奈良県での薬剤師求人と生活情報

奈良県での薬剤師求人と生活情報

奈良県で薬剤師転職を希望するなら、現状を知ることが必要です。
このページでは奈良県の薬剤師の需要、年収、県民性、生活情報を解説しています。
おまけとして有名スポットやおいしいグルメも紹介しています。

奈良県での薬剤師の働き方と生活

薬剤師の生活

奈良県での薬剤師の需要

奈良県の薬剤師の求人に関して、奈良県は他の近畿の都道府県と比較し需要は低い様子です。

奈良県内の人口密度の関係もありますが、あまり求人は多くありません。

奈良県では、奈良市に集中的に求人があつまっており、その次に橿原市、生駒市と続きます。奈良県の場合、北部地域に集中しており中部や南部では求人数は少なめです。

奈良県全体では、薬剤師協会によると調剤薬局が100近く、ドラッグストアは数件、病院関係は数十件とかなり少ないです。

その中でも橿原市は調剤薬局が少なめであり、ドラッグストアが多いようです。病院が少ないことも関係があるのですが求人がすこし特殊ということへの理解が必要です。

そのかわり給料は高めのようで、薬剤師の需要に関しては高いようです。

薬剤師の年収と求人数

奈良県の薬剤師の年収について、2017年の平均年収データによると572万円で全国47都道府県のうち6位という数字となっております。

500万円を超える高額年収となっております。奈良県の特徴として、ドラッグストアが多く、他の件に比べてもドラッグストアに務めている薬剤師の方が多いようです。

奈良県の人口に対しても薬剤師の数が少なく需要と供給のバランスがうまく取れているところが年収が上がる大きな理由だと考えられます。

大型ショッピングモールや駅などに隣接しているドラッグストアもあり、薬剤師募集も多く行われています。

結婚している場合、旦那の職場が大阪で、奈良県に家を持つ家庭の場合は土地代や家賃が安く済み、キャッシュフローがかなり充実した生活が営めると思います。

県民性

あなたが働きたいと感じる奈良県は、いったいどのような人たちが生活しているのでしょうか?

あなたの親友になる人や、頼りになる先輩、上司がどのような人たちなのか、男女別に県民性を解説します。

奈良県の女性はどんな人?県民性の考察

奈良県の女性は、一見ほんわり穏やかそうに見えて実は芯の強いしっかり者が多いです。

内に秘めた我慢強いところもあり男性をしっかり立ててくれますが、実際は手のひらで男性を転がす力量を持っています。

一度見切りをつけるとあっさりしていて、過去にとらわれない強さを持ち合わせています。

あなたが優しく包み込まれつつ主導権を握りたいなら、奈良県がオススメです。




奈良県の男性はどんな人?県民性の考察

奈良県の男性はマイペースで穏やかな人が多いです。

人に合わせる事が得意で、周りとの調和を大切にします。恋愛面においてもマイペースは変わらず。ハッキリしない態度に女性をヤキモキさせてしまうかも。

ですが一度付き合ってしまえば大きな心で包んでくれるので、女性は居心地が良く、付き合いが長くなりやすいです。

生活

家賃相場

奈良県全体では、2万円台後半~4万円台前半が平均的な家賃相場となっています。奈良市・生駒市・御所市・磯城郡田原本町・北葛城郡広陵町・北葛城郡河合町は4万円台で、それ以外の地域はおおむね3万円台です。

観光

奈良県には観光スポットがたくさんあります。奈良県は古代日本の中心地で平安京が置かれた古都で、国宝や世界文化遺産の宝庫です。

そんな奈良県ですので、歴史に興味がある方には聖地のような県です。

修学旅行で訪れたかたもも多いと思いますが、おすすめなのはやはり東大寺ですね。「奈良の大仏」を見たときは、大きさと神々しさで何とも言えない気持ちになります。

次におすすめなのが明日香村です。

飛鳥時代の宮殿や史跡も多く発掘されていますし、なんと言っても昔ながらの日本を感じさせてくれるところです。甘樫丘の頂上から見る大和三山の景色が癒やされる景色ですよ。

グルメ情報

柿の葉ずし、茶がゆ、三輪そうめん、にゅうめん、かすうどん、天理ラーメン、黒米カレー、ぼたん餅などがご当地名物として有名です。

名産品の吉野葛を使った葛うどんや葛もちをはじめとする葛料理、柿を使ったスイーツ、わらびもちなどもあります。





このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2019薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.