京都府での薬剤師求人と生活情報

京都府での薬剤師求人と生活情報

京都府で薬剤師転職を希望するなら、現状を知ることが必要です。
このページでは京都府の薬剤師の需要、年収、県民性、生活情報を解説しています。
おまけとして有名スポットやおいしいグルメも紹介しています。

京都府での薬剤師の働き方と生活

薬剤師の生活

京都府での薬剤師の需要

京都府での薬剤師における需要について、京都では調剤薬局、ドラッグストア、病院、企業と安定して求人があるところが特徴です。

特に京都市に求人が集中している傾向にあり、他の地区に比べて倍以上に求人の数がある様子です。

薬剤師協会でのデータによると京都全体でドラックストアの求人数は1000近く、ドラックストアは100越え、病院での需要が50越え、企業関係は数件となっていました。

企業関係については、やはり近畿圏で大阪がトップであり、企業での就職を希望される方には大阪での就職活動をおすすめします。

京都では、場所によっては一切求人を行っていない所もあるようです。

その為、求人サービスでよく情報をキャッチして活動するようにしましょう。

薬剤師の年収と求人数

京都府の薬剤師の平均年収について、2017年のデータをみると平均年収は506万円となっており、47都道府県のうち25位というランキングになっています。

500万円をギリギリ越えるぐらいの平均年収となっており、近畿圏をみると少し低めとなっています。

特に隣接している大阪、兵庫と比較すると低めです。京都の土地柄や物価の関係が影響しており、若干ではありますが低くなっているとのこと。

京都府内でも京都市、ならびに大坂に近くなっていけばいくほど年収は高くなるそうです。

年収に対し労働時間は2時間ほど短く、働きやすい環境となっていますボーナスは85万円と高めであります。

勤続年数も長めなので、転職を繰り返すのではなく、同じ職場で給料をアップさせていくという人が多くみられるようです。

県民性

あなたが働きたいと感じる京都府は、いったいどのような人たちが生活しているのでしょうか?

あなたの親友になる人や、頼りになる先輩、上司がどのような人たちなのか、男女別に県民性を解説します。

京都府の女性はどんな人?県民性の考察

京都府の女性は、気配り上手な女将さん気質です。

本音と建て前を使い分けるのが上手で、男性に比べて感情を隠すことも得意です。

他人から良く思われたいという気持ちが強く、弱音を吐くことが苦手なので抱え込みやすい性格とも言えるでしょう。

周囲への気遣いのできる人や空気の読める人、聞き上手な人にはこの県がおすすめです。




京都府の男性はどんな人?県民性の考察

京都府の男性は、プライドが高く見栄っ張りなタイプ。

口が上手く裏表があると思われがちですが、実はあまのじゃくで感情表現が苦手なだけという人が多いです。

サプライズなどで意表を突かれると不機嫌になってしまうことも。

客観的な視点に立って物事を見ることができる人や、相手のペースに合わせるのが上手な人にはこの県がおすすめです。

生活

家賃相場

京都府の家賃相場京都府の平均家賃相場は6.4万円です。

家賃相場の高いのは銀閣寺や平安神宮のある京都市左京区で9.4万円となり、城陽市が次に高く8.1万円です。

嵐山はご存知のとおり観光地としてとても有名で自然も多い名所ですが、家賃相場は意外と低く3.9万円です。

おすすめは烏山御池。利便性も良いのに古都の風情も多く、京都駅まで地下鉄で6分ほど。平均家賃相場も6.4万円と、ほど良い感じです。

観光

京都府には観光スポットがたくさんあります。

京都府ならではの観光スポット京都市を中心とするエリアは、ほとんどの地域が神社仏閣などの観光スポットです(清水寺、金閣寺、銀閣寺、祇園、嵐山、大原、伏見稲荷、宇治など)。

桜や紅葉のシーズンの名所も他県に比べものにならないくらい沢山あります。

自然景勝地としては、北部の天橋立も有名です。

グルメ情報

京都府ならではのグルメ京都は様々な食文化が栄えている地域ですが、たとえば湯豆腐、にしんそば、京風ラーメン、お好み焼き、はも料理などが挙げられるでしょう。

宇治茶の産地でもあり、抹茶を活かした甘味処もたくさんあります。





このエントリーをはてなブックマークに追加