兵庫県での薬剤師求人と生活情報

兵庫県での薬剤師求人と生活情報

兵庫県で薬剤師転職を希望するなら、現状を知ることが必要です。
このページでは兵庫県の薬剤師の需要、年収、県民性、生活情報を解説しています。
おまけとして有名スポットやおいしいグルメも紹介しています。

兵庫県での薬剤師の働き方と生活

薬剤師の生活

兵庫県での薬剤師の需要

兵庫県における薬剤師の需要について、兵庫県の場合幅広い求人があります。

一番集中している求人といえば神戸市です。

兵庫県の薬剤師協会が集計したデータによると神戸市では、調剤薬局数が200を越え、ドラッグストアも数店舗、病院は50以上となっています。

続いて多いのは姫路市です。姫路市は50を超える調剤薬局数であり、大きな病院も10ほどあります。

他に、西宮市、尼崎市、芦屋市、明石市などがつづく形となっていいます。

都会で働く場合それなりに薬剤師の数が集中していますので、もし神戸市で働きたい場合は注意が必要です。

隣接している関西の都道府県と比べ企業に勤められる可能性が低いと言うところもポイントです。

神戸市や尼崎市などで求人の情報あありますが、やはり大阪が多いようです。

薬剤師の年収と求人数

兵庫県の薬剤師の平均年収について、地域によっても年収が変わるそうですが、全体的な平均は約520万円です.

兵庫県でも需要が高いとされる南の方が年収が高い方が多いようです。

現在兵庫県は薬剤師不足が懸念されており、過疎地域が非常に需要が高い様子です。

薬局の勤務体系にもよりますが、過疎地域で有れば560万円から600万円以上のところもあるようです。

また、他県と比べて比較的病院数が多いとされている兵庫県では700万円以上の年収が狙える場所もあるといいます。

働きやすさなども影響するので求人情報を確りチェックすることは必須です。

兵庫県の薬剤師専門の求人情報サイトもあるようなので、そこで一度年収などの情報をチェックしてみることをおすすめします。

県民性

あなたが働きたいと感じる兵庫県は、いったいどのような人たちが生活しているのでしょうか?

あなたの親友になる人や、頼りになる先輩、上司がどのような人たちなのか、男女別に県民性を解説します。

兵庫県の女性はどんな人?県民性の考察

女の人は、全体的にお洒落な人が多いようですね。

見栄はりな人も多いようで負けず嫌いな一面もあります。本心をそのまま口にしてしまう人もいますが、親切で働きものが多いようです。

あまり愛想が良いタイプではないのですが、それは仲間を大事にする気持ちの裏返しでもあります。

少し馴染むのに時間は必要ですが、一度仲良しになるとあなたのことを大事にしてくれるので、根気強く付き合っていくのが仲良くなるコツです。


兵庫県の男性はどんな人?県民性の考察

兵庫県の男性は2種類のタイプに分かれるようです。

まず1つ目のタイプは紳士的というか、さり気なく優しい。そしてオシャレで小綺麗で大人しくエリートな人です。

2つ目のタイプは兵庫の西の方は、播州と言われる場所で、お祭り男が多く悪く言えば、若干がらが悪い印象です。

声は大きいし言葉使いも喧嘩してる?と勘違いするかも知れませんが、そんな雰囲気とは裏腹に、とても人情的に熱く仲間になると面倒見抜群な方が多いようですよ。

生活

家賃相場

兵庫県の家賃相場は約7.1万円です。

一番高額なのが、神戸市東灘区で14.2万円、次に芦屋市の11.3万円と続きます。

一人暮らし用の1Rや1DKで家賃相場を見てみますと、高額なのが芦屋市の7.7万円で、次が神戸市兵庫区の7.5万円と続きます。

同じく一人暮らし物件での最安値ですが、西脇市の3.8万円。次に神戸市北区の4.9万円と続きます。

最安値の西脇市ですが、特に治安が悪くて安いというわけではなく、単に田舎町という雰囲気で、人口も少ない土地だから、という理由です。

電車やバスの本数が少なく、移動手段は自転車を使う方が多いようですね。

東灘区は神戸市で2番めに治安が良く、犯罪率も1.34%です。

東京都千代田区の犯罪率が9.1%ですから、東灘区はとても安全なようですね。

高級住宅地で有名な芦屋市も東灘区と同様で1.34%ですので、家賃は高めですが一人暮らしの女性にはおすすめですね。

観光

兵庫県には観光スポットがたくさんあります。

兵庫県ならではの観光スポットは『メリケンパーク』です。

メリケン波止場と中突堤間を埋め立てた公園で、昼間は家族連れもよく訪れる場所ですが、夜はライトアップされたとても美しい夜景を見ることができます。

デートスポットとしても有名でクリスマス等のイベントの時は多くの人で賑わっています。

グルメ情報

兵庫県ならではのグルメは『老祥記』というお店が有名です。

南京町へ行ったときは食べた方がよいといわれている豚まんで、いつも行列ができています。

値段も90円とお手頃です。(3つから購入できます)南京町では食べ歩きながら楽しむかたが多いので、豚まん片手にいろんなお店をめぐってみてはいかがでしょうか。

転職サイトランキングにGO!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2019薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.