公務員としての薬剤師って?―安定性と幅広い職種が魅力!

公務員薬剤師 香里 案内

薬剤師として、民間企業で順調にキャリアを積んでこられた方も、ふと「このままでいいのかな…」と考えたことはあるのではないでしょうか。
調剤や服薬指導を通して、人々の健康に役立てる喜びややりがいを感じられる一方で、これまでとは違う薬剤師としての働き方やキャリアに興味があるという方、公務員という道を考えてみませんか。
民間企業との違いや、公務員としての薬剤師の仕事にはどのようなものがあるかなど、具体的にお話していきます。
視野を広げて、ご自身のキャリアを考えるきっかけにご参考ください。

 

 

あなたはどちらの公務員になりたいですか?

民間企業との違いは、第一に安定性と言えるでしょう。
リストラされる心配もなく、お給料も民間企業より高いのが一般的です。

公務員薬剤師の案内をするトシ君

 

民間企業の薬剤師の平均年収が500万円に対して、公務員薬剤師は600万円となっています。
公務員になるには、一次の筆記試験と、二次・三次の面接試験に合格する必要があり、知識や教養だけでなく、公務員としての資質や性格も考慮されます。

 

公務員には、国家公務員と地方公務員の2種類があり、公務員薬剤師として働く場合も、どちらかに属することになります。
高倍率なので狭き門とも言えますが、どちらも福利厚生が非常に充実しているのが魅力でしょう。

 

国家公務員の方がお給料が高く、勤続年数が長いほど高年収となりますが、地方公務員は国家公務員のように全国転勤がなく、県内のみの転勤に限られます。

 

 

国家公務員と地方公務員 どちらを狙うか

国家公務員と地方公務員では、薬剤師として活躍できる場が異なります。

 

国家公務員であれば、国家の薬事行政に携わることになり、たとえば、厚生労働省にて薬事法などの法令作りや薬の管理法案などを担当することになります。
薬剤師といっても、調剤などを行うことはなく、日本の薬事を広く支える文系寄りの仕事になります。

 

地方公務員であれば、国立および県立病院等の医療機関で薬剤師として働くことができます。
その仕事内容は、基本的には通常の病院薬剤師と同じで、医師の処方に沿って調剤や服薬指導になりますが、多くの国立・県立病院は、高度で専門的な医療を行う急性期病院なので、幅広い経験を積むことができるでしょう。

 

薬剤師として、さらなるキャリアを積みたい方にはピッタリと言えるでしょう。
また、保健所で働く薬剤師も多いです。

 

その仕事内容は多岐にわたり、薬事関係だけでなく、食品衛生や環境衛生など多くの部署があります。
市民との距離も近く、地域の役に立っていると実感できる環境だと言えるでしょう。

 

 

公務員試験を受けなくてもできる薬剤師の公務

これまで紹介した職種は、公務員試験の合格が必要不可欠でしたが、必ずしも公務員である必要のない専門職種も存在します。

 

麻薬の取り締まりを行う専門職である麻薬取締官は、厚生労働省に所属する国家公務員ですが、公務員試験はなく、麻薬取締官の採用試験を受けることが必要です。

 

また、ドラマで有名な科学捜査官も、公務員試験に合格した薬剤師が科学捜査研究所に配属されることもあれば、転職エージェントを通じて求人募集を行うこともあるので、公務員でなければ挑戦できない仕事ではありません。

 

公務員薬剤師には、民間企業にはない活躍の場もあり、貴重な経験を積むことができます。

 

その仕事内容は、「管理・監督」という性質が強く、今まで行ってきた業務とは大きく異なることが多いでしょう。

 

あなたがこれからやっていきたいのは、調剤や服薬指導でしょうか?
それとも、地域の方が安全に暮らすための衛生管理でしょうか?

 

公務員薬剤師への案内

 

どちらにも薬剤師の力が必要です。
公務員薬剤師という働き方は、あなたのキャリアも可能性も、きっと広げてくれることでしょう。
これを機会に、薬剤師として、今後どんな風にキャリアを積み、世の中に貢献していきたいかを考えてみてはいかがでしょうか。

 

理想の職場に出会える信頼性の高い「薬剤師転職サイトランキング」に無料登録してみる。

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

公務員としての薬剤師って?―安定性と幅広い職種が魅力!記事一覧

調剤や服薬指導を通じて、人々の健康に貢献できる薬剤師。その仕事にやりがいや喜びを感じている方も多いでしょうが、薬剤の専門知識を活かして、キャリアを広げてみたいと思ったことはありませんか?薬剤師には、民間で働くだけでなく、公務員として働く方法もあります。公務員薬剤師には、様々な職種があり、民間企業では経験できないような仕事に携わることもできます。その中でも、特に人気の「科学捜査官」という仕事について...

薬剤師としてこれからのキャリアや生活水準の向上を考えた時に、安定性とやりがいの両方を大切にしたい、という方は多いのではないでしょうか。専門職である薬剤師は、常に求人も多く売り手市場だと思われがちですが、民間企業に勤務している以上、リストラなどの可能性がないとは言えません。また、福利厚生が充実していることにも越したことはないでしょう。そんな方におすすめしたいのが、公務員薬剤師という働き方です。公務員...

薬剤師として、調剤薬局やドラックストア、病院等で活躍されている女性は多いと思います。専門知識をもとに、人々の健康に役立てる喜びややりがいがありますよね。また、女性であれば、ライフスタイルの変化によって新しく職場を探すこともあるでしょうが、専門職であるために、他の職業の方に比べると、スムーズに転職できるケースも多いかもしれません。とはいえ、残業が多かったり、薬剤師が少ないために仕事の比重が重かったり...

薬剤師の皆さん、今の働き方や職場にどれくらい満足されていますか?専門職である薬剤師は、求人も豊富なので、よりよい環境を求めて転職を考えたり、実際に行動に移されたりする方も多いと思います。それでも、なかなか思うような職場に出合えなかったり、仕事のやりがいを感じにくかったりする方もいらっしゃるでしょう。そんな方におすすめしたいのは、公務員薬剤師として働くことです。公務員薬剤師と言えば、科学捜査官や麻薬...