ブランク10年以上の薬剤師でも転職後に困らないための5つのポイント

薬剤師 ブランクあり 資格さえあれば年齢を問わず再就職できる薬剤師の仕事。 出産や子育てなどのライフイベントを経て、ブランクがある状態で転職する際に困らないための5つのポイントを紹介します。
薬剤師は、正社員だけでなく派遣やアルバイトなど様々な雇用形態、勤務地で働くことができるため、資格さえあれば転職しやすい職業の一つです。
専門性が高いため日々の勉強が欠かせなかったり、職場によって環境も大きく異なるため、事前に転職後の不安をなくしておきましょう。

1.「未経験者・ブランクあり歓迎」の求人を探す

当然のことですが、ブランクがある状態で再就職するなら、「ブランクあり歓迎」と謳っている職場を探すことが望ましいです。 さらに「未経験者歓迎」となっていれば、その職場は即戦力になる人材でなくても構わないと考えているはずです。分からないことは周囲に相談しながら自分のペースで業務の感覚を思い出していきましょう。 短期の派遣やアルバイトでは、即戦力となる人材を探していることが多いので、注意が必要です。

2. 薬の名前や価格、診療報酬について学習しておく

薬剤師として働いていくためには、常日頃から業務に関わる知識を学習していく必要があります。10年以上のブランクがある人なら尚更です。 新薬を含めた薬の名前や2年に1度改定される薬価や診療報酬、法改正などについてしっかり学習した上で復職できれば安心です。 学習の際には、書店で販売している最新年度の参考書を購入したり、初心者のための講習会やセミナーに参加したり、最新の情報を学ぶようにしましょう。

3. 年下の先輩にタメ口を使わない

薬剤師 人間関係 10年以上のブランクがあって転職する場合、気を付けなければいけないのが、年下の先輩との接し方です。職場での人間関係に慣れていないと、つい年下の人間へはタメ口を使ってしまいがちです。 職場である以上、たとえ相手が自分より大幅に年下で、薬剤師としての経験年数が少ないとしても、敬意を払って接することが後の不要なトラブルを避けるために大切です。前職でいくら実績があっても、新しい職場では関係ないということを忘れてはいけません。

4. 時間の融通が比較的にきく職場を選ぶ

薬剤師の残業時間は職場によって大きく変わります。どの職場でもある程度の残業は発生するものですが、人手が不足していたり、業務量が多い職場では、残業時間は特に長くなります。以前の職場では問題なく残業できた人でも、長いブランクを経てからでは状況が変わり、残業が難しいという人もいるはずです。 以前と現在の自分の変化に合わせて働き方を変化させることが、ブランクを経て転職する際のポイントと言えます。

5. 再就職について家族の理解を得る

前述したとおり、薬剤師は忙しい業務の他に、自己学習や職場の勉強会に参加して日々勉強を続けていかなければいけません。仕事に費やす時間が比較的長くなるため、家族の理解を得ておくことが大切です。 「なぜ薬剤師なのか」や「薬剤師としての誇り」をしっかりと説明し、家族から応援してもらえる状況をつくりましょう。

薬剤師はブランクがあっても転職しやすい

ここまで、ブランク10年以上の薬剤師が転職後に困らないためのポイントを紹介してきました。薬剤師は職場によっては残業も多く、日々の勉強も欠かせない大変な仕事ですが、資格があれば年齢を問わず働くことができ、ブランクが長くても問題ありません。 今回紹介した5つのポイントを踏まえて、幸先の良い転職にしましょう。
転職サイトランキングにGO!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2019薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.