薬剤師が「CRO(医薬品開発受託機関)」で働く際に求められる4つのスキル

cro 「CRO」は、製薬会社が新薬を開発するのに必要となる「治験」を代行する機関で、製薬会社のように薬を一から開発することはありません。それでも製薬会社が開発した薬を安全な状態で必要とする人のもとへ届ける仕事は、社会への貢献性が高く、大きなやりがいを得られるはずです。 今回はCROで働く薬剤師にはどのようなスキルが必要なのかを紹介していきます。
CROは、Contract Research Organizationの略で、「医薬品開発業受託機関」という意味です。治験に関するさまざまな業務を製薬会社から請け負っています。
治験とは、厚生労働省の承認を受けるために新薬の人に対する有効性や安全性を調査する試験のことです。製薬会社と共に治験に携わるCROで働く薬剤師には、高い意欲やビジネス能力が求められるでしょう。

1. 医療業界の発展・社会貢献に対する意欲を持ち続けられること

CROの中で働く薬剤師にとって最も重要なことが、社会貢献への意欲を持ち続けられることです。CROで働く薬剤師も、調剤薬局で働く薬剤師も、患者に薬を届けるという目的は同じですが、そこまでの役割は全く異なります。 調剤薬局の薬剤師は薬を患者さんに直接お渡しする仕事ですが、CROで働く薬剤師は製薬会社と共に新薬の開発に関わる仕事になるので、患者さんと接することはありません。 エンドユーザーの見えない仕事は、目的を見失いがちになりますが、「医療業界の発展に貢献している」という誇りと意欲を持ち続けることが大切です。

2. 製薬会社や医師と円滑にコミュニケーションをとれる関係調整力

CROの仕事は、製薬会社の治験をサポートするものなので、当然、自社以外の人とのやり取りも多いです。製薬会社の社員だけでなく、治験を行う医師とのやり取りも必要となるため、各方面と円滑にコミュニケーションをとれるスキルが必要になります。 時には遠方から急に呼び出されたり、休みの日でも打ち合わせが入ったりすることもあるので、自分のスケジュールに関係なく先方との関係を保ちながら仕事を進めていかなければなりません。 周囲と連携を取りながら仕事をすることに苦手意識を持たず、柔軟に対応できる関係調整力がCROの薬剤師には必要です。

3. 治験を滞りなく進めるためのタスク管理能力

タスク管理 薬の販売は、非臨床試験や治験、承認申請など、多くのプロセスを経て実現するものです。そのため、途中段階での少しの遅れが販売を大幅に遅れさせてしまう恐れもあります。 CR0は治験や承認申請に関わる上で、少しの遅れも許されません。締切までに必要な資料を正確に作成するためのタスク管理能力を身に着けていることが、CROで働く薬剤師ににとって必須の能力です。

4. 約半数を占める外資系の製薬会社とも適切に業務を進められる英語力

CROが関わるのは日本の製薬会社だけではありません。外資系の製薬会社からの委託も増えており、2015年時点で顧客の割合は49%が外資系となっています。[注1] 国際共同治験やiPS細胞を活かした再生医療、オーファンドラッグなど、これから幅広く新しい分野に挑戦する機会が増えるCROで働くならば、世界に通用する英語力を身に着けておく必要があるでしょう。日本CRO協会では、治験業務に携わる人を対象にした英語検定も行われています。

[注1]日本CRO協会:2015年(1月~12月)年次業績報告[pdf]

CROの薬剤師になるには高いレベルのビジネス能力が必要

CROで働く薬剤師に必要なことは、社会貢献への意欲、コミュニケーション力、タスク管理能力、世界に通用する英語力です。どれも特別なものではありませんが、高いレベルが求められています。 CROへの就職を考えている人は、自分に備わっている能力と足りていない能力を振り返り、スキルの向上に励みましょう。 転職サイトランキングにGO!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2019薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.