青森での薬剤師求人と生活情報

青森での薬剤師求人と生活情報

薬剤師が青森で転職を希望するなら、青森の現状を知ることが必要です。
このページでは青森の薬剤師の需要、年収、県民性、生活情報を解説しています。

青森での薬剤師の働き方と生活

青森薬剤師の生活

青森での薬剤師の需要

青森県の薬剤師の需要について、青森県は東北他の都道府県と比較するとかなり求人数が少ないです。
青森県では、青森市が一番求人数が多く、その次に八戸市、弘前市と続きます。
青森県全体で言うと、薬剤師協会の情報で調剤薬局では100越え、ドラッグストアは10数件、病院関係は20弱、企業関係は数件となっています。
求人数で言うとドラッグストアは青森市、八戸市、弘前市、十和田市に集中しているようです。それも数が多いわけではなく数件程度です。
調剤薬局の関係の求人数が多いので、青森県で働きたいと考えている方は調剤薬局に絞って就職活動されるほうが良いかもしれません。
病院関係は青森市に集まっています。全体的に薬剤師の人数も少なく、就業的に厳しい職場もあるようですので、職場はよく吟味してみて下さい。

青森での薬剤師の年収と求人数

青森県の薬剤師の平均年収は671万円となります。
全国の中では年収は第3位の県です。
各業態の求人件数ですが、調剤薬局の場合は、青森県は484件になります。さらに調剤併設のドラッグストアの求人数は63件であり、OTCだけのドラッグストアの求人件数は11件です。
病院勤務の薬剤師の求人数は12件でありクリニック勤務の薬剤師の求人数は、ほぼゼロ件という状況になります。
また企業勤務の求人は青森県は2件のみです。ですから、あらゆる業態の中でも調剤薬局が一番多い県となります。
また、青森市の求人件数は133件で、八戸市は125件。そして弘前市は106件ですから、大多数の求人はその3つの市に集中しています。

青森の男女の県民性

あなたが働きたいと感じる青森は、いったいどのような人たちが生活しているのでしょうか?

あなたの親友になる人や、頼りになる先輩、上司がどのような人たちなのか、男女別に県民性を解説します。

青森の女性はどんな人?県民性の考察

青森県の女性の気質は男性と同様、芯がしっかりとしていて我慢強いところがあります。
西部の人はお世話をすることが好きで面倒見がいいです。南部の人たちはとても温和で照れ屋な一面があります。仕事に対してもとても真面目で、姉御肌の女性が多いので青森の女性上司は頼りになります。




青森の男性はどんな人?県民性の考察

青森県の男性の気質は、芯をしっかりと持っている人が多いようです。
そして自分に対して厳しく、人に優しく、真面目で決断力があり、我慢強いため、仕事でもとても勤勉で信頼できます。
しっかりとした人が多く、お金の管理もきちんとしている人が多いようです。

青森の生活

青森の家賃相場

青森県全体での家賃相場は2万円~4万円台後半までエリアによって異なります。
青森市は4万円台後半が平均相場で、弘前市・八戸市・三沢市などは4万円台半ば程度、最も安いのはむつ市(2万円台)です。

青森の観光

青森県での歴史的・文化的な観光地としては、弘前城、三内丸山遺跡が挙げられます。
自然景勝地では、世界遺産の白神山地や十二湖、十和田湖、奥入瀬渓流、恐山が人気です。
イベントでは全国的にも有名な青森ねぶた祭、弘前さくらまつりに観光客が大勢訪れます。

青森グルメ情報

せんべい汁、じゃっぱ汁、けの汁、いちご汁、貝焼き料理、十和田バラ焼き、大間のマグロ料理、銀サバ漬け丼、いちご煮丼など、温かい郷土料理が多いです。
北海道と同じくお魚が美味しいですね。
また青森味噌カレー牛乳ラーメンはご当地カレーとして愛されています。生産量日本一のりんごを使ったスイーツも多くあります。
アルパジョンというお店の「朝の八甲田」というチーズケーキは絶品ですよ!
甘いものが苦手な方におすすめなのは「手焼き津軽路小山せんべい店」のお煎餅。
アーモンドやピスタチオが散りばめられた、とても美味しいお煎餅です。

転職サイトランキングにGO!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2019薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.