石川県での薬剤師求人と生活情報

石川県での薬剤師求人と生活情報

石川県で薬剤師転職を希望するなら、現状を知ることが必要です。
このページでは石川県の薬剤師の需要、年収、県民性、生活情報を解説しています。
おまけとして有名スポットやおいしいグルメも紹介しています。

石川県での薬剤師の働き方と生活

薬剤師の生活

石川県での薬剤師の需要

石川県の薬剤師の需要について、石川では金沢市に需要が集中しているようです。

金沢市以外では、白山市、小松市、加賀市と続きますが、金沢市が圧倒的に求人数が多いです。

他の北陸の都道府県と比較すると石川県は求人数は多いようです。

石川県の全体の需要について、薬剤師協会の情報によると調剤薬局が150以上、ドラックストアは10数件、病院関係が20ほど、企業関係が数件となっています。

ドラッグストアについて、金沢市が半分以上を占めているので、ドラックストアで勤めたい場合は、金沢市の求人情報をチェックしてみて下さい。

病院関係も金沢市に集中しています。調剤薬局は他の市などでも求人数があるので、薬剤師転職サイトの求人情報をしっかりチェックしてみましょう。

薬剤師の年収と求人数

石川県の薬剤師の平均年収について、2017年のデータによると平均年収は492万円となっており、47都道府県のうち30位となっています。

全国的にみると500万円を切りすこし安いイメージのある石川県の給料状況。

薬剤師の勤務状況によると勤続年数は10年となっており、比較的長めであるといえます。それゆえ、給料よりも働きやすい職場を優先する傾向にあるようです。

平均年齢も40歳オーバーしており、すこし年齢層も上です。

ドラッグストアや企業務めよりも調剤薬局や在宅での勤務が多いようで、それゆえ年収が低くなりがちだそうです。

ボーナスは100万オーバーとなっており、全国的にも高額となっており、ここに魅力を感じる方もおられるのではないでしょうか。

県民性

あなたが働きたいと感じる石川県は、いったいどのような人たちが生活しているのでしょうか?

あなたの親友になる人や、頼りになる先輩、上司がどのような人たちなのか、男女別に県民性を解説します。

石川県の女性はどんな人?県民性の考察

石川県の女性は、マイペースで真面目な方が多いという特徴があります。ですので、女性の友達を作りたいという場合には、あまり深く入り込んでいくというよりも、しっかりと距離を保ちながら、付き合っていくということをおすすめします。

ノリが悪いということではないですが、ある程度マイペースなところは、受け入れてあげなければなりません。




石川県の男性はどんな人?県民性の考察

石川県の男性の特徴としては、優しい男性が多いという特徴があります。 包容力がありまが、ただ、プライドも高いという特徴もあります。

ですので女性としては、甘え上手であるような方は石川県の男性の性格にぴったりではないかと思います。

また、石川県の男性は大人しい方が多いですので、男性からのアプローチを待つよりも、自分から誘っていくことも大切です。

生活

石川県の家賃相場

「家賃相場」どこの地区もワンルームで4万円前後が相場です。

1DK〜2DKの平均家賃が5.5万円〜6.3万円で、このランクの物件数が一番多いようです。

これは石川県に限った話ではありませんが、防犯のことも考えると女性の一人暮らしの場合は2階以上の物件を選ぶようにしましょうね。

観光

七尾湾に面した和倉温泉が有名です。北陸で唯一、海に面した温泉で美しい景観を眺めながら入ることができます。

その他には日本三名園の一つでもある兼六園があります。

海外の観光客からも人気で四季折々の景観を楽しめます。海に面した県ということもあり、のとじま水族館もあります。

珍しいジンベエザメがいるほか、イルカやアシカショーが楽しめます。

グルメ情報

様々な海鮮丼の中で特に有名なのが能登丼です。

能登産にこだわった新鮮な食材を使用したオリジナル丼ぶり。その他にはソースのかかったカツに付け合わせのキャベツがのった金沢カレーや高級魚で知られる、のどぐろも有名です。

のどぐろは提供されるお店で様々な食べ方ができ刺身や寿司、煮物や焼き魚とあらゆる調理法で頂くことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加