仕事と家庭を両立するには

薬剤師になるには、非常に長い時間を勉強に費やすことになります。

必死になって得た薬剤師の免許も、ほとんど活用できずに現場を去る人も多いようです。

 

理由の多くは、結婚や出産といった家庭の問題です。
薬剤師の7割は女性であるため、このような家庭の問題が付きまとうのでしょう。

 

しかし、出産を終えた後に現場に復帰したいと考えている人は多く存在します。

 

また、子供が成長したら復帰したいと望んでいる人も居るでしょう。
中には、家庭と薬剤師の仕事を両立したいと思う人も居るはずです。

 

そこで、ここでは家庭と薬剤師の仕事を両立する方法を紹介します。

 

 

女性薬剤師 香里

 

まず両立は可能です。

 

 

その簡単な方法がパートの薬剤師として働くことです。

 

 

家庭を大切に考えるなら、フルタイムでの勤務よりも、子供が幼稚園や学校へ行っている間に仕事をするのが理想的です。
そのため、勤務時間に融通の利くパートが良いでしょう。

 

 

調剤薬局やドラッグストアなどは、薬剤師のパートをよく募集しています。
しかも、専門職なだけあって、一般的なパートよりも時給は高く設定されています。

 

これにより家計を支えるだけでなく、社会との繋がりも出来るため、非常に良い結果に繋がるでしょう。
午後の短時間だけ勤務できる場所もあるので、自分にあった職場を探すのが両立するためのポイントです。

 

>>アルバイト求人が探しやすいサイト

 

パートとして働く上で注意すること

 

レジ

そんな中で、注意しなければいけないこともあります。

 

パートと言っても、勤務場所はドラッグストアなどだけではありません。
病院薬剤師なら入院患者の人に向けてチーム医療の一員として行動する必要があります。
調剤薬局なら外来患者の人とのコミュニケーションが求められますし、ドラッグストアならレジ打ちや商品の陳列も行います。

 

調剤だけが仕事ではないので、他の業務も一通り行う覚悟を持たなければいけません。

 

 

 

 

薬剤師のパートを見つけるのが困難なこともある

 

PCと女性

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、都心部では薬剤師の人数も増えるため、パートを見つけるのが大変な場合もあります。

 

それは、他の人も同じように薬剤師の仕事と家庭を両立したいと考えているからです。
同じ時間帯を希望する人が多数居ると採用される確率が少し下がってしまうのです。

 

このようなリスクもあるので、探す時はすぐに見つかるとは思わず、じっくりと腰を据えて行動しましょう。時には数駅ほど都心部から離れる方が好条件の仕事が見つかる場合もあるので覚えておいてください。

 

 

 

 

このように、パートであれば、仕事と家庭の両立は十分可能です。
勤務時間も日数も相談に応じて変えてくれるでしょう。

 

とは言え、仕事をしている以上、ある程度の臨機応変な対応は出来るようにしておくのが無難です。

 

勤務日数や時間を増やして欲しいという要望が来たのを突っぱねてばかりいると、他に良い条件の薬剤師が面接に来たらクビにされることも考えられます。

 

仕事と家庭のバランスを上手に取るようにしましょう。

 

 

薬剤師転職サイトランキング バナー 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

パート・アルバイトが探しやすい人気のサイト トップ3を紹介!

リクナビ薬剤師



求人・転職業界の最大手リクルートが手がける薬剤師専門の転職サイトで、実績・掲載数・満足度と、評価の高い内容です。
「リクナビ」という最大手の一般企業転職サイトも運営している大きい会社ですから、大手有名企業とのパイプの太さは業界No,1です。

 

 

薬キャリ

薬キャリキャプチャ

他には、薬キャリというサイトです。
ここは、他サイトと比較すると女性や主婦に優しい転職サイトです。なぜなら「ママ薬剤師」向け求人の検索条件を採用しているからです。育休や産休を積極採用している職場にまとを絞れる検索も可能なんですよ!

 

 

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師キャプチャ

まず、マイナビ薬剤師というサイトもあります。
ここは、転職担当で親身に相談にのってくれるのが人気ポイントです。
転職したいけど、転職が初めての方や、どこが良いのか分からない方におすすめの転職エージェントです。

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加