大阪での薬剤師求人と生活情報

大阪での薬剤師求人と生活情報

薬剤師が大阪で転職を希望するなら、大阪の現状を知ることが必要です。
このページでは大阪の薬剤師の需要、年収、県民性、生活情報を解説しています。

大阪での薬剤師の働き方と生活

大阪薬剤師の生活

大阪での薬剤師の需要

大阪府では、隣接している他府県と比較するとかなりの求人数が存在します。
特に、大阪市での求人数はかなり多いようです。薬剤師協会での資料によると、大阪市としては、調剤薬局の数は500を越え、ドラッグストアは30以上、病院も100ちかい数が構えています。
そして、一番の特徴は企業です。大手も含め企業が求人を募集している数は50近くありますがこれは、他府県とくらべてもかなりの数字となっており、薬剤師関係の企業が多い県として注目されています。
もし、正社員として薬剤師で会社で活躍したいと考えている場合近畿では大阪に絞って転職活動をすることをおすすめします。
他にも、堺市では、100近い調剤薬局、病院も10を超えています。つづいて東大阪市です。大阪の場合北の方面に集中して需要があるようなので情報をしっかりチェックしてみましょう。

大阪での薬剤師の年収と求人数

大阪府の薬剤師の平均年収について、大阪府の平均年収は2017年のデータで477万円となっており、全国47都道府県の中で35位となっています。
全国平均が510万円ほどなので少し低い年収となっています。大阪では病院数は多いものの人が集まり易く、年収が低くなる傾向にあるようです。
大阪の中でも年収に差があり、大きな病院に隣接されている薬局のほうが年収が高くなります。500万円以上の年収を狙うとなるとそれなりの職務経験歴が必要となり、狭き門となります。
大阪市内の薬局は募集に対し倍率が高くなる傾向にある為、もし市内の薬局を検討されている場合注意が必要です。大阪を含む近畿の薬剤師求人に特化したウェブサービスがあるのでそこをチェックしてみてください。

大阪の男女の県民性

あなたが働きたいと感じる大阪は、いったいどのような人たちが生活しているのでしょうか?

あなたの親友になる人や、頼りになる先輩、上司がどのような人たちなのか、男女別に県民性を解説します。

大阪の女性はどんな人?県民性の考察

大阪府の女性の性格・気質女性は、良い意味でおせっかいな方が多いです。
特に40、50代と年を重ねるほど、知らない人にでも自分からフレンドリーに声を掛ける人が多いように感じます。また、テレビ「秘密の県民ショー」等でもよく大阪人あるあるで紹介されていますが、「飴ちゃんあげる」と飴ちゃんをくれるのは本当です!
自分の良いと思ったものを人にあげたい、勧めたい精神が強い様です。人と接することが好き・人との繋がりを大切にしたい方には大阪府はおすすめです♪




大阪の男性はどんな人?県民性の考察

大阪府の男性の性格・気質大阪府の男性は、せっかちで面白い方が多いです。
男性はテンポ良く、軽快に返しをする為、他府県民の方からすると最初は「しゃべるのが早い」「せかされてる感じがする」と言われることもしばしば。
ですが、ささいなやり取りでもすかさず突っ込んだり、どんなボケでも拾ってくれる人が多いので、明るく面白い話が好きな方には大阪はおすすめです!

大阪の生活

大阪の家賃相場

大阪府全体では、3万円台半ば~6万円前後が家賃相場です。特に高いエリアは、大阪市内の中央区・北区・淀川区・西区・福島区(5万円~6万円台前半)などで、江坂駅・本町駅・大阪駅・梅田駅の周辺では6万円~7万円台となります。

大阪の観光

大阪には観光スポットがたくさんあります。

大阪城、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンや道頓堀、通天閣、海遊館、住吉大社、カップヌードルミュージアムなどが観光客に人気のスポットです。お笑いの本拠地である、なんばグランド花月では年中無休で演目を披露しています。あべのハルカス、梅田スカイビル、なんばパークスなどショッピングやグルメの大型施設も数多くあります。

大阪グルメ情報

食い倒れの街として有名な大阪では、たこ焼き・お好み焼きなどの粉もののほか、串揚げ・カニやいか焼き、きんつば、551蓬莱の豚まん、自由軒のカレーなどが有名です。他にもたくさんのグルメがあり、紹介し切れませんが、食べるのが大好きな薬剤師さんは大阪での転職をおすすめします!





このエントリーをはてなブックマークに追加