薬剤師の転職で気になる年齢制限。実際のところどうなの?

薬剤師の転職に年齢制限はない!?おすすめの転職先はここ!

国家資格を持っているために、薬剤師の転職は、他の職種に比べて、やはり有利だと言えます。特に、40代以降など年齢が上がるにつれて転職は不利になる傾向にある中で、薬剤師は年齢にそれほど影響されずに転職できます。

薬剤師の転職に年齢制限はない!?おすすめの転職先はここ!

患者さんに薬を渡す女性薬剤師

いつの時代も、転職には不安がつきもの。

20代など若いうちは、経験不足ではないかと不安に感じたり、40代以降になると、年齢制限がないか心配になったり。
他の仕事と違って国家資格を有する薬剤師の転職は、一般的に有利に思われがちですが、本人からすると不安に感じることも多いですよね。
そんな薬剤師の方に、薬剤師の転職を年齢の観点からお話してきます。
転職をお考えの方は、ぜひご参考ください。

国家資格を持っているために、薬剤師の転職は他の職種に比べて、やはり有利だと言えます。
特に、40代以降など年齢が上がるにつれて転職は不利になる傾向にある中で、薬剤師は年齢にそれほど影響されずに転職できます。

転職は女性が有利?

女性の薬剤師の方が、男性薬剤師よりも、年齢を重ねても転職しやすいと言えるでしょう。
なぜならば、40代以降の転職ともなれば、男性ならそれなりのポストや年収を用意して雇い入れなければならないケースがほとんどですが、女性の場合、育児などがひと段落して仕事復帰したいという動機が多いため、正社員としてだけでなく、派遣社員やパートなど非正規社員としての採用も可能になります。

こうした採用コストの違いから、女性薬剤師は、特に年齢に関係なく転職ができると言えます。
「薬剤師の仕事に復帰したいけれど、家庭とのバランスも大事にしたいので、正社員にはこだわらない」という女性には、特に有利と言えるのではないでしょうか。
せっかく取得した薬剤師の資格を活かさないのはもったいないですよね。
働きたい意欲があるのであれば、積極的に転職活動をすることをおすすめします。

では、職場によって、転職に年齢は関係あるのでしょうか。
薬剤師の場合、いくつかの職場が考えられますので、順に見ていきたいと思います。

調剤薬局

まず、調剤薬局への転職ですが、「年齢に左右されることはない。」
と思っていいでしょう。

20代から30代といった若い世代はもちろん、40代以降でも十分に転職が可能です。
調剤薬局は求人も多いので、子育てが落ち着いて社会復帰を望む女性にも、探しやすいと言えるでしょう。
病院勤務に比べると、昇給制度にはあまり期待できませんが、融通の利く勤務体系なので、家庭と両立しながら自分のペースで働きたい方におすすめです。

ちなみに調剤薬局の求人探しには「ファルマスタッフ」が便利みたいですよ。

ドラッグストア

次に、ドラッグストアへの転職についても、調剤薬局と同様に求人数が多いため、年齢に関係なく転職をすることができるでしょう。

年収も、他の職場よりも高いことが多いので、お給料にも期待できますね。
薬を販売したり、お客さんの相談に対応したりすることが主な仕事になるため、調剤経験にあまり自信のない方や、ブランクのある方にもおすすめできる職場です。
ただ、調剤薬局と違って、商品の陳列やレジ打ちなど、雑用も多くなってくるので、そのあたりが気にならないという方が望ましいでしょう。

薬キャリ」はドラッグストアの求人をたくさん持っているので相談してみるのもイイですね!

病院

最後に、病院への転職については、唯一年齢に影響されると言えるでしょう。
なぜならば、病院への転職には、スキルアップやキャリアアップを目指している方が多く病院側も今後の育成などを考慮して採用することが多いからです。
最も転職しやすいのは、30代と言われており、20代も実力次第で転職が可能ですが、40代以降になると、かなりの経験や実績が不可欠で、病院に馴染んでいく姿勢も大切になってきます。

診療に関わったり、患者さんと触れ合ったりできるなど病院勤務ならではの仕事を求めて転職を考えるのであれば、早めに決断し、転職活動を行うのがおすすめです。
リクナビ薬剤師」は病院への太いパイプを持っている転職サイトです。

まとめ

このように、職場別に見れば、年齢が少し関係してくるものの、全体的には、薬剤師の転職に年齢はあまり関係ないと言えるでしょう。
特に、出産・育児を経て社会復帰を目指す女性薬剤師には、とても心強い転職環境だと言えます。年齢を気にせず、薬剤師の資格を活かして、自分にピッタリの職場へ転職しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright©2018薬剤師転職サイト徹底比較All Rights Reserved.