長野県での薬剤師求人と生活情報

長野県での薬剤師求人と生活情報

長野県で薬剤師転職を希望するなら、現状を知ることが必要です。
このページでは長野県の薬剤師の需要、年収、県民性、生活情報を解説しています。
おまけとして有名スポットやおいしいグルメも紹介しています。

長野県の薬剤師の働き方と生活

薬剤師の生活

長野県の薬剤師の需要

長野県の薬剤師の需要について、長野県では長野市に求人が集まっているようです。

長野市以外では、松本市、上田市と続きます。

長野県全体の薬剤師の需要について、薬剤師協会によると調剤薬局では150件以上、ドラックストアは30件ほど、病院関係では10数件、企業関係が数件となっています。

ドラックストアの件数が他の件に比べて多いのが特徴で、そのなかでも長野市に需要が集中しているようです。

薬剤師数は約4,000人で全国平均で見ますと人口10万人に対しての薬剤師が180人となっているので、薬剤師が不足気味となっています。(全国では10万人に対して約237人が平均値)

地域的には長野県では比較的都市部である長野市や松本市に人気が集中しているようですが、飯田市、安曇野市、上田市では薬剤師を説教採用していますので、福利厚生が手厚い職場に出会える確率も非常に高いようです。

特に飯田市は自然も多く、市民性も良いのでおすすめな土地ですね。

転職サイトに登録後、飯田市の求人を確認してみると良いですよ。

薬剤師の年収と求人数

長野県の薬剤師の平均年収は約545万円になっていますから、日本全国の中では15番目に高い県です。

長野県における薬剤師求人の数は約1,000件前後であり、調剤薬局は660件前後になります。

他の県と比べると、薬局の求人数がやや少ない県です。病院勤務は20件前後であり、企業やクリニック勤務の求人は殆どありません。

ドラッグストアの求人件数ですが、調剤併設は220件前後になっていて、OTCのみは100件前後の県になります。

それと長野県の場合、おおむね長野市と松本市に多くの求人が固まっていて、それぞれ件数は220件前後と135件前後です。

上田市も比較的多い方であり、約90件前後になります。郡部の求人数は全体的に少なめで、殆どの郡は10件未満になります。

県民性

長野県の県民性の考察

長野県の男性は、あまり攻撃的でなく、争いごとを好まず、とても優しい人が多いです。

これは歴史的にもそうなのですが、争いを好まない県民性を逆手に、戦国時代に山梨の武田信玄、新潟の上杉謙信に攻められていることからも言えることです。

長野県では男女問わずアクが強い人が少ない印象です。

それとは逆に、理屈っぽくてよくしゃべる人が多いようですが「堅物」な印象も強く感じることがあります。

年代にもよりますが仕事にはとても真剣に向き合う方が多いようです。

長野県の女性は男性と同じようにとても優しい方が多いようですが、女性はほがらかでおっとりしています。

ママさん同士のお付き合いも、都会のママさんの縦社会のようにギスギスしていませんし、排他的でもありません。

男女とも長野県民とは、おとなしい人に合うということでしょう。

生活

長野県の家賃相場

長野県の家賃相場は、ワンルームであれば3万円〜5万円で借りることが可能です。家賃に駐車場代が含まれている物件も多いのが特徴です。

長野市や松本市の中心部は比較的家賃が高めですが、郊外へ出ると35,000円以上から2LDKの部屋が借りれることが一般的です。

女性が暮らす観点で考えると、ワンルームのマンションが安価な値段で借りれることが良い点です。

観光

長野県には観光スポットがたくさんあります。

長野県ならではの観光スポットは、善光寺、松本城、軽井沢、諏訪大社、上田城です。

他県民にも有名な古くからの史跡が多いことが特徴です。

グルメ情報

長野県ならではのグルメは、おやきと信州蕎麦です。おやきとは、小麦粉で練った餅に野沢菜や切り干し大根などの野菜系、あんこなどの甘味系の具が入っている郷土料理です。

また、信州蕎麦はあっさりしていて食べやすい特徴があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加