三重県での薬剤師求人と生活情報

三重県での薬剤師求人と生活情報

三重県で薬剤師転職を希望するなら、現状を知ることが必要です。
このページでは三重県の薬剤師の需要、年収、県民性、生活情報を解説しています。
おまけとして有名スポットやおいしいグルメも紹介しています。

三重県での薬剤師の働き方と生活

薬剤師の生活

での薬剤師の需要

三重県の保健医療計画書によりますと、働く薬剤師の数は毎年少しずつではありますが増えていて、人口当たりの人数は全国平均を下回っています。三重県内にある大学に、薬学部が数年前に新設され、新たな人材を確保できる可能性が上がりました。そして、薬局の数というとほぼ横ばいの状態です。現状は、調剤薬局で働いている薬剤師に関しては需給のバランスが取れているようになっていますが、病院で働く人は求人情報の割に人手不足になっています。どこが人手不足になっているかというと、特に都市部から離れている地域に多いです。また、調剤薬局、ドラッグストア、病院の数は、調剤薬局は三重県内で206あり、一番に鈴鹿市が多く44、二番目に四日市市で37あります。ドラッグストアは三重県内9で津市が一番多く4です。病院は三重県内で19あり、津市、鈴鹿市が多く6です。 伊賀市・名張市は人口の割には調剤薬局が不足しています。

薬剤師の年収と求人数

三重県における薬剤師の平均年収は438万円前後になります。三重県の場合、調剤薬局の薬剤師件数は920件前後であり、病院勤務は25件前後で、企業勤務は5件前後あります。他県と比べると、企業勤務の案件数が比較的多い県です。OTCのみのドラッグストアの薬剤師求人の案件数は45件前後であり、調剤併設の薬店の求人数は240件前後になります。OTCの案件数は若干少なめです。ちなみに三重県の薬剤師求人の検索は1,200件前後ですが、その内の30%前後は津市と四日市市になります。どちらの市も、案件数は200件前後なのです。ちなみに桑名市と鈴鹿市の案件数も比較的多く、どちらも150件前後になります。全体的に市部エリアに薬剤師の案件が固まっていて、郡部はあまり多くありません。

県民性

あなたが働きたいと感じる三重県は、いったいどのような人たちが生活しているのでしょうか?

あなたの親友になる人や、頼りになる先輩、上司がどのような人たちなのか、男女別に県民性を解説します。

三重県の女性はどんな人?県民性の考察

三重県の女性は、ミーハーですがしっかりと自分の軸を持った人が多いです。信念がぶれないので、何事も安心して任せることができます。明るく活発な性格なので、輪の中心となって周りの人を引っ張ってくれます。また、細かいことは気にしないサッパリとした性格でもあります。優柔不断な人や心配性な人はこの県が向いています。




三重県の男性はどんな人?県民性の考察

三重県の男性は、優しく紳士的な人が多いです。真面目で何事にも一生懸命取り組む姿勢や、爽やかな性格から付き合いやすいタイプだと言えるでしょう。積極的に前に出るタイプではないですが、影からサポートするのは得意です。リーダー気質の人や、チームワークを重視する人、スポーツマンタイプの人にはこの県が向いています。

生活

家賃相場

三重県の家賃相場三重県は全体的に家賃相場が安いです。多くの市町村では4万円台が平均相場となっています。

観光

三重県ならではの観光スポット伊勢神宮は全国から大勢の人が集まる場所です。また、なばなの里は、花とイルミネーションの観光スポットとして有名で、ナガシマスパーランドと合わせて観光しやすいエリアです。鳥羽・志摩エリアには温泉が多数あり、穏やかな湾岸の美しい景色が見られるスポットです。

グルメ情報

三重県ならではのグルメ三重県の名物グルメは、松阪牛、てこね寿司、はまぐり、伊勢えび、牡蠣、伊勢うどん、めはり寿司、赤福などです。温暖な気候のおかげで海と山の幸が豊富にあり、地産地消できる食材にあふれています。

転職サイトランキングにGO!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2019薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.