鹿児島県での薬剤師転職と生活情報

鹿児島県での薬剤師転職と生活情報

鹿児島県で薬剤師転職を希望するなら、現状を知ることが必要です。
このページでは鹿児島県の薬剤師の需要、年収、県民性、生活情報を解説しています。
おまけとして有名スポットやおいしいグルメも紹介しています。

鹿児島県での薬剤師の働き方と生活

鹿児島県薬剤師の生活

鹿児島県での薬剤師の需要

鹿児島県の医療計画書の調べからみますと、薬剤師の数は増えていて、医薬分業を進めてきて今後、在宅医療への参画など、これからもっと役割が求められます。

地元の薬学生の実務実習の受入れをしていくことや、地元での就職を募集していて、人材の確保に努力しています。また、鹿児島県内の調剤薬局、ドラッグストア、病院の数は鹿児島市が一番多く、調剤薬局が123、ドラッグストアは1、病院は20です。

ドラッグストアに関しては、霧島市、日置市に一件ずつあるのみで鹿児島県内にはひとんどありません。

求人に関しても鹿児島市での募集の数が多いと思います。また、 出水市・奄美市は人口に対して調剤薬局の数が極めて少なくなっています。

薬剤師の年収と求人数

鹿児島県の薬剤師の平均年収について、2017年のデータによると鹿児島県の平均年収は487万円となっており、全国47都道府県の中では32位となっております。

500万円に若干とどかなかったにせよ、そこそこの年収はもらえるとのこと。ただ、ボーナスが66万円となっており少し少なめな印象です。鹿児島県内の薬剤師の求人の動向としては増加傾向にあるようです。

熊本の復興需要の関係で隣接している鹿児島も恩恵をもらっているらしく、また医学や薬学の発展が影響しているようです。

年収の上昇は期待できるのでとくに在宅医療が注目されており、これから鹿児島県に暮らす人は是非求人情報をチェックするようにして下さい。おすすめの仕事エリアは鹿児島市となっています。

県民性

あなたが働きたいと感じる鹿児島県は、いったいどのような人たちが生活しているのでしょうか?

あなたの親友になる人や、頼りになる先輩、上司がどのような人たちなのか、男女別に県民性を解説します。

鹿児島県の女性はどんな人?県民性の考察

鹿児島県の女性は、とても真面目で素直という性格の女性がとても多いです。更に男性をサポートできるように内助の功をしてくれるため、男性にとって素敵なパートナーになります。

それに加えて柔軟性も持ち合わせているので、鹿児島県男性よりも臨機応変に対応できるのが特徴です。どちらかというと大人しい女性が多いので、自ら意見を言ったり、行動で引っ張ってくれる方と相性が良いです。




鹿児島県の男性はどんな人?県民性の考察

鹿児島県の男性は、豪快で陽気な性格の方が多く、上下関係を重視する傾向が強いです。

また好奇心や行動力も他の県民男性よりあるので、興味や関心を持った時は、考えるよりも身体が先に動く男性が多くなっています。

そこでさっぱりとした人間関係を築きたい方や細かいことをあまり気にしない方に鹿児島県の男性にとても向いています。

鹿児島県の生活

家賃相場

鹿児島県の家賃相場鹿児島県全体では、3万円前半~4万円前半が平均的な家賃相場です。特に家賃が高いエリアは鹿児島市で4万円前半~となっています。

観光

鹿児島県には観光スポットがたくさんあります。

鹿児島県ならではの観光スポット鹿児島のシンボルといえば桜島でしょう。また、霧島温泉や指宿温泉といった名湯が県内各所にあります。少し時間はかかりますが、世界遺産の屋久島では山・海の美しい自然と景色が眺められます。

グルメ情報

鹿児島県ならではのグルメ黒豚を使った料理がおいしいです。しゃぶしゃぶや黒豚カレーなど、黒豚にちなんだグルメが豊富です。海産物も豊かなので、かんぱち丼や太刀魚、さつま揚げなど刺身や加工品の美味しいグルメが揃っています。

スイーツでは「しろくま」(かき氷)が有名です。






九州エリアの関連情報

福岡県での薬剤師求人と生活情報

福岡県の薬剤師数は医療計画書調べからみてみると、人口10万人当たりでみると、208人となり、全国平均の215.9人という人数を下回っています。また、医薬分業率は全国平均を大きく上回っている状態です。薬剤師は毎年増加傾向ですが、薬局に…

大分県での薬剤師求人と生活情報

大分県の医療計画書の調べによりますと、1,718人います。人口10万人あたりでみますと143.6人で、全国平均の154.3人より下回っています。 調剤薬局、ドラッグストア、病院は大分市が一番多く、調剤薬局は…

佐賀県での薬剤師求人と生活情報

佐賀県は医療計画書の調べからみてみると、1,770人います。全国平均と比べてみると大幅に下回っている状態です。人口10万人当たりだと208.3人となり、全国平均の215.9人に比べると少ない人数です。また、医薬分業率は…

長崎県での薬剤師求人と生活情報

長崎県の医療計画書によりますと、県内の医療施設で働いている薬剤師は2,176人で毎年増加しています。特に薬局で働く人が増えています。調剤薬局は長崎市が65、佐世保市が56と二つの市が薬局が多い地域になっています。ドラッグストアは 南…

熊本県での薬剤師求人と生活情報

熊本県の薬剤師の平均年収は、約514万円になります。日本全国の中では31番目に収入が高い県ですが、薬剤師の求人数は約530件前後です。熊本県はドラッグストアの求人の数は比較的少ない方です。調剤併設のドラッグストアの求人数は25…

宮崎県での薬剤師求人と生活情報

宮崎県内の薬剤師の数は、医療計画書の調べによりますと、1,904人となっています。また、人口10万あたりでみると、167.7人となっており、少しずつ増加傾向にあるものの全国平均の215.9人を下…



このエントリーをはてなブックマークに追加