今後の薬剤師の将来性

 

薬剤師求人は求人サイトやハローワークなどを見てもかなり数があると思いますが、最近は特にドラッグストアや調剤薬局など医薬品を積極的に取り扱うお店が増えていることも理由としてあり、医薬品の種類によっては薬剤師がいないと販売することができないものもあるので、このようなタイプの医薬品を使用する場合は薬剤師がいないと売ることができません。

 

実際に郊外などを中心に薬剤師不足になってしまっているところがありますが、このようなところではお客はいるのにも関わらず薬剤師がいないことによって営業を続けることができないような深刻な状況になっていることは少なくありません。

 

求人の出稿状況から逆算して、現在の薬剤師の需要を考えますと、ハローワークなどにも多く掲載されていますが、これらの機関で掲載されているのはドラッグストアや調剤薬局などが中心となっており、しばらくは人手不足が続き薬剤師の需要が追い付かないと想定されるため求人情報は多いことが予想されます。

 

今後も薬剤師は必要な人材として重宝されることになると思いますが、転職先の将来性も十分に考慮することが必要不可欠となってきます。

 

 

 

今後の薬剤師の将来性

 

求人増

薬剤師として転職をする人が増えていると言われているのは仕事に嫌気が差したという  理由よりも、働く先が増えたことで選択肢が広がったことが一番の理由になっています。
薬剤師不要論」なども存在しますが、これはどりらかというと、薬剤師の人口分布が地方や郊外よりも都市部に集中しているために発生したお話しだと言われています。

 

働く先が増えるということはそれだけ好条件のところで働くことができる可能性が高くなったということなので、今後の将来性への展望が薬剤師の心理にポジティブに影響しスキルアップや好条件のやりがいのあるところで働きたい人を中心として転職の流れが広まっています。
また、求人先が増えるということはそれだけ働くことができないというリスクが少なくなるということにも繋がり、少し仕事場で嫌なことがあった場合に辞めて、他の職場に薬剤師としてやりがいを求めて転職するようなケースも増えています。

 

 

どのような理由を持って転職をするのでも構いませんが、気をつける点としては転職するのはそれなりにリスクを伴うということで、特に転職した回数の多さは後の転職に響いてくる可能性があるので十分に注意する必要があります。
今後も特にドラッグストアや調剤薬局が新しく増えていく傾向は続いていくことが想定されますが、いずれはその勢いも落ちてくるので今ほど多くの求人情報で溢れるということは無くなるかもしれません。

 

その一方で少子化の影響も受けて毎年新しく誕生する薬剤師の数そのものも減少する可能性が危惧されていることを考えると、今後の薬剤師業界は将来性に不透明な部分がまだまだあります。

 

いずれにしても新薬に対しての知識をしっかり身につけてスキルアップを図るということは欠かさないようにすることが大切です。
新薬知識

 

 

 

 

 

 

 

 

地方と都市部の薬剤師転職の違い

 

薬剤師の人手不足は全国的に問題になりつつありますが、特に最近はドラッグストアが多くできていることや医薬分業の流れから調剤薬局の数が急増している状況にありそれに伴って薬剤師の需要が増えています。

 

しかし、一方で少子化の関係から毎年新しく増えている薬剤師の数はそこまで多くなく、少しでも条件が良いところを求めて都市部に移り住む傾向があることから相対的に地方で薬剤師の数が足りてないと言われており、スタッフ不足によって医薬品を販売することができないところもあります。
事業をする上で深刻な問題とも言えますが、人手不足のところほど条件は良くなっている場合が多いので敢えて需要の多い地方の薬剤師求人を探して転職をするような人も増えています。

 

また、地方だと物価が安いというメリットがあるので都市部と同じような給料を貰っても地方の方が費やす金額が少なく、将来的にマイホームを建てたいと考えている人でも土地が相対的に安いことから地方に移住するというメリットもあります。
 

 

ちなみに地方でやりがいのある薬剤師の求人を探して転職活動を進めていく場合はハローワークや求人情報サイトだけに限らず、地方が発刊する求人情報誌などもチェックするとよいでしょう。

いろいろな働き方ができる薬剤師ですが、どのような形で働く場合でも転職に転職を繰り返すような状況にはならないようにするためにもできるだけ妥協しないように転職活動を進めていくことが大切なポイントになります。

 

 

男性と女性薬剤師の違い

 

薬剤師求人は昔に比べると増えていますが、特に最近はドラッグストアや調剤薬局などが多く誕生しているので、このようなところにおいて需要が高まっている傾向にあります。
看護師と一緒で男性と女性の比率を見た場合に男性よりも女性の方が多いという特徴もありますが、基本的に男性限定や女性限定の薬剤師求人を出すようところは少なく、大抵のところは男女を区別しないという感じになっています。

 

しかしながら女性の場合は結婚や出産をすることによって離職するリスクが男性に比べると高くなっているので、長期的に働きたい場合や時間に融通が利かないようなところだと男性をメインに取っているようなところも出てきていますが、女性のきめ細やかなサービスが見直され、女性薬剤師の将来性を考慮した採用が増加傾向にあります。

 

薬剤師求人が掲示されているサイトにはいろいろありますが、このようなサイトを利用することによって薬剤師求人を探すことができるので、事前に調べておくことをおすすめしますが、情報誌や広告だけで探すのではなく薬剤師専門の転職求人サイトやハローワークなどを利用することをおすすめします。

 

薬剤師は名前の通り薬の取り扱いに関してのスペシャリストになっていますが、なるためには薬学部など大学の専門コースなどを出ないといけないのに加えて、国家試験に合格しないと資格を付与してもらうことはできません。
それだけ苦労して薬剤師の資格を取得したのだから男性も女性薬剤師も給料や待遇の面ではかなりメリットや将来性がある場合が多くなっています。

 

薬剤師男女 

 

求人情報誌をマメにチェック

 

薬剤師として転職を検討している場合に仕事を探す必要が出てきますが、仕事の探し方として昔からあるのが地域で発刊されている求人情報誌をチェックするという方法で、薬剤師の転職だと専門性の高い仕事になるので、あまり情報が無いようにも思えますが、ドラッグストアや調剤薬局など身近なところで意外と多く求人が出されています。

 

求人情報誌は基本的に無料で入手することができるようになっていますが、これは求人情報誌に掲載されている企業や会社などが掲載料を支払っているためで、フリーペーパーと仕組みはほとんど一緒です。
求人情報誌は毎週決まった曜日に発刊となっているものがほとんどだと思いますが、最近は同じ求人情報誌でも紙媒体だけでなく同時にネットでも情報公開しているところが多いのでインターネットを活用することでも同じ内容の求人やそれ以上の情報をチェックすることができます。

 

また、少しでも将来性や条件の良いところや給料が高いところで薬剤師の求人を探して転職を検討している人もいるかと思いますが、そのような人は薬剤師の求人サイトの利用がおすすめで、そこに非公開求人と呼ばれる条件が良い求人が集まっている場合が多くなっています。

 

同じく転職エージェントについても条件が良い会社や医療機関が利用しているケースが多くなっており、スカウト機能を活用していると自分が希望しているやりがいや条件よりもさらに良い条件を提示してくる会社もあるので積極的に活用するようにしましょう。

 

 

薬剤師転職サイトランキング バナー 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加