岐阜県での薬剤師求人と生活情報

岐阜県での薬剤師求人と生活情報

岐阜県で薬剤師転職を希望するなら、現状を知ることが必要です。
このページでは岐阜県の薬剤師の需要、年収、県民性、生活情報を解説しています。
おまけとして有名スポットやおいしいグルメも紹介しています。

岐阜県での薬剤師の働き方と生活

薬剤師の生活

岐阜県での薬剤師の需要

岐阜県の医療計画書によりますと、岐阜県の薬剤師の数は2.891人と増加しています。 しかし、人口10万人あたりの数では135.5人となり、全国平均でみると下回る状態です。 このことにより、薬剤師が不足していることがわかります。これらのも薬剤師が必要になってくるようになります。

また岐阜県内の調剤薬局、ドラッグストア、病院の数は、調剤薬局は260、ドラッグストアは10、病院は22です。

その全てが岐阜市内に集中していて、調剤薬局は71、ドラッグストアは3ですが岐阜県内にはあまり数がありません。

そして病院は15存在しています。 可児市・関市は人口に対して調剤薬局の数が不足しています。

求人としては、医療分業などにより増えることもあるかとは思いますが、地方の方には一人薬剤師で常態化といった事態が起きているので、地方でも薬剤師が求められてくると思います。

薬剤師の年収と求人数

岐阜県における薬剤師の平均年収は、約531万円前後になっていて、日本全国の中では23番目に高い県です。

岐阜県の薬剤師求人の件数は1,350件前後ですが、調剤薬局の求人数は約1,100件前後になります。

病院勤務は30件前後であり、他県よりは病院の案件が比較的多いです。

岐阜県の場合、OTCのみのドラッグストアの薬剤師求人の件数は非常に少なく、約25件前後になります。

それに対して調剤併設の薬剤師求人は220件前後なのです。ですから岐阜県は、薬局と調剤併設のドラッグストアの求人が大多数を占めています。

また岐阜県の場合は、大多数の求人は岐阜市に固まっていて、410件前後になります。

また各務原市も比較的多く、110件前後になります。

県民性

あなたが働きたいと感じる岐阜県は、いったいどのような人たちが生活しているのでしょうか?

あなたの親友になる人や、頼りになる先輩、上司がどのような人たちなのか、男女別に県民性を解説します。

岐阜県の女性はどんな人?県民性の考察

岐阜県の女性の特徴についてですが、真面目で、どちらかといえば地味であるという特徴はあります。

岐阜県の女性と友達になりたいという場合には、こちらから、声をかけてあげて、リードしてあげることが大切になってくると思います。




岐阜県の男性はどんな人?県民性の考察

岐阜県の男性の特徴としては、保守的で真面目で堅実であるということです。ですので、岐阜県の男性は、仲の良いグループの中で集まることが好きですので、外部にあまり興味のないという場合が多いです。

岐阜県の男性と仕事や恋愛、結婚を考える場合は、時間をかけて、男性と仲良くなり、恋愛に発展させるということになりますが、一度恋愛関係になったら、しっかりと大切にしてもらえることが多いと言えます。

生活

岐阜県の家賃相場

岐阜県全体の家賃相場は、3万円台前半~4万円台半ばです。

特に高いエリアは飛騨市・多治見市・恵那市・瑞穂市・岐阜市(4万円台前半~4万円台後半)です。それ以外の地域はおおむね3万円台が平均的な家賃相場となっています。

観光

岐阜県には観光スポットがたくさんあります。

白川郷の合掌造りは世界遺産に登録されています。

高山市三町伝統的建造物群保存地区をはじめ、高山陣屋や飛騨民俗村は江戸時代の風情を楽しめる観光スポットです。

新穂高ロープウェイや下呂温泉、飛騨大鍾乳洞では、自然や温泉を満喫できます。

グルメ情報

朴葉味噌焼き、朴葉寿司、飛騨高山ラーメン、飛騨そば、トマト丼、中津川とりトマ丼、鶏ちゃん焼き、へぼ料理、ぼたん鍋、各務原キムチ鍋、奥美濃カレー、天ぷら中華、などが有名です。

また、飛騨牛の料理や鮎料理、ふぐ料理、赤かぶ漬け、スイーツでは五平餅、栗きんとんがご当地グルメとして人気です。

このエントリーをはてなブックマークに追加