面接の基本的なコツとマナーの大切さ 本当のあなたが誤解されないために

 

コミュニケーション能力

薬剤師は、持っている薬剤の知識はもちろん、コミュニケーション能力が高く評価されます。
そのため、面接の際にしっかりとコミュニケーションが出来ないと、印象は悪くなってしまうでしょう。

 

他の職業でもそうですが、社会人としての常識やマナーを知っており、人柄が良いかを重視する傾向があります。
これは、どんなに高いスキルを持っていても、コミュニケーション能力が低い人材はチームワークを乱すと判断されてしまいます。

 

新薬開発などの研究職の場合はスキルが重視されるでしょうが、ドラッグストア等での勤務ならチームワークは必須です。

 

面接は、第一印象から大切にして行かなければなりません。

 

 

 

 

身だしなみ

面接なので当然ですが、身だしなみをしっかりと整え、
身だしなみ
なるべく明るい表情を心掛けましょう。

 

もっとも無難なのが紺のリクルートスーツですね。

 

女性の場合は、お化粧もナチュラルなものが良いですよ。
男性の場合、豪華な腕時計は避けた方が良いでしょう。

 

 

 

 

面接のマナー

新卒の就職と違い、転職の面接のマナーはできているのが当たり前です。
転職者はすでに社会人経験があるため、面接官も受験者のマナー違反は厳しくチェックします。
「あなたは今まで何を学んで来たのですか?」と、マイナスな印象を与えないように、基本的なマナーは自然に振舞えるよう普段から気を付けておきましょう。

 

 

 

質問対策

面接で聞かれるであろう質問の対策も準備しておくのを忘れてはいけません。
自己PRや今までの職務経歴、志望理由などを聞かれるでしょう。
面接前に自身の職務経歴書を作成し、その内容をしっかり覚えておくことで、質問に対しての緊張はかなり緩和できると思います。

 

質問の返答も大切なのですが、それを答える時の言動も注目されているので覚えておいてください。
返答する時に嫌そうな顔を見せたり、めんどくさがるような態度はご法度です。

 

 

 

 

転職理由や退職理由

そして、重要なのが転職理由退職理由です。

 

結婚や出産などのやむを得ない理由で退職していた場合は、特に隠さず、すべて話す方が良いでしょう。

 

女性薬剤師_NG

薬剤師としてのブランクがあっても、就職に不利になることは少ないはずです。

 

職場を変える転職の場合は、理由をよく考えて話しましょう。
病院薬剤師を目指す方の志望動機はこちら

 

まず、嘘を言うのは止めておいた方が無難です。

 

面接官は、何百人も面接してきています。
下手な嘘はすぐに見破られますし、無難な返答は聞き飽きています。
時には素直に転職理由を話す方が良い結果を生むこともあるでしょう。

 

ですが、前の職場の悪口は控える方が良いです。

 

残業でプライベートが無いのが不満なら、家でスキルアップの勉強が出来るようになりたいと前向きな理由を言ってみましょう。
同じ不満でも、なるべく嘘を言わずにポジティブに言うのが面接のコツです。

 

>>任せて安心!信頼の薬剤師転職サイトランキング

 

面接の準備が出来たら狙っている就職先が優良会社かどうか調べてみましょう

 

何を持って優良とするかは人それぞれですが、長く続き、安定した成長をしている会社は優良と見て良いです。
離職率も重要になりますが、明確な数字を見るのは困難です。

 

PC

ですが、今は便利な世の中で、転職サイトに評判が載っていることも多々あります。
事前に調べて見極められるようにしておきましょう。

 

基本的には、ネットの評判を見たり、会社の成長度を見て判断するしかありません。
面接まで行ったなら、職場の雰囲気を見ておくのも良いでしょう。時には、優良企業を探すのではなく、自分が優良企業にすると言う気概を持つのも大切です。

 

 

薬剤師転職サイトランキング バナー 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加