薬剤師が活躍する4つの職場で必要な英語力とその学習法をシチュエーション別に解説

薬剤師 外国人

病院や薬局には日本人だけでなく外国人も訪れるため、薬剤師として英語での対応が必要な場面もあります。完璧な英会話でなくとも、薬や処方箋に関する簡単な対応フレーズを覚えておくと良いでしょう。

この記事では、薬剤師の職場ごとに必要な英語力や簡単にできる学習法を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

薬剤師に必要な英語力を4つの職場別に解説

薬剤師が活躍する職場はさまざまあります。それぞれの職場で必要になってくる英語力は変わってきますので、ご自身が薬剤師としてどのような職場で働いているか、働きたいかにあわせて確認しましょう。

1. ドラッグストアでは英語で簡単な商品説明ができればOK!

ドラッグストアでは市販薬だけでなく、歯ブラシや石鹸、食品や飲み物など幅広い商品を扱っているため、英語で簡単な商品説明ができると便利です。

日本に住む外国人だけでなく、最近は外国人観光客が来店することも多いため、英語での日常会話や接客ができると職場で重宝されるでしょう。

2. 調剤薬局では処方箋のポイントを英語で説明できるのが大切

調剤薬局には、病院で発行される処方箋を持った患者が訪れます。外国人患者の場合、急な病気で辛いうえに、薬の内容や飲み方がわからなければ、さらに不安を感じるでしょう。

薬剤師として、薬のことを英語で丁寧に説明できれば患者も安心できます。難しい情報には英語の注意書きを準備したり、飲み方に関する説明は簡単なフレーズとして覚えたりしておくと良いですね。

3. 病院の薬剤師には窓口で正確に情報提供できる英語力が必要

病院の薬剤師は、処方箋に基づく調剤や窓口における薬の説明などを行います。調剤薬局と同様に外国人が来院することも多いため、英語での正しい情報提供や相談対応が重要です。

一般の病院では英語を話せるスタッフが少ないのが現状のため、英語力があれば、窓口対応だけでなく英語の専門書を読む場合などにも活躍できるでしょう。

4. 製薬会社はTOEICの点数基準を設けるなど最も高い英語力が必要とされる!

製薬会社では、医薬品の輸出入や外国語論文の研究など、多くの場面で難易度の高い英語と関わります。TOEICの点数を採用基準としている企業や、社内公用語が英語という外資系企業もあります。

薬剤師が活躍する職場のなかで、最も高い英語力が必要と言えるでしょう。

研究職においては論文を読み解く文法力や語彙力、営業職においては会話力など、職種によって必要な力は異なりますが、いずれにしても高い英語力が求められます。

職場によって求められる英語力は違うのですね。自分の行きたい職場に合わせて少しずつ勉強しておきましょう

次の章では、忙しい人でも簡単にできる英語の学習法を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください

薬剤師におすすめな3つの英語学習法

薬剤師 英会話スクール

薬剤師は比較的規則正しい勤務体系です。それでも、仕事の合間をぬって英語の勉強をするのは大変ですよね。そんな薬剤師の方におすすめしたい3つの英語学習法があります。

1. 英会話スクールなら短期間で上達できる

実践的な英会話をマスターしたい場合は、英会話スクールがおすすめです。当然ですが、実際に英語を話す場に身を置く方が短期間で上達できます。

ネイティブ講師がいるスクールであれば外国人との会話にも慣れるため、職場でも戸惑うことなく対応できるでしょう。

2. オンライン英会話は時間がない人におすすめ

近年はインターネットを使ったオンライン英会話教室も普及しています。自宅にいながら時間を選んで会話できるため、忙しいスケジュールでもしっかり勉強できます。

ネイティブ講師と話せるオンライン英会話もあるため、やる気次第で十分上達できます。受講料はスクールと比較して安いのが一般的なため、お財布にもやさしいですね。

3. 独学が得意な人は英会話教材での勉強もOK!

自分で勉強するのが得意な人には英会話教材もおすすめです。教科書タイプのものだけなく、ドラマや映画を題材にしたものや、通勤時間に音楽のように聴くタイプのものもありますので、好みに合わせて選びましょう。

職場に必要なフレーズを少しずつ覚えていこう!

