大手保険薬局は異なる事業を複数展開している場合が多いようです。

保険薬局の市場動向とランキングを総まとめ!傾向を押さえて手堅く転職

保険薬局ランキングでは、調剤薬局専門系とドラッグストア系の2つのランキングを紹介しています。どちらも大手の成長が著しくて、処方箋以外にスマホアプリや宅配サービス、ドラッグストアの品ぞろえなどのサービスが好評です。

保険薬局ランキング

保険調剤薬局の人気ランキングをご紹介!

2017年度版の保険薬局ランキングは以下の通りです。

1位:アインホールディングス

主要店舗:アイン薬局、今川薬局、アインズなど

2位:日本調剤株式会社

主要店舗:日本調剤

3位:クラフト株式会社

主要店舗:さくら薬局

4位:クオール株式会社

主要店舗:クオール薬局

5位:スズケン株式会社

主要店舗:スズケン、ナカノ薬局、ファーコス、エスマイル

6位:総合メディカル株式会社

主要店舗:そうごう薬局

7位:東邦ホールディングス

主要店舗:ファーマみらい、共創未来

8位:メディカルシステムネットワーク株式会社

主要店舗:なの花薬局

9位:阪神調剤ホールディングス

主要店舗:阪神調剤薬局

10位:株式会社アイセイ薬局

主要店舗:アイセイ薬局

大手保険薬局では、卸売や治験、保険薬局系とは全く異なる事業など複数の事業を行っていることが多いです。
日本調剤、アイン薬局など全国展開している所もある一方でランキング上位に入るような所でも、特定のエリア限定の地域密着型サービスを行っている所が多数あります。

大手保険薬局系になると、管理職など現場以外の仕事への道を目指しながら、遠方への転勤リスクが低い会社もあります。
全国展開している大手でも、一般的な薬剤師は地域社員として転居を伴う転勤なしの条件で働いている方が多いです。

大手の成長で見える保険薬局の市場動向

調剤薬局は受け取れる調剤報酬が決まっていて、近隣の病院が扱う薬の在庫を持っていれば、どこを利用しても大差はありません。
料金やサービス品質に変化が出ないことから、大手よりも個人経営や中小企業の保険薬局が多かったですが、ここ数年は大手が買収を繰り返しながら成長するケースが増えています。

大手ではネット集客など広告を一括で行える効率性のメリットもありますが、それは今に始まったことではありません。
最近はIT技術や外部業者との提携サービスで調剤薬局が進化しています。
最大手のアインホールディングスの場合は、お薬手帳アプリを開発してスマホがあればお薬手帳を持ち運ぶ必要なしで管理できるようになりました。

メディカルシステムネットワークは、日本郵政と提携して処方箋をゆうパックで届けるサービスを開始しました。
こうした大手ならではのサービスで小さな薬局との差別化を図り、大手のシェアは伸びていきます。
ネットやスマホを活用し、外部業者と提携したサービスは資金力や拠点の多い大手の方が有利です。
この先も買収を含めた大手の成長は続いていく見込みで、患者もサービスを比較して保険薬局を選ぶように時代が変化していく見込みです。

ドラッグストアランキング

大手ドラッグストアでも、調剤薬局の窓口を併設している所が増えています。
ドラッグストアは店舗数も拡大傾向で、医療ビルやクリニックも入ったショッピングモールで調剤薬局事業が好調な店舗も多数あります。
2018年版のドラッグストア売上ランキングは以下の通りです。

1位:ウエルシアホールディングス

主要店舗:ウエルシア薬局・ シミズ薬品、ハックドラッグ

2位:ツルハホールディングス

主要店舗:ツルハ、くすりの福太郎、レデイ薬局、杏林堂薬局

3位:コスモス薬品

主要店舗:コスモス薬局

4位:マツモトキヨシホールディングス

主要店舗:マツモトキヨシ、赤野薬局
マツモトキヨシ・ ぱぱす・ マツモトキヨシ東日本販売・ マツモトキヨシ甲信越販売・ マツモトキヨシ中四国販売・ マツモトキヨシ九州販売・ マツモトキヨシファーマシーズ・ 示野薬局

5位:スギホールディングス

主要店舗:スギ薬局

6位:サンドラッグ

主要店舗:サンドラッグ

7位:ココカラファイン

主要店舗:ココカラファイン、東邦調剤、古志薬局

8位:カワチ薬品

主要店舗:カワチ

9位:クリエイトSDホールディングス

主要店舗:クリエイト

10位:クスリのアオキホールディングス

主要店舗:クスリのアオキ

ドラッグストアは2016年までマツモトキヨシが1位でした。
ウエルシアは業界の中でも成長率が著しくて、調剤薬局としての需要も考慮した出店を進めたこととハックドラッグを買収したことも影響しています。
当然、ドラッグストアでは処方箋以外の物でも集客できるかが重要なポイントになります。
ランキング上位3社は全て前年比で2桁成長をしていて、ランキングトップ10に入る業者も全て前年比でプラスです。
薬剤師はバイトや地域社員としての採用も多く、夜遅くまで営業しているデメリットもありますが、成長著しく将来性の高い業界です。

転職サイトランキングにGO!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2018薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.