非公開求人・ハイスペック求人を求めるならエージェント型?

転職サイト/エージェントを特徴比較

転職サイトと転職エージェントの違いは、求人広告を掲載するだけのサービスなのか、スタッフによる手厚いサポート付きのサービス化の違いです。転職エージェントのいる薬剤師専門転職サイトは非公開求人が豊富で面接動向や条件交渉のサポートも付いてきます。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職エージェントと転職サイト

転職エージェントは転職サイトの社員(スタッフ)です。
一般的な転職サイトの一般スタッフは、求人広告掲載をするためにクライアントへの営業活動のみを行い、求人掲載後は反響によって求人応募状況を管理するだけです。
応募後は求人を出している企業と直接面接の日程の調整などを行い、求人の内容に基づいて勤務条件が決まります。
転職エージェントは求人広告を掲載する営業活動のほか、転職サイトに登録した利用者に対して担当制で手厚いサポートを行っています。

「転職エージェントは厚かましい」
「就職先は自分で掲載求人から選定して応募すれば十分」

このように思う方もいます。一部では転職エージェントが強引に転職をさせようと応募を斡旋してくることもあります。
それでも、転職エージェントを利用すると、直接求人を探すよりも様々な恩恵を受けられます。
掲載のみの転職サイトや求人に応募するのと比べた転職エージェントならではのサービスは以下の通りです。

非公開求人を紹介してもらえる
給料などの勤務条件の確認や交渉を行ってくれる
面接の練習や職務経歴書の書き方指導、職場見学など応募前のサポートを行っている
事前に聞いていた条件と違う場合にクレームを言える
希望条件に合った求人をピックアップしてくれる
面接に同行してくれる

以上のように幅広い形で転職活動をサポートしてくれます。
慢性的な人材不足に陥っている薬剤師の業界は非公開求人も豊富です。
転職エージェントがいるサービスは非公開求人を扱っているので、求人掲載のみの転職サイトよりも選択肢が豊富で、公開求人にはない好条件の求人も多数あります。

非公開求人とは

名称の通り、非公開で求人を出すものです。
雇用主が非公開で求人を出す理由は以下の理由があります。

急な人材不足で既存スタッフより条件を良くしてでも人員補充したい(既存スタッフに求人を見られたくない)
採用活動に時間を使いたくない(転職エージェントから厳選された人のみ面接したい、公開求人に出すと応募が殺到する)
今すぐ増員は必要ないけど、優秀な人材がいたら採用したい

非公開求人は基本的に求人広告掲載料無料で、採用したら紹介料を払う契約になっています。
企業はコストをかけずに求人を掲載できるほか、選考基準を転職エージェントに伝えて面接に進む人材を厳選できるメリットがあります。
転職活動のサポートに魅力を感じなくても、非公開求人を選択肢に入れる目的で転職エージェントを利用する価値があります。
今すぐ転職する予定がなくても、転職エージェントに「希望条件にマッチする求人が出た時だけ声をかけて」とお願いする活用方法もあります。

転職のミスマッチを防止する

転職エージェントは求人先に直接聞きにくい給与面の相談や配属先の部署などを事前に確認してもらったり、条件交渉を代行してもらうことができます。
「立地や職種もいいけど今の給料より下がるのが不安」こんな時に転職エージェントに相談すると現在の給料と同じ水準に合わられないか相談してもらうこともできます。
人間関係を重視したい場合は職場見学をして雰囲気を確かめることもできます。
面接が苦手な場合は、転職エージェントに面接同行してもらって3者間で面接することもできます。
転職エージェントに直接聞きにくい質問を事前に伝えておけば、面接を通じて採用担当者から直接返答を聞くこともできます。

転職後に求人の内容や面接で説明された内容とは条件が異なった場合に転職エージェントにクレームを言うことができます。
全てを解決できるワケではないですが、上司に直接伝えられない話も転職エージェントを通じて穏便に交渉してもらえるので転職後も安心です。

転職サイトには転職エージェントで扱っていない求人もある

転職エージェントの大きなメリットは、公開求人(転職サイト)にはない非公開求人を扱っていることです。
逆に求人掲載のみを行う転職サイトでは、転職エージェントにはない求人を扱っていることもあります。
薬剤師は離職率の高い業界で特殊性があるため、薬剤師専門の転職サイトの多くは転職エージェントが在籍しています。
一部では薬剤師専門転職サイトではなく、インディードをはじめ多数の職種を扱う求人を利用している企業もあります。

転職エージェントはマンパワーを売りにしたサービスです。クライアントと登録者それぞれに担当者を付けるので、人件費を中心に運営コストは高くなります。
結果的に公開求人、非公開求人ともに求人広告したり採用した時の報酬が高額に設定されています。
薬剤師は優秀な人材を確保するのが大変な職種なので、コストをかけてでも人材確保をしようとする企業や調剤薬局が多いです。
しかし一部では、離職率の低い職場で採用活動に予算をかけたくない理由で、求人掲載広告料の安い転職サイトのみを利用するケースもあります。

つまり、より幅広い選択肢を持って慎重に転職活動したい場合は転職エージェントにいる薬剤師専門の転職サイトと、エージェントは配備せず求人を見て応募するだけの転職サイトの両方を利用することが望ましいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2019薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.