薬剤師に英語力が求められているとは言え、いきなりマスターするのは難しいものです。
自分の職場や転職先の状況に合わせて、身近なフレーズから少しずつ覚えていきましょう。ご紹介した学習方法もぜひ取り入れてみてください。

関連ページ

病院薬剤師

医薬品の管理や事故防止、院内感染対策などを行うほか、医師へのサポートとして、薬物療法に関するアドバイスを行うこともあります。

調剤薬局への転職

調剤薬局の薬剤師は身近な医療相談家として患者さんから生の情報を聞き出すことで、医師とタッグを組んで最善の治療を行う重要な役割を担っています。

製薬会社の仕事

製薬会社には「医薬品を研究開発し申請し承認を得て製造販売し適正使用に役立つ情報を医薬関係者に提供する」という流れにそったさまざまな仕事があります。

MR 医薬情報担当者

MRは、自社の取り扱う医薬品を医師や薬剤師などの医療従事者に選んでもらうことで、企業の売上に貢献する営業職であるだけでなく、医薬品の情報提供を通じて患者さんの健康に貢献することもできます。

小児薬物療法認定薬剤師

小児医療を安全に確実に提供するために小児科医をサポートし、子供達やお母さん達が安心して薬を飲めるようアドバイザーとしても活躍する、小児薬物療法認定薬剤師のお仕事を紹介します。

管理薬剤師

管理薬剤師が必要とされる場所は一言で言うと、薬に関わる全での場所です。医薬品の取扱いや製造・販売を行う場所には、必ず1人管理薬剤師を置かなくてはならない、と薬事法で決められているからです。

新薬を開発する仕事

自分が開発した医薬品を世の中に送り出せ、その薬でたくさんの人を救うことができる。これが臨床開発職で働く人のやりがいとなっています。

臨床薬剤師

臨床薬剤師は、医療現場や患者さんと深くかかわりながら、薬剤治療をリードしていく存在です。医師から委任を受けて処方箋を作成することもあり、医療チームになくてはならない存在となっています。

学校薬剤師とは?

あなたは学校薬剤師というのをご存じですか?薬剤師の活躍できる職場は病院やドラッグストア、製薬会社だけではないのです。

在宅起業・フリーランス

薬剤師の資格を使用し、他の職業ではなかなかできない形の在宅起業、在宅ワークが可能です。

空港薬剤師とは?

薬剤師の職場は、薬局や病院に限りません。実は空港も、薬剤師の職場だということをご存じですか?そんなことは知らなかったという方にも、以前から興味があったという方にも、知っておいて損はない、薬剤師が空港で活躍できる情報をお届けします。

アメリカで薬剤師ワーク

薬剤師の地位は、日本よりも海外のほうが高く評価されています。日本と欧米諸国では、薬剤師事情が異なりますが、今回はアメリカを例にご紹介していきます。

テクニシャン制度

「調剤技師」とも呼ばれるテクニシャンが、薬剤師の周辺業務を一手に担うことで、薬剤師が本来の業務に集中できるというメリットがあります。

化粧品メーカー

最近は女性はもちろん、男性の薬剤師にも最近特に人気の転職先が化粧品メーカーでのお仕事です。しかし果たして薬剤師の知識やスキルは化粧品というものに活かすことができるのか、解説していきます。

サプリメントと薬剤師

サプリメントを購入するときにお客様は疑問に答えてくれる存在を探します。薬剤師として医薬品と健康食品の両方のアドバイザーとなったあなたの存在はとても貴重な人材です。

漢方薬・生薬認定薬剤師

漢方薬・生薬認定薬剤師の研修では、中医学や漢方薬の勉強はもちろんのこと、生薬に関するケミカルな話から世界の薬物療法変遷の歴史、サプリメントやハーブに関することまで幅広く勉強していきます。

3つの職場ごとにメリット・デメリット

薬剤師の働くフィールドは様々です。今回は、病院薬剤師、調剤薬局、化粧品メーカーの3つの役割・職場ごとにメリット・デメリットをご紹介していきます。

自宅でWワーク

薬剤師の働くフィールドは様々です。今回は、病院薬剤師、調剤薬局、化粧品メーカーの3つの役割・職場ごとにメリット・デメリットをご紹介していきます。

薬剤師共働き定年まで働ける

薬剤師は、定年まで長く安定して働くことができる職業の一つです。その理由は大きく4つあります。ここではそれぞれの理由を紹介します。

理不尽なクレームの治め方

薬剤師の仕事に必要なのは、薬剤に関する知識だけではありません。病院薬剤師や調剤薬局薬剤師の場合、主な仕事の一つとして服薬指導などの患者さんへの対応があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2018薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.