あなたの努力をあますところなく結果に反映 転職によるキャリアアップ

 

薬剤師の中には、キャリアアップを望んでいるのに方法が分からない人も居るでしょう。

 

その理由は多岐に渡ると思いますが、キャリアアップで分かりやすく得られるものが年収アップです。

 

薬剤師の人の初任給は比較的高いですが、その後の昇給が難しい一面があります。
一定の年齢に達すると、同年代のサラリーマンよりも年収が低くなることもあるでしょう。

 

専門的な知識を得て、人の何倍も勉強したのに、年収が低いのは切なくなります。

 

そこで考えるのが、転職によるキャリアアップです。
仕事の幅を増やすことも可能ですし、当然年収のアップも期待できます。

 

 

資格を取る

 

資格の勉強

 

キャリアアップの第一歩としては、認定薬剤師の資格を取るのが良いでしょう。

 

有効期限の無い薬剤師免許と違い、定期的な更新が必要になる認定薬剤師は、最新の薬学を知っているという証明になります。

 

これは、転職の際に非常に強いアピールポイントになります。
仕事をしながら認定薬剤師になったのなら、それは向上心が非常に高いことを意味しています。

 

認定薬剤師の資格を得たら、専門薬剤師の資格を狙うのも良いでしょう。

 

簡単な道では無いからこそ、あなた自身の実力の証明となります。

 

>>強みを生かせる薬剤師転職サイトランキング

 

いろいろなところで経験を積む

内科の病院の近くで調剤していると、内科系の調剤ばかりを作ることになります。
ある程度マスターしてしまうと、後は流れ作業になってくるため、そうなったら転職を考えてみると良いでしょう。
内科ではなく、耳鼻科の病院の近くへ行ったり、他の企業へ行くのも良いです。

 

最近では、バイオテクノロジーを研究する企業や化学製品を作る企業が薬剤師を募集しているケースもあります。
最先端の科学技術に触れるのは薬剤師としてもキャリアアップのチャンスでしょう。
もしかしたら、世紀の大発明に貢献できる可能性もあります。

 

 

 

 

語学力を身に付ける

語学

また、語学力を身に着けるのも有効でしょう。
これは、製薬会社へキャリアアップをはかる際に役立ちます

 

営業として活躍するのも1つの選択肢ではないでしょうか。
製薬会社の場合は、サラリーマンと同じような位置づけになるため、
年収アップもかなり期待できるでしょう。

 

 

 

 

薬剤師として、どのような存在になりたいかを考えてその道へ最短となるキャリアアップをはかりましょう

 

海外で働きたいなら語学力が必須ですし、管理薬剤師を目指すなら薬事法を理解しなければなりません。
調剤のスキルを上げたいなら様々な種類の病院で調剤を行うのが良いでしょう。

 

どのようなキャリアを目指すか決まったら、それに向かって準備を始めてみてください。
転職サイトは、年収の交渉もしてくれるので利用してみましょう。

 

 

薬剤師転職サイトランキング バナー 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加