での薬剤師求人と生活情報

での薬剤師求人と生活情報

で薬剤師転職を希望するなら、現状を知ることが必要です。
このページではの薬剤師の需要、年収、県民性、生活情報を解説しています。
おまけとして有名スポットやおいしいグルメも紹介しています。

新潟県での薬剤師の働き方と生活

新潟県薬剤師の生活

新潟県での薬剤師の需要

新潟県の薬剤師の需要についてですが、新潟では新潟市に需要が集中しています。

人口の約3割強が新潟に集中している関係もありますが、新潟が求人数が一番多いです。

新潟市の次に、長岡市、上越市と続きます。

新潟全体の薬剤師の需要については、薬剤師協会の情報によると調剤薬局が150越え、ドラックストアは数件、病院関係は10数件となっています。

ドラッグストアが非常に少ない事が特徴です。

ドラックストア関係は新潟市に集中しており、ドラッグストアで勤務を希望されている方は、新潟市の求人情報をチェックしてみましょう。

病院関係に関しても新潟市に集中しています。

長岡市、魚沼市などにも求人が期待できるので新潟県全体の薬剤師求人情報を一度チェックしてみましょう。

薬剤師の年収と求人数

新潟県の薬剤師に関する年収の情報についてですが、2017年のデータによると新潟県の薬剤師の平均年収は430万円で全国47都道府県のうち43位です。

500万円基準でもかなり低い給料となっており、20代後半のサラリーマンレベルの給料といえるでしょう。

勤続年数も5年と少し短く、残業時間も平均10時間オーバーと残業が若干多め、すこし働く環境としては働きづらいかもしれません。

ボーナスは70万円とこれも全国平均では低い数値となっています。

もし、新潟県で働くことをご希望の場合、求人情報を確りと調べ、キチンと就職活動を行う方が良いと思います。

季節によっては、雪がおおくふり仕事がお休みになることもあるとか、それの影響で給料が低くなるケースもあるようです。

場所によってなので、市内の職場がおすすめです。



県民性

新潟県の人はどんな人?県民性の考察

新潟県は非常に夏場は暑くて湿度も高く、冬場はたくさんの雪に覆われとても寒暖の差が激しい県です。

その気候を活かして新潟県ではお米や酒造業が盛んで、新潟県の男性は真面目にコツコツと働く努力家が多いと言われています。

金銭面でも無駄遣いはせず、計画を立てて使っていく堅実なタイプが多いです。

そんな新潟県の男性を支えるべく新潟県の女性もたくましく頼りになる性格の女性が多く、真面目で忍耐強いタイプが多いです。

性格も明るくて行動力もあり、また、昔から東京との交流も盛んだった事もあって非常に友好的な面もあります。

そういった事から特に若い年齢の新潟県女性は都会への憧れも強く流行にも敏感です。

どちらかというと男女ともに真面目で堅実な選択を好む傾向が強いので、もし自分は派手なものよりも真面目にコツコツ物事をこなすのが得意という場合はこの県がおすすめです。

生活

新潟県の家賃相場

新潟県の家賃相場新潟県の家賃相場は、全体的に4~5万円台です。

新潟市内の都市部では4万円後半が平均的な家賃相場で、糸魚川市はそれよりも高く5万円後半~となっています。


観光

新潟県ならではの観光スポット自然の景勝地がたくさんあります。

妙高高原、湯沢高原などは、夏は避暑地として観光客が多く訪れ、冬にはスキー場としてにぎわいます。

佐渡金山遺跡は「佐渡のラピュタ」とも呼ばれる人気スポットです。

グルメ情報

新潟県ならではのグルメ新潟県は米の生産量が日本一で美味しいご飯がたくさん食べられ、日本酒の酒造メーカーも多数あります。

また、日本海の採れたて新鮮な魚が豊富に食べられます。

新潟市の万代バスセンターにある「万代そば」は毎日行列のできる名物店で、新潟県民にも観光客にも愛されるご当地名物です。

このエントリーをはてなブックマークに追加