女性におすすめ!仕事も家庭も福利厚生も充実の保健所薬剤師

薬剤師アシスタント アヤちゃん 公務員薬剤師の解説

 

薬剤師として、調剤薬局やドラックストア、病院等で活躍されている女性は多いと思います。
専門知識をもとに、人々の健康に役立てる喜びややりがいがありますよね。
また、女性であれば、ライフスタイルの変化によって新しく職場を探すこともあるでしょうが、専門職であるために、他の職業の方に比べると、スムーズに転職できるケースも多いかもしれません。

 

 

薬剤師アシスタント トシくん 公務員薬剤師を解説

 

とはいえ、残業が多かったり、薬剤師が少ないために仕事の比重が重かったりと、職場への悩みが決してゼロとは言えないですよね。
みんな同じこと、と言い聞かせつつも、家庭や自分の時間をもっと大切にできる環境で働きたい…という思いの方に、おすすめしたい職場があります。
それは、保健所です。

 

 

 

公務員薬剤師を解説する 女性薬剤師 香里

保健所と言えば、保健福祉センター、健康福祉センターなど自治体により施設の名称は異なりますが、地域住民の健康や衛生を支える公的機関です。
つまり、保健所で働くということは、公務員になるということです。
「そんなこと考えたこともなかった!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、公務員薬剤師には様々な活躍の場があり、保健所は、家庭と両立したい女性に特におすすめしたい職場です。

 

保健所で働くということは、どういうことなのかを、詳しくご説明していきます。

 

 

保健所で働くメリット

保健所で働く最大のメリットは、公務員としての安定性を享受できることでしょう。
福利厚生が充実しており、長く勤務するほど年収も上がります。

 

初任給が民間企業に比べて低いのがデメリットかもしれませんが、昇給や賞与もあるので、生涯年収は民間企業よりも高くなることが多いでしょう。
また、地方公務員であるため、転勤の可能性は非常に低く、残業も基本的には発生しないので、定時に帰宅することができます。

 

家庭と両立したい方にとって、規則的な生活を送れる環境であることは大きなメリットではないでしょうか。
保健所での薬剤師の仕事は、地域の衛生管理を担うこと全般で、大きく分けると、法律を扱う事務業務と、科学的試験を行う検査業務の2つに分かれますが、非常に多岐にわたります。

 

例えば、地域住人の健康アドバイスや集団検診、献血推進活動に携わることもあれば、水道の衛生検査を行ったり、調剤薬局やクリーニング店などの業務の管理指導や開設許可、監視指導を担当することもあります。

 

 

保健所ではどんな仕事をするの?

業務内容は、配属先によって異なりますが、保健所で働く場合、調剤業務は発生しないので、その経験を役立てることは難しいでしょう。

 

一から新しく仕事を覚える気持ちが大切です。調剤や服薬指導の仕事にこだわりたい方にはマッチしない職場ですが、専門知識を活かして幅広い業務に挑戦してみたい、地域の衛生管理に役立ちたい、という思いのある方には、とてもおすすめです。

 

 

薬剤師アシスタント アヤちゃん 公務員薬剤師の解説

保健所で働くには、クリアしなければならない問題があります。
それは、地方公務員上級試験に合格することです。

 

そして、注意しなければならないのは、公務員試験には年齢制限があることです。
28歳までしか受験できないので、将来少しでも保健所への転職を考えているのなら、公務員試験対策を始めるようにしましょう。

 

 

 

 

というのも、地方公務員になったからといって、保健所へ必ず転職できるわけではないからです。
保健所の薬剤師は定員が少なく、希望する地域に求人がない年もあります。

 

そのため、公務員試験に合格しておいて、求人の発生を待つという根気強さも必要になるかもしれません。

 

 

 

 

薬剤師アシスタントアヤちゃん 喜び 安堵の表情

保健所薬剤師になれば、家庭も両立させながら、薬剤師の専門知識を活かして仕事ができます。
今まで行ってきた調剤や服薬指導とは異なる仕事を覚えることになりますが、幅広い経験を積むことができ、安定性のある環境で働けるのは、とても魅力的ではないでしょうか。

 

地方公務員であるという必須条件があるので、早めの対策が大切です。
しっかり準備して、理想的なキャリアもライフスタイルも手に入れてくださいね。

 

理想の職場に出会える信頼性の高い「薬剤師転職サイトランキング」に無料登録してみる。

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

科学捜査官
科学捜査研究所では、鑑識官から依頼された検体について、法医学や心理学、物理学や化学など様々な分野で科学捜査や識別が行われます。
麻薬Gメン
麻薬取締官の仕事内容は、民間企業で調剤や服薬指導を行っているのとは全く異なりますが、薬剤師の専門知識を活かして、日本社会を薬物から守るという責任ある仕事に携わることができます。
国立病院の薬剤師
多くの国立病院は、高度で専門的な医療を行う急性期病院なので、通常の病院薬剤師では経験できないような症例にも携わることができます。