調剤の知識・技術だけでなく、説明能力やコミュ力が求められる

臨機応変な対応ができる薬剤師が理想

患者に好かれる薬剤師の特徴は、相手によって対応を臨機応変に変えることや、患者のことを覚えたり話しかけやすいオーラを出していることです。人間性の出る職種で、自分目線ではなく患者や同僚の目線になって物事を考えられる薬剤師は患者からも同僚からも評判が良いです。

患者に好かれる薬剤師の特徴

患者に好かれる薬剤師とは?

薬剤師による調剤の仕事は、処方箋の内容に基づいて調剤するだけですが、説明方法によって患者からの評判の良さが変わってきます。
調剤コーナーを設けるドラッグストアの増加など競争が激化する中で、患者から好印象を持たれることは非常に大切です。
上司や経営者からの評価が上がるのはもちろん、仕事をしていく上のやりがいに繋がります。
患者に好かれる薬剤師にはいくつかの共通点があり、管理者も理解しているため転職活動でも有利です。
評判の良い薬剤師の特徴をまとめました。

患者によって対応を変える

患者によって薬剤師に求める内容が変わってきますし相性の良さがあります。
日々多くの調剤業務をする薬剤師は、少なからず自分のことを好きになってくれる患者がいるものです。

しかし、一部の相性が良い患者だけで満足してはいけません。
多くの患者から好かれる薬剤師は、患者のタイプに応じて臨機応変な対応をしています。
相手の求めていることを見極めて、それを行動に移すとどこの職場でも患者から好かれる薬剤師になれます。

間合いの取り方がうまい

患者がたくさん待っているなど業務に追われていたり、必要なことをしっかり伝えようとしてマシンガントークで一方的に説明するのはNGです。
だからといって、一つずつ「質問ありますか?」、「ここまで大丈夫ですか?」と確認を取るのも面倒に感じられてしまいます。

説明を終えたら質問の有無を聞くのはいいことですが、説明の途中では患者の表情を見ながら適度な間を取るようにしましょう。
せっかちな患者は説明が終わってから質問するのではなく、気になった部分はその都度聞いていきたいと思う人もいます。
言葉で確認をするのではなく、患者から話に割って入れる適度な間合いを取って、説明したりコミュニケーションを取るようにしましょう。

患者のことを覚えられる

常連患者の特徴を細かく覚えられるようになると業務がスムーズで患者からも好印象を受けられます。
毎回同じ薬を処方される慢性患者は説明を簡略化することも大切です。
毎回お薬手帳を持ってこない人は最低限の確認をしつつ、「作りますか?」と毎回聞く必要はありません。

調剤業務は患者とのコミュニケーションが短くて、事務的な対応を求められる部分もあります。
限られた付き合いの中でも、覚えてもらって自分に合った対応をしてもらえるのは誰でも嬉しいものです。

話かけやすいオーラが出ている

薬剤師は常に業務に追われてスピードと正確さを求められる仕事です。
集中して仕事をしないといけませんが、険しい表情で調剤している姿を見ると、接客の時に満面の笑顔で接客しても患者は話しにくいと感じてしまいます。
不自然ではなく適度な笑顔と威圧感を与えない調剤中の仕事ぶりで、どんなことでも気軽に聞けたり、些細な世間話をしやすい薬剤師は人気が高いです。

医師や看護師に比べると誠実さを求められない職種で、薬剤師は完璧な仕事をするのが当たり前と患者は捉えています。
堅苦しい感じであれば、オシャレな髪型に変えたり、女性は少し髪の色を明るくしたり、プライぺートに近い化粧などで親近感を出すと患者との距離が縮まることがあります。

気配りや同僚のサポートをできる

調剤業務は患者から渡される処方箋を薬剤師がそれぞれ責任を持って調剤していきます。
調剤中に他のことをやるのはミスの原因になるのでNGですが、手の空いた時など、ちょっとした合間で他の人が担当している患者さんに軽く話しかけてあげたり、全員が仕事しやすいように、整理をすると同僚から好印象を持たれます。

薬剤師の職場は狭いスペースしかないので仕事の風景は患者さんもよく見ています。
自分のことだけではなく全体を見て動ていている雰囲気が出ると、患者からも「この薬剤師は信頼できる人」などと好印象を抱いてくれます。
一部で表向きだけ良い顔をする人もいますが、全体的に患者から好かれる薬剤師の多くは同僚からの評判も良い人が多いです。

人間性の出る仕事

患者から好かれる薬剤師には様々な特徴がありますが、一番重要なのは患者や同僚に対して相手の気持ちを考えて行動できる能力や気持ちの余裕を持っていることです。
自分のことで手一杯になっていて、自分の価値観でしか物事を見れない人は患者からも良く映りません。

薬剤師は患者と直接コミュニケーションを取ることや業務内容でオリジナルを出せる要素が限られているからこそ、根本的な人間性が出やすい職種です。
同僚からの評判が良かったり、プライぺートでも人望の厚い薬剤師は患者からも好かれやすいです。
天性のセンスの要素もありますが、考え方を変えるだけで患者からの評価が大きく変わることもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2019薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.