用、広域区採用の社員には、転勤時に利用できる借上社宅制度もあります。

また、子育て世代に嬉しい産休・育休制度もあり、これは単に制度として設定されているだけではなく、産休・育休取得実績がほぼ100%と社内での子育て世代に対する理解が深いことが推察されます。
子どもが小学校1年生になるまでの間、所定労働時間を短くする「育児短時間勤務制度」などもあり、子どもを抱えたお母さん薬剤師にも働きやすい制度が用意されています。

その他に、他の企業に無い福利厚生としてカフェテリアプランというものがあります。
カフェテリアプランとは、1年ごとに変更することができる選択型福利厚生制度で、次の5つの中から好きな制度を選ぶことができます。

薬代補助金制度:クオール薬局で調剤したお薬代の一部を補助。
ベネフィット・ステーション法人会員制度:宿泊施設やフィットネス・レジャーなどの割引。
レクリエーション補助金制度:テニスやゴルフなど健康増進のための費用を補助。
回避補助金制度:セミナー・研修などスキルアップのための費用を補助。
技能資格取得料補助金制度:業務関連の資格取得に必要な費用を補助。

このようにクオールでは、スキルアップしたい人からプライベートを充実したい人、子育て世代まで、様々なフォローアップを考えた福利厚生が用意されています。
その他、3年育成プログラムとして新規採用・中途採用での教育体制も整えられており、多くの方にとって働きやすい企業だと思われます。

薬剤師として社会に貢献したいと目指す方、薬剤師としてのスキルアップやステップアップを目指す方など、クオールグループで働くことを選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2018薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.